FC2ブログ

「愛国無罪」ならぬ「反安倍無罪」

中国で反日デモ・反日暴動が行われていた時よく言われていた言葉
「愛国無罪」
反日の為なら傍若無人な行動をとっても罪に問われないと言う事。
この言葉を今日のTBSサンデーモーニングを見て思い出した。
東京医科大学の裏口入学、入試で女子に対し一律減点し男子学生を優遇、また自民党・杉田議員の寄稿でLGBTに対し「生産性が無い」と言う言葉を拡大解釈して杉田氏を批判した。
特に杉田議員の寄稿は全文を読んだんですが、まるで物や機械の様に表現した「生産性」」と言う言葉は僕も言葉選びとしてはまずかったと思います。
こんな言葉を使ったら左翼から「反安倍追及に」に利用されるに決まっています。
しかしその他杉田氏が言いたかった事はあまり間違っていない印象を受けた。
特に杉田氏が知り合いの同性愛者から聞いた言葉として「私たちは世間から差別されているとは思っていない。ただ両方の親から『孫の顔が見れない』と反対されたのがつらかった。」と言うのが印象的でした。
メディアはこの「生産性」のみを取り上げて杉田氏・自民党を攻撃しています。つまり逆から言えばその他はあまり取り上げても攻撃の材料にならないと言う事でしょう。
東京医科大学の裏口入学には野党議員二名が関与したのではと言われ、ネットでは実名も公表されています。
しかしこの番組の様にオールドメディアはこの件を報じない。
また以前管直人元総理も少子化に関して「生産性が無い」と言った事も報じることはない。
モリカケで反安倍メディアに重宝されてテレビに出まくっていたジャーナリスト・菅野完が、米国から女性に対する暴行で逮捕状が出てる事がネットで報じられると、一切彼の事を無視し報じることはない。
それまで盛んに報じていたMetoo運動、女性に対するセクハラを批判してた番組が、頻繁に菅野を出演させていたが、彼の女性暴行事件は、まるでそんなことなかったことの様に「報じない自由」」を行使しています。
前川元文科事務次官、彼は天下り斡旋を行い、また新宿の暴力団が関与する売春あっせん所に週4回通いつめ、それで文科省を追われますが、それを逆恨みして反安倍言動を繰り返しメディアがそれを重宝して、彼の罪状を追及する事はない。
最近では野田聖子総務大臣のスキャンダル。
夫は元暴力団でGacktコインと言われる数百億円規模の詐欺まがいのスキャンダル。
これもメディアは完全無視で報じない。
一方安倍総理に近いと言われるジャーナリスト・山口敬之氏は女性レイプ疑惑で訴えられて、メディアは山口氏を総攻撃、結果は不起訴になりましたが、それでもレイプ疑惑と執拗に追及しています。
真っ黒で、自分も女性暴行事件を認めてる菅野に関しては、オールドメディアは報じない自由を行使して彼を追及する事はない。
安倍総理のモリカケはエビデンスがまったくないにも関わらず、憶測、伝聞、希望、推測で攻撃し続けて、挙句の果てには「首相自ら証拠を探し出して公表し、罪を認めろ。」と言い出しています。
オールドメディアは気が狂ってるとしか思えない。
ここで冒頭の言葉
中国は反日の為なら暴動と言う犯罪も「愛国無罪」として許される。
日本のメディアは「反安倍」なら女性暴行事件だろうが、詐欺まがいの資金集めだろうが、天下り斡旋だろうが、少女買春だろうが、裏口入学斡旋だろうが、すべて許される。
これが左翼マスメディア・TBSなどの本音です。

韓国紙・聯合ニュース
5日にソウルで行われるRADWINPSコンサートチケットの売れ行きが不調だと報じています。
理由は彼らの曲「HINOMARU]が軍歌を想起させるためだと断じています。
この曲については日本国内でも一部の左翼が同様の事を主張して、コンサートのボイコットを訴えていましたが、数人規模のデモにしかならず、いつの間にか収束してしまった感があります。
こう言った左翼のこじつけともいえる難癖は、椎名林檎やゆずなどにも及んだと報じられた記憶があります。
そして聯合ニュースはこう結論付けています。
「RADWINPSのようにアジアの国々を相手にグローバルプロモーションを行うバンドなら、こうした歌が、日本から受けた戦争被害の国々でどう受け止められるのかもっと考えるべきだ。」
事あるごとに「戦争被害のアジアの国」と枕詞の様に言いますが、文句を言ってるのは中国と朝鮮半島だけです。
今晩行われるRADWINPSの公演が、聯合ニュースの言う様に空席が目立つのか、知りたいところではあります。

