FC2ブログ

MXテレビ・ニュース女子へのBPO意見書

MXテレビのニュース女子が沖縄の反基地闘争に関する報道に対し、市民団体?代表の在日・辛淑玉らから同番組で名誉を棄損されたとする申し立てに対し、BPOが「重大な放送倫理違反があった」とする意見書を公表した。
放送前に事実の裏付けや表現などを自己検証する「考査」が機能していなかったとして批判しました。
番組の内容は長くなるので申しませんが、これは明らかにダブルスタンダードです。
そしてニュース女子で「反対派が救急車を止めた」との報に関し、BPOは「(反対派が)救急車を停止してもらい、誰を搬送してるのか確認した事はあった。しかしそれは数十秒。救急車を止めた事にはならない。」と結論付けた。
止めた事には変わりないのに、止めた事にはならないとBPOは詭弁を弄している。
そもそも救急車と言う人命に関わる車を止める権利が反対派にあるのか?
その他のBPOの指摘は、TBSの報道特集・サンデーモーニングまたテレ朝の報道ステーションについても言える事ですが、TBSやテレ朝はわざとねつ造、偏向、サブリニナル的編集を繰り返している事を考えれば、こちらの方が悪質だと言えます。
しかしBPOの左翼の委員達にとってはテレ朝、TBSは公正な報道をしてると言う事になるようです。
委員の女性弁護士は事前に「ニュース女子」を批判しておりBPOが公正に論議したとは言えず、初めから結果ありきと言ったところだと思います。
何しろ以前は辛淑玉のお友達、あの香山リカが委員を務めていたのですから、笑ってしまいます。
NHKをはじめ民放各局がこのBPOに多くの金を出資しています。
BPOに払う金があるなら、国民に電波使用料をもっと払うべきです。
以前も言いましたが、民放は3000億円の売り上げがありながら、わずか4億とか5億円位しか国民に電波使用料を払っていません。
TBSなどは年間4億円位で反日プロパガンダが行えるとすれば、こんな安い反日工作はありません。

沖縄の普天基地の隣にある小学校に米軍機から窓が落ちてきたと大騒ぎになっています。
反基地活動家・メディアにとっては、我が意を得たとばかりに大喜びの様相です。
彼らのこんな言葉が聞こえてきます。
「さあこれで反基地運動が盛り上がる」
こんな事を書くと「反基地の人たちをそんなに悪く言うべきでない。彼らも子供達の安全を考えての行動だ。」
と言われそうです。
こういう人達には僕はこう言う事にしています。
以前日本政府と米軍側が話し合い、この危険な場所にある小学校を移転しようと言う事になりました。
米軍側は米軍家族が住む土地を日本側に提供し、そこに小学校を移転することになりました。
しかしこの計画は、基地反対派が猛反発して頓挫してしまいました。
反対派の言い分は「危険な場所にある小学校は反基地運動の象徴だ。小学校が移転したら普天間基地の危険性をアピールできなくなる。基地が固定化する。」
そしてこの小学校の移転計画はその後も持ち上がりますがその都度、基地反対派や沖縄メディアによって潰されてきました。
沖縄の反基地活動家は、小学校の児童たちを人間の盾のように反基地運動のシンボルとしてしまっています。
つまり彼らに「小学校の子供たちの安全」などと言う資格はありません。

今日のサンデーモーニングの風をよむ
ノーベル平和賞を受賞したicanの「核廃絶を訴える。」を取り上げていた。
受賞スピーチの席に日本が欠席した事を批判した
「日本はアメリカの核に守られてる。」からアメリカの顔色を窺って欠席したと述べました。
僕はそれを聞いて「あんた達もその核の傘に守られてるんだ。」と画面に突っ込んでしまった。
僕もこう言いたい「核なき世界を訴える。世界平和、人類は皆手を取り合って生きていかなければならない。」
そしてこうも思う「僕はなんて善良な人間なんだろう。皆もそう思ってくれるはずだ。」
しかし世界はそんなに甘くない。
その根本は人間には「欲」があると言う事です。
「欲」があるから技術は進歩し文明が生まれる。その一方資源や食料、領土の拡大を目指した紛争が生まれる。
この「欲」を捨てなければ、世界にある核を「同時に廃絶する」のは無理です。
今後世界は食料、資源特に水の奪い合いが始まります。自国民を犠牲にしてまで核廃絶を行う事はあり得ない。
サンデーモーニングはこんな状況でも「日本は米国の核の傘から離脱しろ。」と言いたげです。
そして最後に発言した青木理の言葉に注目したい。
彼は「icanにはピースボートも絡んでる。だから日本政府はこの件に関し、あまり言及しない。」
ピースボートはこのブログでも何度も言ってきたが、辻元清美が学生時代過激派と一緒に設立したNGOです。
安い値段で世界旅行が出来るとの謳い文句で、学生たちを集めて船内でセミナーと言うオルグ活動をしていたのは有名です。
そして過激派を世界に送り届ける為にも使われていたと言われてきました。
そんな団体がノーベル平和賞を受賞した。
TBS・サンデーモーニングは嬉しくて仕方ないようです。

最後にサンフランシスコ市が慰安婦像を公共物にしたとの報に対し、姉妹都市関係の解消を訴えていた吉村大阪市長が、サ市のリー市長の急死の報に接し、解消の通知は来年6月頃誕生する新市長の言動を見て考えると述べました。
しかし僕はこれには反対します。
サ市に慰安婦像が建ってるのは現実です。
ならば粛々とサ市の副市長または市長代理に解消を通知すべきです。
リー市長が急死しようが、生きていようが関係ありません。
行政は粛々と行うべきであり、日本人特有のセンチメンタリズムは必要ない。
それが世界標準であると考えます。
そしてこれは中国韓国が行ってるプロパガンダ・南京大虐殺、慰安婦問題に対しても言える事です。


呆笑 礼 @hoshorei
https://twitter.com/hoshorei

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

関連記事

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 サンデーモーニング 中国 ピースボート 辻元清美

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-