日本が朝鮮半島に残した水道インフラ。

昨日のTBS報道特集金平茂紀が冒頭こう述べました。
森友文書改ざんについて「公文書が改ざんされた。法治国家にとってあり得ない事だ。恥を知れ」と罵りました。
名前こそ出さなかったが、安倍総理に向けた言葉だと思う。
その後この番組は、オウム死刑囚が移送された事を報じて、死刑制度反対論を繰り広げました。
オウム事件の出発点である「坂本弁護士一家殺人事件」は、もともとTBSがオウム側に情報を流したことが出発点です。
しかし昨夜オウム犯罪に加担したTBSは、この件に関して一切触れることは無かった。
あの反日筑紫哲也でさえ「TBSは今日死んだ。」と述べたのは記憶に新しい。
そんなTBS・金平が自分たちがやった事には言及せず、安倍政権に対し「恥を知れ」とはよく言ったもんだ。
TBS・金平にこそ「恥を知れ。」と言いたい。
あまりに憤慨したので、昨日Twitterで発信してしまった。

「削除された文書には安倍総理夫人の発言もある。夫人を国会招致すべきだ。」とメディア・野党は連日叫び続けています。
しかし削除された文書には「(詐欺師である)籠池氏によると、総理夫人がこう言った。」と言う風に書いてる。
つまり総理夫人の発言を直接聞いたわけでなく。あくまでも詐欺師の籠池氏から聞いたと言うのが真実です。
こういった反日メディアの印象操作は目に余るものがある。
安倍総理から「文書改ざんの指示があった」と言う証拠がないまま、「官邸主導。つまり安倍総理の指示があったはず。」との憶測だけで、安倍総理夫妻を犯罪者扱いしてしまっている。
証拠もなく憶測・イデオロギーだけで断罪する、メディアの危険性を僕は危惧します。
まさにメディア・TBS金平が言う「法治国家にとってあり得ない。」と言う言葉は、そのままTBS・金平にこそ言える言葉ではないか。
森友問題
突き詰めれば、籠池と言う詐欺師に財務省が恫喝されて文書改ざんに至り、朝日新聞・メディアや野党が騙されて、踊らされたと言うのが実態ではないだろうか?
まあ最終的に踊らされたのは、地上波などのオールドメディアしか見ない高齢者などの国民だと言う事です。
森友文書改ざんでは自民党の和田政宗議員がYouTubeで明快に説明しています。
まだ見ていない方は是非視聴してください。
以下アドレスです。
https://www.youtube.com/watch?v=1FBhnHUw928

前回のブログでは日本が朝鮮半島につぎ込んだ巨額資金について述べました。
今日の産経新聞から、半島に残したインフラについて述べます。
まだ記事を読んでいない人の為に抜粋します。
現在、東海道・山陽新幹線を走る「のぞみ」「ひかり」は戦前、朝鮮半島の釜山から満州をつなぐ国際長距離急行列車の愛称だったそうです。
例えば釜山を朝8時出発する「のぞみ」は、翌日午後1時50分に満州の新京(現中国・長春)に到着したそうです。
食堂車や寝台車を備えた豪華編成列車でした。
19世紀末から始まった朝鮮の鉄道網建設は急ピッチで進められ、終戦までに総延長5000キロに達し、慢性的な歳入不足に悩む朝鮮の財政に貢献することになったが、巨額の建設費が重くのしかかり、巨額の公債を発行せねばならなかった。
同時に日本は京城、平壌などの都市部には路面電車を順次投入し朝鮮人の足として使われることになります。
結局日本はどこまでお人よしなのか。
ここから本題です。
当時の鉄道は蒸気機関車だったため水の確保が欠かせませんでた。
当時の朝鮮の水事情については、こんな文書が残されています。
「朝鮮の開城府は高麗朝鮮500年の都・・・人口5万、市街に井戸は乏しくかつ飲料に適するもの稀なるをもって悪疫の発生あらんか・・・」要は水があっても飲めず、疫病が蔓延していたと言う事です。
日本の水道技術は世界トップレベルで、「飲める水」が蛇口から供給できる技術は世界一だと言えます。
この技術を朝鮮半島につぎ込み、上下水道網を張り巡らせました。
戦後日韓の国交が回復すると日本は、当時の韓国の国家予算を上回る5億ドルを経済援助として韓国に供与します。
さらに日本が張り巡らせた上下水道網が老朽化したので、改修する話が持ち上がると、また日本側の援助で行われました。
日本から技術者として韓国に派遣された東京大学名誉教授・藤田賢二氏は、大田(韓国中部)光州(同南部)2都市の取水、導水、浄水施設に関わり、冷却水などを大量に使う浦項製鉄所の案件も担当しました。
しかしこうした水道施設が日本の資金・技術で出来た事実を韓国では封印されてしまっています。
光州の通水式であいさつに立った市長は「我々だけの力で水道建設が行われた事は誠に喜ばしい。」と述べ、日本に対する謝辞は一切なかったそうです。
この式典に出席した藤田氏は「苦笑いでやり過ごした。」そうです。
また藤田氏が数年前に大田で行われた水道関係の国際会議に出席した時も、市の浄水施設が日本の技術で作られたことを知る韓国人は誰もいなかったそうです。
藤田氏の後を継いだ日本人の後輩たちも、韓国の水道事業に貢献しています。
しかし記念碑も(技術者の)名前も残らない。
それでも日本は韓国の水道を支えています。
感謝もされず、挙句日本人の名前を消し去り、偉大な韓国人が成し遂げた偉業だと世界に流布している。
韓国論になると結論はいつも同じです。

だからこんな国に関わってはいけない。


呆笑 礼 @hoshorei
https://twitter.com/hoshorei

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

関連記事

テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 TBS 報道特集 金平茂紀

コメント

非公開コメント

No title

中韓を知りすぎた男さんも書いてますね。誰もマスゴミ、野党連中を信じてませんよ
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1148.html
プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-