先日から報道されてるラオスでのダムの決壊事故
多数の住民の死者と、いまだに多くの不明者が土砂の中に埋もれている。
近年まれに見る大惨事です。
ダムの工事を請け負ったのは、韓国企業・SK建設が中心となった合弁会社です。
韓国の技術者や工事関係者はダム決壊前に退避して全員無事だったそうです。
この件に関してラオス政府が韓国に対し怒り心頭で「事故は韓国による人災であり、罰則的意味でも特別補償を要求する。」と述べ「事故は豪雨による自然災害だ。」とする韓国側と対立しています。
この件に関して欧米メディアは「欠陥・手抜き工事の可能性がある。」と報じ韓国側の見解に疑問を投げかけています。
韓国以外のメディアによると、韓国が建設しようとしたダムは、土を積み上げただけの「アースダム」と言われる、原始的な工法を採用したダム建設だったようです。
地震国のラオスで盛り土のダムを造ること自体常軌を逸してると言える。
国際入札に参加した日本人の話です。
以前マレーシアで行われてたトンネル工事の入札では、日本の大手ゼネコンも入札に参加したが、結局韓国が落札した。
「韓国にとって国際入札は落札が至上命題、特に日本が競合相手だと、対応できない長期保証を付けたり、低額で落札する。低額で落札した後工期短縮で得られるボーナスを見込んで突貫・手抜き工事を行うのが常套手段だ。」
こんな話を聞いたら韓国に仕事は頼めないと普通は考えるのだが・・・。
また以前こんな話も聞いた。
「何か事故起きた時、また保障についてはご安心ください。この工事の下請けは日本企業が行います。問題が起きれば日本企業が対応します。」
僕はこの話を聞いてひっくり返った事を思い出しました。
この欠陥事故は韓国内でも頻発してます。
94年10月 ソウル・漢江で聖水大橋が崩壊し32人が死亡しました。
「隣の日本が植民地時代に作った何十年前の橋がビクともしない。情けない。」と併合時代を知る老人のインタビュー記事が当時載った。
95年6月 ソウルの百貨店が崩壊し502人が死亡、900人超が負傷した。
国際入札では
96年9月 パラオで韓国企業が建設した橋が崩落して6人が死傷、韓国が逃げて日本が再建する。
09年6月 マレーシアで最新式競技場の屋根が完成後に崩壊する。
09年9月 インドで建設中の橋が崩壊

事故が起こる前の韓国の通信社は、次の様に配信しSK建設から掲載御礼が出たと、韓国通の室谷克実氏が述べていました。
「世界最強のSK建設だから可能だった。世界最高の地下空間工法・神工法で工期短縮。その証に工期短縮で22億円の報奨金が出た。」
ところが事故が起きると聯合ニュースはこう報じる。
「ラオスの野心がもたらした災害」(18年7月25日)と事故原因はラオス政府にあると報じます。
この聯合ニュースに関しては、日本のTBSのトーク番組でも同様のトーンだったようです。
僕はTBSのこの番組は見てないのですが・・・。
文政権は救援隊を派遣したが、現地語が分からない30人規模の救援隊に何が出来るのか。
結局文大統領の格好つけだけの様です。
韓国では国内経済がじり貧です。
活路を海外に求め、無理してでも仕事を取ろうとします。また文政権も金融支援などでそれを後押ししてます。
ダム決壊(7月23日)から2週間経つが、未だに不明者が百数十人、数千人が家を失ったと、被害の全体像が明らかになっていない。
工事に従事した韓国人は全員逃げ出して無事。
これを聞いて福島原発事故で逃げる事なく決死の対応をした吉田所長以下、日本の技術者の責任感を
改めて考えさせられました。


