竹島上陸 慰安婦像 韓国人の身勝手な主張を考える

今月開かれた国会で、蓮舫が和服姿で登場した事に、違和感を覚えた方も多かったのではないでしょうか。
昨年は二重国籍問題に揺れた蓮舫です。「私は日本人だ。」とアピールする姑息な思惑があると誰の目にも明らかでしょう。
ネット上では国会議員バッチをつけてる位置がオカシイと話題になっていました。
蓮舫の和服姿・・・やっぱり違和感を感じざる負えません。
そんな蓮舫は、二重国籍問題で公職選挙法違反の疑いで告発されましたが、不起訴処分とした東京地裁は「不当だ。」として、女性団体「愛国女性のつどい花時計」が27日午後、検察審査会に申し立てを行ったと報道されました。
今後一般国民から選ばれた審査員が判断することになるそうです。
公職についていながら二重国籍疑惑が晴れておらず、戸籍謄本などの証拠書類開示を蓮舫は拒んでいます。
選ばれた審査委員の方々は、ぜひ一般国民としての目線で判断してほしいものです。

韓国で竹島を管轄する南東部慶尚北道の金寛容知事が竹島に上陸し、国旗掲揚台の前で警備隊員と国歌を斉唱し、昼食を共にし警備隊員を激励したとい報じられてます。
昨年末から慰安婦像設置問題で日韓関係は悪化していますが、ここに来て知事の竹島上陸でさらに日本を挑発しています。
昨日述べましたが、河野洋平は「日韓関係を悪化さてるのは日本」と安倍政権を批判してますが、どう考えても問題は韓国側にあるのは明白です。
金知事「(竹島に)慰安婦像の設置は不適切だ。場所だけは慎重に考慮すべきだ。感情ではなく慎重にならねばならない。」と竹島に上陸し日本を挑発しておきながら、こんな事を述べるとは厚顔無恥と言わざるを得ません。
竹島に慰安婦像を設置しようとした韓国の地方議員のインタビュー記事が「週刊ポスト」の乗っています。
インタビューに答えたのはミン・ギョンソン地方議員。
「竹島に慰安婦像を設置するのは、島を日本の略奪から守る為、また歴史歪曲が繰り返される慰安婦問題に、日本が真剣に取り組むよう促すのが目的だ。」と自分勝手に述べてます。
日韓関係が悪化することに対しては「外交的な事は政府や国が何とかしてくれる。」
無責任なもの言いに呆れてしまいます。
日韓通貨スワップ協議中断については、「韓日は経済的に密接な関係にある。経済についてはその枠の中で進めていくべきで、それを他の問題と一緒にすべきではない。」
週刊ポストは「(慰安婦像を竹島に設置しようとする)首謀者との珍問答」と述べてます。
先の竹島に上陸した知事にも言える事ですが、韓国は日本を非難する事、糾弾する事はなんでもやる、しかし経済問題は別で日本は日韓通貨スワップを結び、韓国経済を助けるべき、と言う身勝手な見解です。
発展途上国の人だってこんな身勝手な発言はしません。
やはり韓国人は特殊な精神構造を持っているとしか思えない。
こんな民族と無理矢理友好関係を結ぶとする事が間違いです。
韓国と友好関係を結ぼうとする度に日本の国益を失います。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

関連記事

テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 慰安婦 蓮舫 日韓通貨スワップ

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-