FC2ブログ

安倍総理のシャングリラ対話での講演

今日の産経新聞で、中静特別記者の寄稿で、「全然分からない、でも戦争は嫌」と言う日本テレビの女性へのインタビューを紹介し、
集団的自衛権についての理解が進んでいないと氏は書いてます。
これは東京新聞、朝日新聞、毎日新聞が毎日「戦争だ。」「戦争になるぞ。」「軍国主義者の安倍が戦争を起こそうとしてるぞ。」
毎日こんなキャンペーをはられたら先の女性のような感想になるのも分かります。
氏は作家の百田さんのシンポジュームでの講演を紹介してます。
「戦争を起こしたくないのは皆同じだ。ただ侵略されても何も抵抗しないと言う国と、自衛のために目いっぱい戦う国では、どちらが戦争抑止になるか、どちらの主張がより説得力があるかと言うことです。」
また氏は富澤氏が学会誌「防衛学研究会」の中で寄稿した「集団的自衛権と安全保障」を紹介してます。抜粋します。
日本の二世帯住宅を例にとれば、一階に兄貴(米国)二階に自分(日本)が住んでるとします。
泥棒に備え、自分は玄関に鍵をかけます(個別的自衛権)。もし泥棒が入ってきたら一階の兄貴が木刀持って助けに来てくれる(集団的自衛権)。
しかし一階に泥棒が入っても自分は弱いから助けにいかない(日本からの集団的自衛権は行使しない。)
また町内会で全員がやる夜警(集団安全保障)について。
「夜警は関係ない。その上危険だから参加しない。お金があるので、みなさんの夜食を用意します。」
富澤氏はこれではいずれ日本は村八分になってしまう。
兄弟で「ともに守り合う姿を見せることが戦争を起こさせないといえる。集団的自衛権の本質であると言えます。」と言ってます。
百田さんの講演と同じことです。
ただ本当に兄弟が力を合わせるかどうか試そうとする無法者(中国)もいる。隙を見せないことが大事です。
この事を具体的に安倍総理は昨夜シンガポールで開幕したシャングリラ対話に出席し講演しました。
「国家は法に基づいて主張する。」「力や威圧を用いない。」「紛争解決には平和的収拾を徹底すべし。」この3原則を示し「当たり前のことで、人間社会の基本だ。」と訴え中国を批判しました。
ASEANでの連帯を訴えました。
これまでの消極的平和主義だった日本が、今回の安倍総理の中国批判は激烈と言えます。

安倍総理は講演後の質疑に応じました。
これを報じた朝日新聞産経新聞とは報じ方が違っています。
まず朝日新聞は安倍総理の講演に中国が怒っているとして。
「中国軍人が、先の戦争で何百人もの中国人、韓国人、アジア人、が日本兵により殺された。その魂にどんな姿勢を示すのか。首相の靖国参拝にからめて質問しました。
安倍総理は、日本は大戦への痛切な反省の上に立って平和を作ってきた。と答えた。」
さらに中国側の安倍総理批判を報じ続けます。朝日は中国の新聞かと錯覚します。
一方産経新聞です。同じ場面です。
「出席者の中国人男性が靖国参拝について、先の大戦で日本軍に中国人は殺された。その魂にどう説明するのかとの質問に、安倍総理は靖国参拝について、国のために戦った方に手を合わせる、冥福を祈るのは世界共通のリーダーの姿勢だ。と語り、会場は拍手に包まれました。」
みなさんこの違いどうでしょうか?

この日本には憲法改正、集団的自衛権などで、「戦争だ、戦争だ」と叫び続ける人もいます。
漫画家やくみつる氏もその一人です。
「戦争がしたい人はかってにやればいい。わたしは中国が来ても戦わない。ひたすら謝り続ける。中国の属国になっても構わない。戦って中国人を殺すよりましだ。」
悲しいかな、有事になったらこんヤツでも一応日本人です。自衛隊は守ることになります。

クリックするだけでランキングに参加できます。クリック後はランキングページに移動します。クリックしていただいた方、感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

自衛隊・新世代兵器PERFECTBOOK 2035年兵器カタログ自衛隊・新世代兵器PERFECTBOOK 2035年兵器カタログ
(2014/04/11)
別冊宝島編集部