呆笑 礼 @hoshorei
https://twitter.com/hoshorei

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 サンデーモーニング TBS

オウム裁判とメディア報道 追記あり

昨日TBS・報道特集を見た
あまりの酷さにすぐツイートしてしまいました。
以下僕のツイートを再度このブログで取り上げます。
報道特集の顔である金平茂紀が、オウムの残りの死刑囚の死刑執行を取り上げこう言い放った。
「これで終わったと言っていいのでしょうか?」
そうその通りだ金平さん
これで終わりにしてはいけない。
TBSがオウムに坂本弁護士のインタビューの動画を、放送前にオウム側に要請されるままに見せてしまった。。
その後坂本弁護士一家はオウムにより惨殺される。
「金平さんよ。あんたの言う通りだ。この事件はまだ終わってはいない。あんたらTBSがこの総括をするまではこの事件の解明は終わってはいない。」
そう言う趣旨のツイートをしました。

その後金平は今回の死刑を「オウム、大量死刑執行」と死刑反対論者らしい発言で、政権側を批判した。
そして死刑反対の活動家である安田弁護士を登場させて彼のプロパガンダをそのまま流す。
この安田弁護士は「光市母子殺害事件」で弁護した事で有名です。
裁判では赤ちゃんを殺害した状況を再現して「首をやさしく蝶々結びの様に添えたら死んでしまった。」と加害者を弁護した時には怒りに震えた。
加害者は赤ちゃんを床に叩きつけて殺そうとしたのです。
話を元に戻すと、金平は死刑反対、死刑囚の「死への恐怖」を強調して死刑反対の論調で番組を進めています。
ならば金平に一言言おう。
「TBSが加担した、オウム死刑囚による坂本弁護士一家殺害事件。一家の恐怖をなぜ報じないのだ。
坂本弁護士一家は筆舌に尽くしがたい残忍な方法で惨殺ざれた。赤ちゃんも含めて坂本一家の『恐怖』は想像に難くない。」
TBS・金平らは犯罪被害者などは眼中にないと言う事がはっきりした。
「死刑反対」ばかりに囚われて、被害者に寄り添うと言う人間らしい感情を失ってしまったと言うことだろう。

サンデーモーニングも同じです。
オウムの死刑に反対の論調
青木理
「世界の潮流は死刑廃止。EUは死刑廃止が加盟の条件だ。死刑に犯罪抑止力は無い。」
ならば日本も欧州のようにテロ犯はその場で射殺でいいと言う事か?
その場で殺害だから「冤罪」など調べようもなくテロ犯は全員殺される。
青木はそれでいいと言う事なのだろうか?
青木には「世界、世界と言うが、都合の良い所ばかり取り上げるな。」と言いたい。
谷口真由美・大阪国際大学准教授
「法務大臣は『世論も多数が支持してる』と述べたが、その世論は正しい知識と背景を元に構成されてるのか疑問。一か月にこれだけ大量に処刑した、ある意味公開処刑だ。(死刑囚の)中にはカルトで洗脳された者もいる。加害者でありある意味被害者だ。」
日頃「世論世論」と連呼するくせに、自分たちと違う世論には「正しい知識を持っていない。」と世論を否定。
またオウム加害者を洗脳による被害者だと断定し死刑廃止を訴える。
先にも述べましたが、そこには被害者に寄り添う「人間らしい感情」は感じられない。
左翼はこんな連中ばかりです。
北朝鮮による日本人拉致被害者に対し、TBS・関口宏が冷淡なのも頷けます。
追記
青木は「世界の潮流から日本は外れてる」といつも批判する。
世界の潮流は
電波オークション行う。
テレビと紙媒体(新聞など)は分離する。(日本はテレビ新聞などが系列で繋がり補完関係にある。
そしてこれはメディアの独裁につながる。)
自国の軍隊を持ち、同盟国とは集団的自衛権を行使する。
当然9条などはありえない。
青木はなぜこの世界の潮流とやらを訴えないのだ?

