日米首脳会談にぶっつけてきた北のミサイル発射 追記あり

今朝早朝に、北朝鮮が中距離と思しきミサイルを日本海に向けて発射したと言う速報が入りました。
日米首脳会談開催中に北朝鮮がミサイルをぶっ放したのは偶然ではないでしょう。
日米両首脳が北朝鮮の拉致問題の重要性について完全に一致した、と報じられた直後の北朝鮮によるミサイル発射です。
この時期を狙ったのは明白です。
当初危惧されたICBM(大陸間弾道弾ミサイル)の発射でなかったのは、さすがにトランプを挑発する根性が金正恩になかったと言う事です。
オバマ政権では極力軍事的オプションを避けてきました。
シリアでは軍事力を行使すると言っていながら最後に腰砕けに陥り、自称イスラム国の台頭を許してしまいました。
中国の南シナ海での傍若無人ぶり、北朝鮮の核開発なども、オバマの負の遺産の一つです。
しかしトランプさんは、軍事力を行使すると思います。
中国との南シナ海での軍事衝突も現実化するのではと、素人ながら危惧してます。
北朝鮮の将軍様の首を取りに行くのも彼は躊躇しないと思います。
北朝鮮のミサイル発射を受けて、安倍さんとトランプさんの直接対話。
メディアにどこまで明かされるか分かりませんが、東アジアの危機であることは明白です。
我々は準備すべき時かもしれません。

沖縄基地問題で反対派の実像を報じたニュース女子が、放送倫理・番組向上機構(BPO)に訴えられました。
「のりこえネット」の共同代表の辛何とかが、「反対派の黒幕」と言われた事に怒り狂いBPOに訴えたようです。
この問題は東京新聞も社説で「謝罪文」を出したり、沖縄タイムスは番組の「65歳以上は逮捕覚悟で反対を、と反対派が言ってる」と放送した事に、裏取り取材がないとして、根拠を示せと番組を批判しました。
しかし沖縄タイムス自身が以前、そう報じていた事が明るみに出てしまい墓穴を掘る結果になってしまいました。
朝日新聞など左派系メディアは、BPOがMXテレビのニュース女子について、審議入りを決めたと一斉に報じました。「番組では、反対派をテロリストみたいに表現した放送内容に、批判が殺到していた。」と番組を批判的に報じています。
しかしBPOの発表をよく見ると「審議はするが、勧告や見解を出す『審理入り』は見送った。」としています。たぶんBPOはこの問題に深入りすることを避けたのではと思われます。
インターネット上ではBPOの委員の経歴が流れ出して、全員左翼系だと話題になっています。
左翼の基地反対派の不満のガス抜きをする為、左翼系のBPO委員たちが「審議」でお茶を濁す、そう言う事だと思われます。
今回「のりこえネット」が騒いでくれたお陰で、沖縄の反基地運動の真実、また金の流れ等が白日の基に明かされる。そう言う機会になればと、僕はこれを好機だと捉えたいと思います。
今まで沖縄の反基地運動家の犯罪、暴力を地上波はまったく報じませんでしたが、BPOが「審議」する事でこれらを明らかにするように、我々は地上波のテレビ局に圧力を掛けなければいけません。

追記
今回の安倍総理とトランプさんの首脳会談について、米国のメディアが大きく報じています。
これまで日本の首脳が米国に行っても、米メディアはほとんど報じる事はありませんでした。
しかし今回は違います。
G7の首脳の中で安倍さんはドイツのメルケル首相に次いで二番目の古参になります。
産経新聞の阿比留さんのコラムによれば、トランプさんは安倍さんを通じて国際社会を学び、各国の首脳は安倍さんを通じてトランプさんを知る事になる。
日本の安倍総理が各国首脳のキーマンになると言う事です。
日本のメディアはもっとこの辺の事を報じるべきではないでしょうか。
朝日新聞は嫌がるかもしれませんが・・・。

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

関連記事

テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 朝日新聞 北朝鮮 BPO ニュース女子

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-