既存メディアがネットを攻撃し出した。

今日のサンデーモーニング
寺島実郎は「この国にはまっとうな保守はいないのか?」と自民党を批判しました。
早速、元毎日馬鹿新聞主筆(石平氏談)じゃなかった元毎日新聞主筆・岸井成格が賛同します。(毎日新聞はこんなのが主筆をやっていたと言うのが驚きです。)
僕は番組に向けてこう叫んでしまいました。「この国にはまっとうなメディアは存在しないのか?」
「偏向報道を繰り返す、お前らには言われたくない。天に唾するとはこの事だ。自分と同じ思想を持ったコメンテーターや、自分の経営事務所・所属タレントを公共の電波に出演させてる関口宏。お前らがやっている事は全部お見通しだ。」(最後はトリック風)
すみません。興奮してしまいました。

インターネット上に、元朝日新聞・現BuzzFeedの吉田大輔氏による池上彰への取材記事が載っていました。
突っ込みどころ満載です。一言で言えばふざけた「フェイス記事」です。(記事の中で彼らは「ネット記事はフェイクニュース」と批判してます。)
スペースの関係で、かいつまんで検証します。
「ネットにはフェイクニュースやデタラメ記事が溢れてるから危険だ。ネットニュースを監視する機関が必要だ。」
僕は池上のこの発言を読んでゾットしました。
確かにネット上の情報は玉石混合であるのは認めますが、朝日新聞慰安婦報道の虚偽を明らかにして、朝日に訂正記事を書かせ、社長退陣に追い込んだのはネットの力だと僕は思います。
安倍政権を「国民を監視しようとしてる」と批判してるくせに、既存のニュースメディアがネットに駆逐されそうになると「ネット記事を監視する。」と恐怖政治・監視社会をやろうと言い出しています。
池上は「我々のように常にニュースに接してればこれはおかしいと分かる。(国民の為の)ファクトチェック機関が必要だ。」つまり一般人は馬鹿だから真実が見抜けない。よってネットの監視をやろうと言う事です。
朝日新聞・TBSなどが機関を作りチェックしたらどうなるのか。答えはすぐ分かります。
さらに池上彰
「集団的自衛権を認めるかどうかという時、読売新聞だけ読んでると反対意見があることが分からない。」と述べてますが、ふざけてます。読売は反対デモを報じていますし、地上波のテレビはSEALDsを英雄視して国会前の反対デモしか報じていないではないか。
本来池上彰はこう言うべきです。
朝日新聞ばかり読んでると、賛成意見があることが分からない。」と言うのが正しい。
集団的自衛権の賛成意見は読売や産経しかほとんど報じなかったからです。地上波に至っては国会前の反対デモばかり放送していたではないか。
こんな事ばかり言ってるから「マスゴミ」と揶揄されるのです。
さらに池上はこんなバカなことまで言っています。
森友問題で急にメディアに取り上げられた人物・菅野完について。
「菅野さんは日本会議の問題を最初に指摘した優れたジャーナリストだと思います・・・」
まず日本会議は法に触れるような、何か問題を起こしたのでしょうか?
さらにこの菅野が書いた日本会議に関する本は、デタラメ過ぎて裁判所から発売中止命令が出てるはずです。
さらに元シバキ隊だった菅野は金銭トラブルでシバキ隊を追い出され、その後女性をレイプしたとの疑惑まであります。
そんな人物を池上は「優れたジャーナリスト。」と褒めちぎっています。(あのバカな室井佑月も菅野をフリーランス記者の鑑と褒めています。類は友を呼ぶのか?)
トランプはTwitterで情報を発信しています。
既存メディアの分岐点です。
本来メディアは、トランプから情報を得て国民に流す、中間業者です。
トランプが直接国民に情報を発信したら既存メディアは必要なくなります。
生き残るとしたら・・、まあ論評するくらいしかありません。
メディアが危機的状況なのに、問題の本質に触れず、ネットにはデマが多いと結論付ける池上の馬鹿さ加減に呆れるばかりです。
蛇足ながら、池上の番組「そうだったのか?」などは、ネット記事に触れてる人物ならすでに知ってる事です。
(このブログを読まれてる皆さんもそうですよね。)
池上彰はそれが気に食わないのかもしれません。
「ネットがなければ『池上さんのおかげて初めて知った。』と言われるはずなのに・・・。ネットニュースを駆逐しなければ。」
これが池上彰が本当に言いたい事なのかもしれません。

