国会が森友学園問題一色の間に朝鮮有事が発生する

連日の「森友学園問題」「豊洲移転問題」に嫌気がさします。
僕はこれを取り上げるなとは言いません。
しかし優先順位が違うだろ。
何度もこのブログで言ってます。
昨日もBSフジの番組で民進党・福山議員が森友学園問題で「安倍総理はケシカラン」との論調で発言していました。
安倍総理が口利きをして金を貰っていたら・・・、利益供与を受けていたら大問題です。
稲田朋美防衛大臣が何十年も前の弁護士時代の記憶違いを、民進党は大臣辞任に値する大問題だと追及してます。
これが辞任に値するな「蓮舫の二重国籍問題」はどうなんだと言う事です。
蓮舫こそ何度も記憶違いだとしてノラリクラリと追及をはぐらかしています。
民進党は安倍総理、稲田防衛大臣を追求する前に「蓮舫二重国籍」に決着を付けるべきです。

今我が国の安全保障は危険水域に達しています。
一番の問題は「朝鮮有事」です。
何で民進党は「安全保障」を取り上げないのか。
まあ、取り上げたら「北かシナ」か分かりませんが、彼らからお叱りを受けるからと思わざる負えません。
僕は米国は北朝鮮に対し軍事的行動を起こす可能性が高いと思います。
また韓国の次期大統領候補・文在寅候補が支持率で独走していて当選確実だと言われています。
しかし彼を肯定する韓国人は40%、否定派は60%近いとの世論調査を韓国紙が報じていました。
つまり文氏が当選しても韓国世論は分裂し混乱するかもしれないと韓国紙は危惧しています。
そして問題なのは、彼は親北朝鮮派で反米反日です。
彼が当選したら韓国と北朝鮮は連邦国家を目指すと言われています。
韓国は何もしなくても核保有国になってしまいます。
一度核を保有したら彼らは絶対放棄しないでしょう。
朝鮮半島は赤化し核をちらつかせて日本を恫喝してきます。
竹島、慰安婦、徴用工、歴史認識、これらの問題を核を絡ませて来ると言う事です。
そこに米国、中国の思惑が複雑に絡んできます。
その時日本はどうするのか。
あながち荒唐無稽の話ではないのです。
こんな状況でも日本の国会は「森友学園問題」一色です。

インターネット上に韓国の絵本「軍艦島」が話題になっていました。
この夏公開される韓国映画「軍艦島」についてはこのブログで何度か取り上げてきました。
絵本のタイトルは「恥ずかしい世界遺産・軍艦島」となっています。
中身は朝鮮半島から強制徴用された少年たちが犬の餌のような物を食べさせられて、12時間以1000メートの危険な地下で働かせられ、さらに肉体的な拷問も受け死んでいった。
これを韓国の子供たちに読み聞かせる訳です。
さらに今年の夏にはそれを裏付ける形で映画「軍艦島」が公開されます。
韓国のテレビ局がこの映画の特集を放送しました。
これが酷い。
北海道の旭川の道路工事の写真を「軍艦島」の強制労働と引用したりして、まったくのデタラメ写真を堂々と提示して論評していました。
日本政府は厳重に抗議すべきですが、国会があの状況です。
軍艦島は当時としてはかなり恵まれた環境にあったと言われてます。
あの小さな島に学校までありました。
炭坑はある意味国策で、そこで働く労働者は十分な食事と報酬、また映画館などの娯楽も充実していたと、当時を知る方が証言しています。
当局からは「日本人と朝鮮人を同じ待遇にしろ。」とお達しがあったとの記録もあります。
しかし現在の日本の左翼メディアや韓国は認めません。
「それはアリバイの為に作った嘘だ。」と主張してます。

海外通信で読んだのかもしれませんが、金正男を暗殺した金正恩を「独裁者特有の単なるパラノイア」と評していたと記憶しています。
もしかしたらこの国の方々は、民族の特徴として「パラノイア」と言う特質があるのかもしれません。
そう考えれば、彼らの反日的言動も頷けます。
日本が手をこまねいているうちに、核保有した韓国と言うか朝鮮連邦国家から、我々はこう恫喝されるでしょう。
「独島は朝鮮領だと正式に認めろ。植民地支配を全面的に謝罪して、慰安婦問題、徴用工問題の賠償金を払え。まあ100兆円で勘弁してやる。今後我々の主張に従うと国連の場で公式表明しろ。さもなくば正義の核が日本に降り注ぐ事になるだろう。」
先の精神的特質をもった民族に「核」を与えれば、自分の立場を勘違いしてこういう状況になります。
「何とかに刃物」とはよく言ったものです。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

関連記事

テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 慰安婦 軍艦島 金正男

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-