商品詳細を見る


PR Disc Work

CD DVDの製作、格安 国内プレス、海外プレスを承ります。自主制作CDサポートします。


テーマ : 国防・軍事
ジャンル : ニュース

tag : 朝日新聞 集団的自衛権 産経新聞 シャングリラ対話 やくみつる

集団的自衛権は徴兵制への道、の嘘。

今日夕方安倍総理は、集団的自衛権、グレーゾーン事態への対処など安全保障上の課題から2項目を示し、「政府の基本的考え方」を表明します。
そんな中、親中派加藤紘一元官房長官が共産党機関紙「しんぶん赤旗」のインタビューに応じ、集団的自衛権行使容認について、「議論をやり出すと、徴兵制まで行き着きかねない。中略、自衛隊が地球の裏側まで行くことは十分想定される。」などと述べたと今日産経新聞が報じています。
18日の日曜版に掲載されるようです。興味のある方は読んでみて下さい。
このタイミングでの安倍政権への牽制は、日米同盟弱体化を狙った中国の指示で言わされているのでしょう。
集団的自衛権徴兵制が行われると言うのは逆だと思います。
昨日、東京新聞の長谷川氏もラジオで述べてましたが、個別的自衛権のみを突き詰めると、国防は自国民のみで守る事になります。
良く言われるのは、スイスの例です。
スイスは現在EUやNATOに入っていません。
国民には徴兵制を課し、国民皆兵、有事には国民すべて戦闘に参加することになります。もし戦闘に負けたら国土を焼き払い敵には渡さないと宣言してます。
日本人にはこの気概は無理です。
現在国防は他国と同盟を結びお互いの軍事力を補完し合う事が主流だと思います。
第三国の敵国の軍事力が1としたら、同盟関係の2国が0.6ずつ負担すれば1.2になります。
経済的にも、人的にも、一国で自国を守るより負担は軽くなります。
国際的な常識では、同盟関係が結ばれれば当然その国同士では、集団的自衛権も発生します。
最近スイスは、EU、NATO加盟の議論が行われているようです。
近い将来加盟するかもしれません。

韓国旅客船沈没事故からもうすぐ一カ月になります。
このブログでも何度も韓国人の民度の低さについて書いてきました。
亡くなった若い人たちの命は、民度の低さの犠牲者です。
韓国メディア、また海外メディアは人災だと報じ始めてますが、行きつく先は民度の低さです。
今日の産経新聞で、遺族や生存者から韓国メディアへの不信が頂点に達していると報じてます。
過度な取材競争が遺族、生き残った人を苦しめていると。
いつもなら韓国メディアが日本に関し、ある事、ない事を書き飛ばし、反日を煽りに煽り、読者はそれを読んで拍手喝さいです。
韓国メディアはこの手法を反日で学習してしましました。
部数を伸ばす、視聴率を上げる。だんだん過激になって来ます。反日で倫理観が麻痺してしまいました。
その手法を今回、沈没事故の遺族や生存者に対して行ってしまいました。
反日だったら誰にも文句を言われませんが、さすがに今回は韓国民から非難され始めたようです。
8日犠牲者合同焼香所でKBS幹部が、遺族から暴行を受け、幹部2人は個室に監禁されたそうです。
つまりメディアと韓国民との内ゲバみたいなもんです。
両方とも民度が低いと言えます。

遺族の追悼文の一つを思い出しました。
「こんな国に生んでしまって申し訳ない。」

クリックしていただくとランキングに参加できます。ランキング画面に移動します。クリックしていただいた方感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