日頃朝日新聞を批判してる僕ですが、実は平成26年9月一連の慰安婦報道の誤報を認めるまで、数十年に渡って朝日新聞を購読していました。
当時は朝日と産経2紙を購読していたのですが、朝日は誤報は認めましたが我々読者に対して謝罪しなかった。
ブチ切れた僕は朝日を解約して現在に至っています。
こんな会社に金を払うのに嫌気がさしたと言う事
そんな朝日新聞英語版に「慰安婦のほとんどは朝鮮人」
また慰安婦について「forced to provide sex」と表記されてると言う問題について、ケント・ギルバード氏らが、1万400筆の署名を持って朝日新聞に訂正の申し入れを行いました、
朝日側の回答は河野談話を持ち出して「forced to provide sex は意に反して性行為をさせられたと言う意味」と事実上ケント氏側の申し入れを拒否しました。
まず「慰安婦のほとんどは朝鮮人」と言う英語版の部分について、以前朝日新聞は紙面で「8割が朝鮮人だったと言う部分は訂正しお詫びします」としています。
しかし英語版は訂正せずそのままの表記だそうです。
歴史家の秦郁彦氏は「慰安婦は4割が日本人で朝鮮人は2割程に過ぎない。」
僕は個人的には慰安婦は6割が日本人で2割が朝鮮人と言う見解です。
「forced to provide sex」という受動態の表記はずるいとケント氏は述べています。
主語は書いてありませんが、前後の文面から読者は主語が「日本軍」なのは明らかだと、ネイティブのケント氏は述べています。
慰安婦は「本人の意に反し(日本軍により)性行為を強要された。」と言う事になるようです。
朝日新聞側は「日本軍」とは書いてないと釈明してます。
間違った情報を日本人の目の届きにくい英語版で流しつ続け、海外の日本人の子供たちがこの件で被害にあっている事実は、朝日は決して認めない。
朝日はどれだけ日本が憎いのか。
英語版の訂正に応じなかった朝日新聞はこう釈明しました。
「朝日新聞は今後もさまざまな立場からの視点や意見に耳を傾け、多角的な報道を目指していく所存です。」
能書きだけは立派です。


呆笑 礼 @hoshorei
https://twitter.com/hoshorei

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 慰安婦 朝日新聞 サンデーモーニング 青山繁晴 青木理

売国議員と売国番組が安倍総理を「売国」と批判

熱い
熱中症かなと思える症状のため、少しぼーっとしてます。
でもこんな中西日本豪雨の被災地では、被災された人々、自衛隊の皆さん、ボランティアの皆さんは「熱い」などど不満を漏らすことなく復興に尽力しています。
頭が下がります。
つたないブログしか書けない自分の不甲斐無さを痛感しています。
そんな体調なので、今日のブログは中身が薄いと思いますがご勘弁願います。

サッカー日本代表の本田選手が朝鮮学校に突然現われ、子ども達を喜ばせたと言う小さな記事を読んだ。
「何で朝鮮学校」と言うのが第一印象でした。
本田選手の「北朝鮮系の元同僚」からの誘いの様ですが、朝鮮学校については授業料無償化が取りざたされてる現在、本田選手の言動がこれらに利用される恐れがあります。
また金一族を崇拝し主体思想を子供達に教え込み、なにより日本人拉致問題が解決していない。
朝鮮学校を事実上管轄してる朝鮮総連は「拉致問題はすでに解決済み」との主張を繰り返しています。
本田選手ほどの影響力がある人物だけに残念な思いを覚えました。
小さな記事ですがふとそんなことを考えた。

今日の産経新聞の小さな記事から
韓国外務省は西日本豪雨の被災者に対し1億1千万円の義捐金を送ると公表しました。
これに対し「1億円の義捐金をありがたく受け取りたい。韓国民の誠意に感謝したい。」と素直に言えない自分がいます。
集中豪雨被害が明らかになり多くの人命が失われていく中で、韓国のSNSでは歓喜の雄叫びに溢れていた。
「なぜか日本人が苦しむ姿を見るとすっきりする。」との趣旨のツイートに溢れています。
また政治問題がこじれると「あの時一億円の義捐金を送ったのに日本には誠意がない。」と義捐金を持ち出して日本批判を行います。
これはこれまでの韓国の言動から明らかでしょう。
これほど高い義捐金は無い。
基本、韓国・中国からの義捐金は受け取るべきではないと思う。
その他台湾などの国々からの義捐金とは一線を画するべきでしょう。
「あの時義捐金を送ったのだから、慰安婦問題を認めて慰謝料を払え、また日韓通貨スワップを再開しろ。」などと、恩着せがましく言われたらたまったもんじゃありません。

