のりこえネットに沖縄から反論の狼煙が上がった

先週のブログで「のりこえネット」の共同代表の在日韓国人(朝鮮人?どちっでもいいですが)辛某に関し、「ニュース女子」が放送した番組で、沖縄反基地運動家や違法妨害活動の黒幕は彼女だと指摘され、辛某が怒り狂って放送倫理・番組向上機構(BPO)に訴えたと述べました。
BPOは勧告・指導を行う事ができる(審理入り)は見送り、審議のみすると見解を出しました。
当然でしょう。
「審理入り」を行えば現在の沖縄反基地運動の非合法・反社会活動を白日のさらけ出す事になります。
困るのは沖縄左翼・沖縄二紙(新報・タイムス)「のりこえネット」などの反日団体・反日メディアなどです。
僕は先週のブログで「のりこえネット」が騒いでくれた事で沖縄の真実が明らかになる契機になるのではと述べました。
つまり「のりこえネット」がBPOに訴えたのは、ある意味自殺行為だと言う事です。
またニュース女子に関して、安田浩一・シバキ隊の野間易通が取材と称して、沖縄在住の我那覇真子さんの自宅に押し掛けたと彼ら自身が公表しました。
我那覇さんは不在のようだったそうですが、若い女性の自宅に反日活動家と言うかシバキ隊と言うゴロツキが訪問した。
彼女にとってこれは恐怖だと思います。
彼女の住所が流失してしまった。彼女が引越しを余儀なくされるのではと危惧します。
安田浩一など沖縄反基地活動家はヤクザと変わらない・反社会勢力だと言うのがこれではっきりしました。
怒りに震えます。
しかし我那覇真子さんはこんな事ではめげません。日本女性・なでしこの強い意志を表明してくれました。
のりこえネット」辛某の人権侵害・在日に対するヘイトだと主張することに反論しました。
2月24日に記者会見、28日に沖縄で「MXテレビニュース女子」の真実と言う緊急講演会も行うそうです。
また「のりこえネット」の辛某に対し2月22日の回答期限で公開討論の申し入れ・また公開質問状を送付したそうです。
内容は辛某を過激な活動家を沖縄・高江に送り込んだ張本人だと批判し、また「沖縄を日本の植民地と言い、ありもしない沖縄ヘイトに論理をすり替えた。日本国民である我々沖縄県民が在日朝鮮人である貴方に愚弄される謂れがどこにあろうか」と強い調子で糾弾しました。
今まで在日朝鮮人と言うと、腫物に触るような対応しかして来なかった日本メディア・評論家・コメンテーターに対して、今回沖縄から反撃の狼煙が上がりました。
我那覇真子さんは沖縄県民であり、日本国民であり、立派な日本女性・撫子です。
誇りに思います。
我々も反日勢力に負けずに頑張らねば、若き我那覇真子さんに教えられました。

以下の記事は箸休めと言ったものです。
気楽に読んでください。
昨日午前中に公開したブログで、出家すると言う女性タレント(清水富美加)が信仰する宗教団体・幸福の科学について述べました。
教祖による「霊言インタビュー」シリーズで新たな新刊が刊行されるのではと思ったからです。
タイトルは「金正男・霊言インタビュー」です。
もし本が刊行された場合、正男さんの霊に対するギャラはどうなってるのかと気になったので、昨日ブログで述べてみました。
昨夜何気なくTBS「新・情報7daysニュースキャスター」を見ていました。
その中でビートたけしさんがこんな事を述べていました。
「(教祖・大川氏が)俺の守護霊と対談した事がある。守護霊に印税くれないのかな。」
僕は思わず笑ってしまいました。
霊言インタビューでは霊に対するギャラは発生しない。
いい商売ですね。
実は僕の守護霊が金正男さんの霊の言葉を耳元でささやきました。
だから昨日この話題に触れたのです。
「マサオはノーギャラではインタビューを受けないと言ってる。大川氏に伝えてくれ。」
ある意味僕の「守護霊インタビュー」です。
信じるか信じないかはあなた次第。
なんちゃって。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

関連記事

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 幸福の科学 清水富美加 のりこえネット 金正男 ビートたけし 我那覇真子 新・情報7daysニュースキャスター

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-