どの面(ツラ)下げての韓国人(祥伝社新書)どの面(ツラ)下げての韓国人(祥伝社新書)
(2014/03/31)
豊田有恒

商品詳細を見る

PR Disc Work

CD DVDの製作、格安 国内プレス、海外プレスを承ります。
音楽CDの自主制作をサポートします。


tag : 韓国 中国 加藤紘一 反日 安倍総理 集団的自衛権 徴兵制 旅客船沈没事故 民度

金慶珠、今日も厚化粧で元気に反日。

今日のフジTV「報道2001」。
寝起きでボンヤリ見ていました。
金慶珠東海大学准教授が、厚化粧で目の周りを黒く縁取りして、向きになって反論していました。
テーマは韓国の旅客船沈没事故から見る、韓国の国内問題のあぶり出しです。
この討論を見ていたら、彼女がムキになって反論する個所を発見しました。
韓国民の国民性、民度、韓国人の特質、性質、を指摘されるとムキになって反論します。
つまり彼女は韓国人の性質や火病と言ったことになると、牙をむきます。
彼女はこれらについて触れられたくない、韓国人の民族的異常性だと知っていながら、認めたくないのでしょう。
彼女の自説を曲げず、自分の主張のみを押し通す強烈な個性はやはり韓国人の特質です。
自分自身がこの韓国人の異常な国民性を、テレビに出るたびに日本人にアピールしている事になるのが、分からないのだろうか?
自身の意見が間違っていても、彼女は認めません。自説を押し通します。
山本一太大臣がこれまでの韓国への経済援助を金額を出して説明し、韓国民へも知らせるべきだと当然の事を言っても、彼女にとっては馬の耳に念仏です。
呆れてしまいます。
韓国経済が潰れてしまっては日本も困ると、日本人の出席者からも意見が出てきましたが。
日本はそんなに困らないでしょう。
サムソンなど日本の部品を買っている、だからサムソンが潰れれば日本の中小部品メーカーも困ると言う事です。
しかしサムソンが潰れれば、製品が重なっている日本製の出荷量が増えます。
中小部品メーカーはサムソンに支給していた分を、日本のメーカーに支給するだけです。
市場のパイは変わらないです。
結局最後まで議論はかみ合わず、結論は良く分からない後味の悪い番組になってしまいました。
この厚化粧の韓国人のおかげです。

山本一太議員など、他の出席者の彼女を見る表情から、私と同じ思いだと思いますが、さすがに口には出しませんでした。
つまり韓国と付き合う事は無理だと言う事です。


集団的自衛権行使容認の政治判断が来月以降行われる。
今日の産経新聞の中静論説委員が書いてます。
海外から日本は、国際社会の平和と安定を享受していながら、一方責任とリスクに背を向けていると言われ続けてきました。
日本の「集団的自衛権は国際法上、権利は有するが、憲法上行使できない」と言う現行政府解釈は日本でしか通用しません。
相手から守ってもらうが、相手は守らない。
理由は自衛力の必要最小限を超えるとしてます。
普通に考えれば他国は理解できないでしょう。
また中国の南シナ海での暴挙は他人事ではありません。
ASEAN(東南アジア諸国連合)の外相会議は異例の緊急声明を取りまとめ、11日に中国へ自制を求めるメッセージを出す可能性が出てきました。
日本も日米同盟の強化を図るためにも、早急に集団的自衛権行使を容認するよう求めます。
また尖閣のいわゆるグレーゾーンについても現行自衛隊法を改正するか、領海整備法を制定し、この防衛上の空白を埋めるべきです。
良く言われるように中国兵が漁民に扮装し尖閣に上陸した場合、武力攻撃でないグレーゾーンに当たり自衛隊は出動出来ません。
自衛隊が出動出来なければ、米国軍も出動しません。
中国はこの空白を狙ってきます。
またフィリピンは中国の暴挙に対し、国際司法裁判所に提訴しました。ベトナムも提訴を検討してと報じられてます。
日本はこの二カ国の提訴を支援し、中国への抑止としたいものです。
集団的自衛権容認、憲法改正などを戦争への道と念仏のように唱える、「憲法9条教」の信者の方々に一言わせて下さい。
神谷氏(国際安全保障学会理事)の言葉
「平和と軍事は対局の概念ではない。軍事力には二面性がある。人を殺傷し、物を破壊する軍事力は使い方次第では平和を損なう。しかし人間社会は、その危険な力を正しく使わなければ平和と秩序を保てない。この国際常識に立ち返るべきだ。」
またこうも言ってます。
「一国で自国の防衛は全う出来ず。密接な関係にある国同士が助け合う必要性を国民も銘記すべきだ。」

日米同盟を強化するためには、集団的自衛権行使は必要です。

クリックするだけでランキングに参加できます。クリック後はランキングページに移動します。クリックしていただいた方、感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

呆韓論 (産経セレクト S 1)呆韓論 (産経セレクト S 1)
(2013/12/05)
室谷克実

商品詳細を見る

PR Disc Work

CD DVDの製作、格安 国内プレス、海外プレスを承ります。



テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 報道2001 金慶珠 山本一太 サムソン 集団的自衛権 ASEAN 中国