今日のサンデーモーニング
酷暑にも関わらず反安倍全開放送です。
番組では通常国会が閉幕したと報じました。
山本太郎が議長のマイクを取り上げたり暴行した場面は上手く編集して印象を和らげています。
自民党議員がこんな蛮行をやったら、TBSサンデーモーニングは必ず大々的に報じます。
印象を和らげるどころか、100倍酷く編集するはずです。
しかし野党・山本太郎の場合なぜか和らげた編集です。
そして山本らが垂れ幕を広げ「売国法案反対」と叫んだ場面を大写しで放送しました。
議長に暴行を働き、議場で垂れ幕を広げると言う、まるでどっかの半島国家の様な無礼を働いた事を正当化しいてる。
山本、糸数、森などの売国議員が安倍総理らを「売国」と罵倒した事を、売国放送局が報じると言う、笑えないジョークかと思ってしまった。
また街頭インタビューは、新聞・テレビを真に受ける年寄りばかりの声を流す。
当然「反安倍」になってしまう。
番組出演者全員で、今回成立した法案を批判しました。
皆同じ思想を持った出演者で固め、同じ方向の主張を繰り返す。
放送法4条では
「政治的公平」「意見が対立してる問題については、多角的から論点を明らかにする」と義務付けられています。
BPOが問題にするのは、沖縄の反基地活動家・辛淑玉らを取り上げた「ニュース女子」ではなく、この番組・サンデーモーニングなのは明らかです。
そう言えば辛淑玉は「ニュース女子」を提訴する様です。
損害賠償をよこせと言う事だそうです。
TBSも辛淑玉らを応援すると思われます。
下品な言い方ですがサンデーモーニングとは、
TBS・関口宏によるTBS・関口宏の為のマスターベーション番組と言わざる負えない。
この酷暑の中一週間ぶりに血圧が上がってしまった。

酷暑で朦朧とする頭でそんな事を考えた今週でした。

皆さん熱中症には気を付けて下さい。
水分補給だけでなく、塩分、ミネラル補給も大事です。


呆笑 礼 @hoshorei
https://twitter.com/hoshorei

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 慰安婦 サンデーモーニング TBS 日韓通貨スワップ

オウム死刑執行とオールドメディの偏向報道。

「TBSは死んだ」
あの反日・筑紫哲也、自身がTBSでMCを務める番組での発言です。
当時オウムから子供達を奪還しようとした家族たちが坂本弁護士に相談していた。
坂本弁護士を被害者家族たちに紹介したのはジャーナリストの江川紹子です。
江川は今色んな番組呼ばれてます。
まさにオウム特需といった所か?
以前坂本弁護士の母親が「江川さんが息子を紹介しなければ孫も殺される事は無かった。」
と述べていたのを記憶しています。
当時オウムにとったら坂本弁護士は敵であり殺害すべき対象でした。
TBSはオウムから坂本弁護士へのインタビューを見せろと要求され、TBSは放送前にオウムにその映像を見せてしまいます。
一説によれば弁護士の住所も教えたと当時噂されたものです。
その後オウムは坂本弁護士一家を惨殺します。
当時日テレがこれをスクープしますが、当初TBSは否定し日テレ側を非難しますが、結局これは事実と判明し先の筑紫の発言に繋がります。
その後反日・筑紫は癌に侵され、自身が死んでしまいます。
そのオウムの指導者、幹部たちの死刑が6日執行された。
TBSはどう報道したのだろう。
昨日のTBS・報道特集
オウム関連のコーナーでは、前半は死刑制度に関して割と中立的な立場でしたが、後半になるにつれ自身の主張「死刑制度反対」を鮮明にしていきます。
そこにはTBS・金平茂紀に(坂本弁護士一家への)贖罪の意識は全くない。
TBSが坂本弁護士一家殺害事件に関与したと言われても仕方ないのに、まったくそれに触れることはない。
これがオールドメディアの正体で、ネットで批判される所以です。

TBS・サンデーモーニングでもオウム死刑執行を報じました。
ドイツ大使館のコメント
「死刑は非人道的かつ残虐な刑罰として否定する。」を紹介し、さらにこう続けます。「フランス政府やEUなども同様の声明を発表し、世界に波紋を広げています。」
つまりTBS・サンデーモーニング関口宏は「死刑反対でそれを執行した安倍政権は許せない。」とそれとなく印象報道を行う。
ヨーロッパの「死刑制度反対」についてはネット上で「日本は法と秩序にそって刑を確定させて執行する。テロ犯をその場で、裁判もせず射殺する野蛮な国々には言われたくない。」との声に溢れています。
番組の出演者も口々に「日本の死刑制度はケシカラン」との発言です。
しかしこの番組も「報道特集」同様坂本弁護士一家殺害については一言も触れない。
TBSは恥ずかしくないのか。