昨日は北朝鮮の太陽節で、軍事パレードが行われました。
従来より新型兵器が多くが登場した様です。
さらに今朝北はミサイル発射を行いましたが、失敗したようだと速報が入りました。
50キロ位しか飛ばなかったようです。
メディアは「失敗した。」と報じていますが、本当に失敗したのか、トランプにビビッてわざと50キロ位飛ばして一応ミサイルを発射したとメンツを保ったのか、僕には分かりませんが。
ただ半島有事は4月中は続きます。
問題は核実験です。
北が核事件を強硬したらトランプは軍事的手段を講じると明言しています。
北はすでに核実験の準備は終えてると報じられてます。
専門家に聞けば、一度核実験の準備が完了したら、それを解除するのは難しいそうです。つまり北は核実験を行うしかないとの見解です。
日本政府またテレビの地上波や大手新聞社は、北が日本にミサイルを発射した場合の対処を報じるべきです。
弾頭が核の場合、またサリンなどの化学兵器の場合の対処法を国民に知らせるべきですが、僕が知る限りJアラートの試験放送さえ流さない。
Xデーはまだまだ続きます。
このブログを書いてる時
今日のワイドナショー
三浦瑠璃が
「北が核実験しても米国は攻撃しない。米国が攻撃したら日本は北朝鮮から核攻撃を受ける事になる。だから米国は攻撃しない。」
ピー子は
「トランプはハンバーガー食べながらお話をすると言っていたから、二人で話せばいいじゃない。」
その言葉に三浦瑠璃もうなづいていました。
北朝鮮に関しては、与党の一部・野党・メディアは何十年も前から「北朝鮮とは話し合いで解決。」と主張してきました。
しかし解決出来ていないばかりか核開発が進化して、今ではミサイルの弾頭に乗せられるくらい小型化してるとも言われています。
ミサイルも同様、ICBM・SLBM・固形燃料など確実に進化しています。
これが「話し合いで解決」がもたらした結果です。
たしかSEALDsのメンバーが「話し合いで解決する。僕が彼らと酒を飲んで解決する。」と馬鹿な事を言っていました。
ぜひ彼には北朝鮮に行って酒を飲みながら問題解決してほしい。
もしかしたら本家本元のSEALs(米海軍特殊部隊)にそこで会えるかも。
目の前でSEALsが金恩正を斬首するのを目撃できるかもしれません。
一緒に殺されそうになったらこう叫べばいい。
「僕もSEALDsのメンバーだ。」
米海軍特殊部隊
「・・・・?」


ブログが更新できない平日はTwitterで発信してます。
呆笑 礼 https://twitter.com/hoshorei

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

関連記事

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : ワイドナショー サンデーモーニング 朝日新聞 慰安婦 北朝鮮 SEALDs 池上彰 室井佑月

コメント

非公開コメント

No title

所詮池上も反日左翼のなかま。

だから各局でもてはやされて、反日プロパガンダの片棒を担いでるマスゴミの一人。一生懸命無知な国民をもっともなことを言って洗脳しようとしてるだけ。
でも、それも、最近ではオーバー70の年寄りでもスマホを使いだしてネットで情報を知る様になってきてるからこれまでの様に自分のいう事を鵜呑みにしてくれないから焦ってるんじゃないんですかね。

だからネットを一生懸命否定しようと躍起になってる。
否定しても、地上波では流さない事実や証拠がそこにあるから仕方ない。
反日偏向テレビや新聞読んでるよりずっと誠実だわ。

実際、今日、メディアが信用されなくなった責任はあんたにもあるんじゃないんですか、池上さん。

籠池と大差ない。

テレビに出てもっともらしく解説すればするほど信用されなくなってますから。庶民を甘く見ちゃ行けませんよ。
プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-