集団的自衛権、公明党のジレンマ

集団的自衛権公明党のジレンマ
今まで集団的自衛権について、朝日新聞などは、決してアメリカも支持しているわけではない。
日本の右傾化も絡めて、警戒してると、盛んに報道していましたが。
アメリカのトップであるオバマが訪日して、集団的自衛権容認を歓迎すると言う発言がありました。
あの朝日の報道は何だったのでしょう。
今日の産経新聞、FNN世論調査で集団的自衛権について
全面的使えるようにすべき7.8パーセント
必要最小限で使えるようにすべき64.1パーセント
つまり何らかの規制をかけて、集団的自衛権は必要だとする意見が7割以上に上ります。
朝日新聞などの世論調査では、質問の仕方、反朝日新聞派は調査を拒否するだろうから、違った数字になるかもしれません。)
産経新聞の質問の仕方は「同盟関係にある米国などが武力攻撃を受けて日本の攻撃とみなして一緒に反撃する、集団的自衛権について」と質問し、先の回答がありました。
さらに集団的自衛権に慎重な公明党について、この問題について決裂したら連立解消したほうがいいと回答した人が59.9パーセントになりました。
今の公明党山口代表は創価学会婦人部に人気があるそうです。婦人部の人達は日本の置かれた外交上の脅威について、理解していないと思うし、山口代表は説得できないでしょう。
政権与党にとどまって甘い汁を吸い続けるか、連立離脱か、安倍総理が集団的自衛権限定容認で迫っています。
まあ私としては、安倍総理が今後憲法改正を目指す上で、公明党は足手まといになると思うので、別れたほうがいいと思います。
昨日のBSで、維新の会松野氏、結いの党江田氏が出演していました。
両党は合流する方向で調整しています。
問題は江田氏の憲法意識は、護憲と言われてます。
しかし昨日彼は自主憲法制定は反対だが、憲法改正は反対しないと言い切りました。
石原慎太郎氏の自主憲法論を牽制し、憲法改正は反対しないとして、維新との合流を選んだのでしょうか。
ただ江田氏は集団的自衛権には慎重なようです。
今後政権再編がどうなるのか分かりませんが。
二度とあの民主党政権のような国益を失う事のないよう、監視することが国民の義務です。

米軍が再びフィリピンと防衛強化
オバマはアジア歴訪の最後の地フィリピンで、アキノ大統領と会談しました。
両国政府高官は、フィリピンでの米軍派遣拡大を可能にする新軍事協定に署名しました。
新協定により、中国の脅威にさらされているフィリピンにとっては歓迎すべき事でしょう。
米国とフィリピンは1951年相互防衛を帰結しました。
しかし米軍は1992年までにフィリピンから撤退します。
背景にはソ連の脅威がなくなった、米国の軍事予算縮小、またフィリピン側の反米意識とリベラルな大統領の意向で米軍が撤退しました。
米軍が撤退すると、主権回復だとフィリピン国内で大きく報道されました。
しかしこの喜びはすぐ悲劇に変わります。
中国軍はすかさず、ルソン島沖のスカボロー礁を占拠してしまいました。
またスプラトリー(南沙)諸島のセカンド・トーマス礁では、比軍兵が籠城してますが、その補給路を中国軍が妨害してます。
この状況での米比軍事協定の帰結です。
フィリピン政府は、日本へ憲法改正し自衛隊を日本軍とし、東アジアの軍事的影響力を発揮して、この地域の安定に貢献してほしいと要請してます。
韓国の反日とえらい違いです。
朝日新聞などは、中韓の日本の右傾化軍国主義は報道しますが、他の東アジア各国の日本の軍事的な意味も含めてのリーダーシップ要請については無視します。
日本はODAで巡視艇10隻をフィリピンに供与することを決めています。
日米比3カ国での軍事連携を深め中国への牽制にしてほしいものです。

フィリピンの当時の反政府、反米運動、そして米軍が撤退し領土が中国に奪われる。
今の沖縄を見ているようです。

クリックするだけでランキングに参加できます。クリック後はランキングページに移動します。クリックしていただいた方、感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
★新発売 【医薬部外品】 薬用ライデン スカルプシャンプー 400mL オイリー 脂性肌用/育毛シャンプー/男性/薬用シャンプー/ノンシリコンシャンプー/RAIDEN/加齢臭防止★新発売 【医薬部外品】 薬用ライデン スカルプシャンプー 400mL オイリー 脂性肌用/育毛シャンプー/男性/薬用シャンプー/ノンシリコンシャンプー/RAIDEN/加齢臭防止
()
RAIDEN