6/11韓国の月域原発で冷却水3.6トンが漏水し、作業員29人が被ばく
Wikipediaから
また原子炉外部で三重水素が7テラベクレル検出したそうです。
日本海や対馬海峡が放射能で汚染されてるかもしれない。
日本の原発がこんな事故を起こしたら、朝日新聞以下蜂の巣を突っついた様な大騒ぎになります。
もちろん韓国メディアも大騒ぎで「日本からの輸入を止めろ」と絶叫するに違いない。
しかしなぜかオールドメディアは全く報じない。

そんなオールドメディアの雄を自認する朝日新聞にケント・ギルバート氏が、朝日新聞に申し入れをしたそうです。
産経新聞から
朝日新聞電子版の英語報道が「慰安婦強制連行・性奴隷説」をいまだに流布してるとして、約1万の署名とともに修正を申し入れたと記事は述べています。
朝日新聞は「重く受け止める」として23日までに回答すると応じたそうです。
さらにケント・ギルバート氏は、朝日新聞が吉田清治の証言に基ずく記事(強制連行)を撤回した事の英語発信を求めました。
オールドメディアのフェイクニュースを撤回させると言う事です。

これまでオールドメディアのフェイク・偏向報道を批判してきました。
ところが「ネットニュースはフェイクに溢れる、それを盲目的に信じ込む人たちがいるのは問題だ。」とオールドメディの御用聞きがネットを批判しています。
池上彰
「テレビや新聞は今も必要とされている。」
池上氏が先のケント・ギルバート氏の朝日新聞への申し入れに関して、どうコメントするか知りたい。
まぁコメント出来ないでしょう。
これがオールドメディアの限界です。
さあ、先を続けます。
BuzzFeednewsに載った池上へのインタビュー記事です。
Buzzの主催者は元朝日新聞で、先のサンデーモーニングへも準レギュラーで出演しています。
池上の持論の前提になる物は「新聞、テレビは真実を伝えているが、ネットでは『既存メディアが嘘を付いてる』とのフェイクニュースに溢れている。それが問題。」
との主張です。
だから池上自身も参加して「ネット監視団体」を発足するそうです。
一応表現は「インターネットメディアの協議会」としてます。
フェイクニュース、偏向報道がネットで暴かれる時代になると、ネットを監視して圧力をかけようとし始めました。
朝日新聞が慰安婦報道の虚偽を認めたのはネットの力だと思います。
しかし池上らは決してこれを認めようとしない。
池上彰「オールドメディアの御用聞き・太鼓持ちが」の、最後の悪あがきと言った所でしょうか?

呆笑 礼 @hoshorei
https://twitter.com/hoshorei


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 慰安婦 朝日新聞 サンデーモーニング 産経新聞 関口宏

米朝首脳会談の陰で報じられない拉致問題

昨日のTBS・報道特集で金平茂紀がこう冒頭に発言した
「サッカーW杯での日本VS ポーランド戦が物議を醸してますが、日本の国会では(安倍政権の国会運営が)フェアーにプレイしてるとは思えない。」との趣旨に事を述べた。
サッカーと国会運営がどう結び付くのか?
彼は番組冒頭に、話題になったニュースを引用し安倍政権を批判する事が恒例になっている。
本人は洒落てると思ってるのだろうが、あまりにも強引に反安倍に結び付けてるとの印象がぬぐえない。
いい加減にしてほしい。
そのうち、自然災害が起こるたびに「安倍のせいだ」と言い出すに違いない。
さらに番組では、沖縄の慰霊の日の式典についても放送した。
これはツイッターでもつぶやいたのですが、
14歳の少女が眼光鋭く抑揚を使った話しぶりを見るにつけ、まるで演劇を鑑賞してるような錯覚さえ覚えた。
彼女が自ら原稿を練り、自らの意志であの場所に立ったのか。
大人たちの指示、思惑はなかったのか?
そう疑問を感じた。
まだご覧になっていない方がいたら見ていただきたい。
14歳とは思えない不思議な違和感を覚えた。
ある思想を持った大人たちが、彼女をあの様な姿にしてしまったのなら、旧西側の全体主義の恐怖を覚える。

