米・中・韓・北の首脳会談と反日メディア

「めぐみちゃん、元気ですか。今年もあっという間に時が過ぎ4月です。春が本番を迎える中、お父さんとお母さんは桜の花を見に行く機会がありました。」
これは今日の産経新聞に載った横田早紀江さんの手記です。
娘さんである横田めぐみさんに呼びかけた言葉です。
横田早紀江さんのこの手記には、自分の娘が突然拉致され北朝鮮に連れ去られ、また自国民を守ることも、取り戻せる事も出来ない日本への不満、また不条理に苛まされるご自身の思いが溢れています。
この一年メディアは森友・加計問題、そして森友文書に新しい進展が見えなくなると、今度は防衛省の日報問題で野党・メディアが大騒ぎ。
どうかしている。
今日の産経新聞の一面には、台湾・国防部が進める潜水艦の自主建造計画に、米国の企業が支援することを許可したと米政府が発表しました。
当然中国は猛反対でしょうが、トランプは意に反さないと思う。
ここ最近米国の動きは活発化している。
米国は北朝鮮の領空に戦略爆撃機を侵入させて金恩正を震え上がらせたり、台湾旅行法に著名し、米台間の閣僚や政府高官の相互訪問を可能にした。
またトランプは国務長官にポンペイ氏、また安全保障問題補佐官に「とりあえず空爆しとこう」が口癖のボルトン氏を指名した。
そして貿易赤字を理由に、各国に関税をかけると公表。
日本も制裁対象になってますが、本丸は中国です。
トランプは中国の知的財産権侵害に対し最大6.6兆円規模の制裁関税をかけると息巻いています。
日本のメディアは米中韓が活発に外交折衝しているが、安倍政権は蚊帳の外だと批判してます。
北朝鮮韓国や中国、また米国との首脳会談を行うと言い出したのは、トランプと安倍さんの軍事圧力と経済制裁なのは間違いない。
もはや金が無いと言う事。
安倍さんの思惑通りで、蚊帳の外と言う批判は当てはまらないと思う。
今後米中の軍事的緊張がさら続くのか、それとも半島で手打ちを行うのか予測できない。
今後の朝鮮半島情勢は日本にとっても重要な局面を迎えています。
仮に中国と北朝鮮が北の核を共同管理すると言い出したら?
韓国の左翼文政権が北朝鮮との連邦国家成立にのめり込んだら・・・朝鮮半島の赤化が現実化する。
文大統領の統一外交安保特別補佐官・文正仁は米国で「韓国大統領が在韓米軍に出ていけと言えば米軍は撤退しなければならない」と言い放ちました。
韓国文政権と北朝鮮の金恩正の真意は在韓米軍の撤退であり、北朝鮮主導での統一だと言うのが分かります。
トランプがそんな韓国を見捨てて、在韓米軍を引き上げて半島を中国に任せる。
中国だけでなく、朝鮮半島にも核ミサイルが配備されることになる。
その時日本はどうするのか?
そんな日本では、森友、日報問題ばかりメディアは報じ、憲法改正にも反対している。
ましてや冒頭述べた、拉致問題などは眼中にないのが明らかです。
拉致問題に関して西岡力さんがこんな事を言っていました。
「ボルトン氏は拉致家族と6回以上会談し、横田めぐみさん拉致に対して顔を紅潮させて怒っていた」
日本のメディアはボルトン氏を「危険な軍事的強硬派」と批判していますが、どちらが拉致被害者の事を真剣に考えているのかと疑問に思います。

そんなメディアから
森友・加計・日報と反安倍政権の雄であるTBS・サンデーモーニング「風をよむ」
番組では、トランプの中国への制裁的関税について「貿易戦争」と呼び、中朝首脳会談にも触れました。
また米朝首脳会談にも言及。
そして「米中はどこへ」と言うテロップを流し出演者のコメントへと続く
大阪の左翼おばさん・谷口真由美・大阪国際大学准教授
「おっさんの恥とメンツ争いをしている。日本もおっさん政治をしてる。」
青木理
「米国は不安定だ。(安倍政権は)この不安定な米国と100%ともにあると言ってるが、それでいいのか?北朝鮮、中国。韓国は動き始めているのに、日本は何もしていない。それでいいのか、・・・中略・・・安倍政権は対米追従で無策だ。」
結局安倍政権批判で番組を締めくくった。
森友文書改ざんを声だかに煽ってきていながら、外交的に無策とはよく言います。
安倍総理や麻生財務相を森友で国会に縛り付けて、外交問題・経済問題に手を付けられなくしてる元凶は、TBS・サンデーモーニングなどのメディアなのは明らかです。
反安倍派でTBS・サンデーモーニングと歩調を合わせる共同通信が、1日世論調査を行った発表した。
内閣支持率は前回調査から3.7ポイント上昇して42%です。
当然サンデーモーニングは支持率UPは報じません。

最後に冒頭の横田早紀江さんの手記を紹介させてください。
「安倍首相に『日本の国として一日も早く、拉致を解決する姿を世界に示していただきたい。』ともお伝えしました。」
サンデーモーニング関口宏青木理も人の親なら、この横田早紀江さんの心の叫びを肝に銘じ、拉致問題では現総理である安倍さんをサポートすべきだろう。
それとも心の叫びが理解出来ない・・・なのだろうか?


呆笑 礼 @hoshorei
https://twitter.com/hoshorei

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

関連記事

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 安倍総理 サンデーモーニング 北朝鮮 青木理 関口宏

コメント

非公開コメント

アメリカ・中国の知的所有権

トランプがアメリカの知的所有権を言いだした。
確かに中国は多くの留学生をアメリカに送りアメリカの情報を中国に送っている。
しかしこれはアメリカも過去にヨーロッパに対してやってきたことだ。
それはヒットラードイツがヨーロッパを軍事的に席巻しようとしていた時期と重なる。
多くのヨーロッパの科学者・技術者が彼らの知識と共にアメリカに流れた。
アメリカの戦後の繁栄は彼らの協力なくしてあり得ない。

中国には未だそれがない。
優れた知識を持った海外の集団が中国に流れても誰も文句を言う訳にはいかない。

中国がそこに気がつかなければいけない。
日本にはその可能性はない。
北の収容所にいる多くの在日朝鮮人を見ることだ。
韓国は試練の時を迎えている。
北と南の話し合いなどその試練に比較すればその付録にしか過ぎない。

開かれた中国という意味は多民族国家中国を意味する。
繁栄する中国が繁栄する漢族と繁栄する沿岸都市であるならばその繁栄は長くは続かない。
多民族国家中国は過去にモンゴル族の元と満州族の金・清のみだと言っていい。
その清を崩壊させたのは欧米列強と日本の侵略だ。
いつまでもトランプの理屈を通用させてはならない。
プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-