商品詳細を見る

PR Disc Work

CD DVDの製作、格安 国内プレス、海外プレスを承ります。
音楽CDの自主制作をサポートします。



テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 朝日新聞 オバマ 創価学会 公明党 集団的自衛権 フィリピン スカボロー礁 中国

日本の集団的自衛権権の議論は、平和ボケの産物

産経新聞が集団的自衛権の特集を組んでます。
憲法をすぐ改正出来れば、こんな議論は必要ないでしょうが。現実的には憲法改正はまだまだ時間がかかります。
現在の憲法9条のもと解釈と言う抜け道でしか、集団的自衛権行使容認を模索出来ないのが残念です。
朝日等の左派メディアは9条を平和憲法だと持ち上げ、集団的自衛権を戦争への道としか論じられないのが不思議です。
中国が防空識別圏を一方的に設定した時、米軍はいち早くB52をその識別圏内を飛行させました。
日本のメディアは米国は中国の暴挙を許さないとの意思表示だと報じていました。
しかし今日の産経の記事だと少し違うみたいです。
B52を飛行させたのはグアムのアンダーセン空軍基地の部隊指揮官の指示です。今後日本周辺の飛行指示はハワイの太平洋司令部に判断を仰ぐよう、指揮権がワンランクアップしたそうです。
要はB52を中国が設定した防空識別圏内を飛行させたグアムの指揮官に対し、オバマが憂慮したのでしょう。
軍事アレルギーで内向きのオバマさんは、中国との摩擦は止めてくれと言うことです。
こうなるとオバマは今後、アジアでの安全保障の日本の役割を拡大させようとする事は間違いないと思います。
尖閣諸島の情報収集の為に米国のイージス艦が公海上を航行中に、中国の情報収集機や戦闘機が近づいて、米軍からイージス艦の周辺から追い出してくれと、要請があった時日本はどうするのか。
在日米軍はオバマの対中国での慎重姿勢で米戦闘機を展開させるのに二の足を踏む可能性がある。日本側に肩代わりさせる可能性があると報じてます。
しかし現在日本はこの米軍の要請には答えられません。
日本側が米P3Cの護衛が出来無ければ、米国は尖閣諸島でのP3Cの情報収集を止めるかもしれないと防衛省幹部は危惧しているそうです。
尖閣諸島防衛の際、公海上で米軍が攻撃されたら日本はただ傍観するしかない。集団的自衛権に抵触する。
朝鮮半島で有事の際、韓国から邦人を乗せた飛行機に北朝鮮のミグ29戦闘機が接近して来ても、日本は傍観するしかない。自衛隊法にミグ29戦闘機を撃墜する根拠が無く、集団的自衛権に抵触する。しかしアメリカにして見れば、この有事のごたごたの中、せめて自国民くらい守るべきだと言ってくるでしょう。
当たり前のことですが、日本では当たり前と言えない不思議な国なのです。
これを当たり前と言えば、朝日新聞から侵略戦争へ導こうとしていると批判されます。
仮に集団的自衛権行使が容認されたとしても、安保法制懇が明らかにした指針があります。
「密接関係国が攻撃を受け、日本の安全にも影響する」
「当該国からの明示的要請」
「第三国の領域通過許可」
「首相の総合的判断」
「国会承認」
これはダメだ。
有事には相手国(敵国)があります。
相手国(敵国)がこの指針を理解してくれて、軍事行動を日本の国会承認まで待ってくれるのなら別ですが。
国会で承認を受けるのに何日かかるのだろう。公明党や野党が反対したら・・・・。
その間に、韓国から救出した邦人を乗せ日本に向かう飛行機は、北のミグ戦闘機に撃墜されてしまいます。

クリックするだけでランキングに参加できます。クリック後はランキングページに移動します。クリックしていただいた方、感謝です。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

呆韓論 (産経セレクト S 1)呆韓論 (産経セレクト S 1)
(2013/12/05)
室谷克実

商品詳細を見る

PR Disc Work

CD DVDの製作、格安 国内プレス、海外プレスを承ります。


テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団的自衛権 オバマ 朝日新聞 有事 尖閣

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-