サッカーW杯の一次リーグ予選がすべて終わった。
日本はポーランド戦で最後の10分をボール回しに費やし予選を2位で突破、決勝に進出した。
これについては国内外から色々物議を醸しています。
僕はサッカーは門外漢なので講釈を述べるのは避けてきました。
ただ次戦ベルギー戦に日本が勝利したら西野監督の采配は絶賛されると思う。
しかしベルギー戦に敗北したら西野監督は相当なパッシングに会うのではと危惧します。
「あんな時間稼ぎの無様な試合を行い、結局ベルギー戦に敗れた。決勝戦に進出するだけの為に、あんな試合をする必要があったのか?日本サッカーがこうむった負の遺産を挽回するのは容易な事ではない。」
こんな感じで批判されると思う。
この件に関し、日本国内で議論されるのは僕は当然だと思うし異論は無い。
しかしこれに便乗するかのように韓国メディアが日本サッカーをこき下ろすのは怒りを覚えます。
中央日報
「ベスト16を決めたが、観客から多くのヤジを飛ばされた。8年ぶりにワールドカップ決勝に進出した日本の事だ。
韓国はベスト16落ちでも拍手を受けた。
韓日W杯のスターであり現在サッカー解説者を務めるアン・ジョンファンはこう述べた
『攻撃をを一分間しなければペナルティーになる規則を作らなければならない。・・・こんな事になるんだったら、セネガルが正義を見せるためにゴールを決めてコロンビアと一緒に決勝に行ってほしかった。・・・韓国は美しく敗退したが、日本は醜く16強に進出した。』」
記事は日本を攻撃してますが、日本が決勝に進出した事への嫉妬があるのが言外から感じられる。
今回のW杯予選リーグで反則ナンバーワンは2位をぶっちぎって韓国だそうです。
一方日本はフェアープレイでは2位をぶっちぎって日本だそうです。
反則ナンバーワンの韓国に「韓国は美しく敗退した。しかし日本は醜く16強に進出した。」と言われたくない。
そして中央日報の記事は日本を非難しているが、自国が反則ナンバーワンとは報じてる事はない。

日本メディアは、米朝首脳会談を良く取り上げていますが拉致問題に関してはあまり触れることはない。
北朝鮮に忖度してる節がある。
日本メディアで最初に「拉致は北朝鮮が行ってる。」とスクープしたのは産経新聞です。
産経がスクープを打っても朝日新聞など既存のメディアは後追い取材をすることは無かった。
これが拉致の二次被害を生んだ原因だと思う。
先日産経新聞が日本国内の北朝鮮工作機関について報じていました。
拉致被害者の田口八重子さんが拉致された当時、日本には多くの北朝鮮工作機関が存在していて、やりたい放題だったようです。
日本メディアは朝鮮総連を恐れこの問題に触れることは無かった。産経新聞が報じるまでは・・。
詳しくは記事を読んでいただきたいのですが、今これを読むと本当に恐怖を覚えます。
日本国内で非合法活動を堂々と行い、果ては日本人を拉致していく。
日本の報道機関が少しで触れ様ならば、朝鮮総連や旧社会党・土井たか子などが報道機関に圧力をかけて、報道機関は委縮してしまう。
当然日本人の目に触れることはない。
一体何人の日本人が北に拉致されたのか、北朝鮮に聞かないと分からない。
これが今の現状です。
産経新聞によると、日本国内にあった多数の北朝鮮の工作機関は、互いに連携し、時にしのぎを削っていたそうです。
日本人を何人拉致したか、互いに競争していたと言う事です。
そして問題は日本人の中にも、旧社会党以外にも北に協力していた、政治家、評論家、ジャーナリスト、大学教授等がいたと言う事。
僕はテレ朝・田原の「朝まで生テレビ」において、東京大学教授の和田春樹がこう言ったののを覚えています。
「共和国(北朝鮮)が日本人拉致は行っていない。共和国がそう言っているのだか確かだ。日本の公安より共和国が信用できる。公安は信用できない。」
この後、小泉元総理が訪朝し金正日が日本人拉致を認めると、和田はテレビに出なくなってしまった。
ただ東京大学の教授は続けていたようですが。
こんな連中ばかりです。
北朝鮮がやりたい放題だったのもうなづけます。


呆笑 礼 @hoshorei
https://twitter.com/hoshorei

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-