日韓合意から間もなく一周年

オスプレイの不時着事故に関して、今日のTBS・報道特集は酷かった。
特に金平茂紀氏の取材は反日全開です。
彼はオスプレイ容認派を「墜落を不時着と言い換えている。」と非難しました。
インタビューしてる人間も反基地・反対派だけで番組を進行してます。
この金平氏は以前「放送法遵守を求める視聴者の会」からTBSは偏向している、よって公開討論しようと呼びかけられているにも関わらず逃げ回っている人物です。
公開討論から逃げ回っているにも関わらず、TBSの番組では偉そうに「墜落を不時着と言い換えてると」と基地容認派・安全保障上沖縄には米軍基地が必要だとする勢力を批判しています。
今回のオスプレイの事故は墜落なのか?
彼は番組の中で波打ち際のオスプレイの残骸を「これだけバラバラになってるのは墜落以外考えられない。」と言う趣旨の事を番組で堂々と述べています。
整理すると今回のオスプレイの事故は、オスプレイの設計上の欠陥で起きた訳ではありません。
空中給油訓練中に乱気流に見舞われ、給油のホースがオスプレイのプロペラに当たりプロペラを破損したのが原因です。
機体を正常に保てなくなったのでパイロットは住宅地を避け、また救助がしやすい波打ち際に不時着したと言うのが正しい言い方です。
ではなぜ機体はバラバラになったのか。
オスプレイは車と同じで、衝撃があった時ボディーを壊れやすくして衝撃を吸収し、乗組員を守るように設計されてると思われます。また機体を軽くするために炭素繊維を使用しています。
波打ち際に不時着しその衝撃で機体は破損し乗務員の安全を守り、破損した機体は波の力で徐々にバラバラになっていったと思われます。
乗組員はケガ人はいましたが死者は出ていません。金平氏の言う様に墜落してあれだけバラバラになったら死者が出てもおかしくはありません。
民間機のパイロットだったら、今回の判断は英雄視されますが、米軍のパイロットだと犯罪者扱いです。
国民の貴重な財産である放送電波をこんな人間(金平茂紀氏)に使わせていいのか、彼のイデオロギーの拡散のために使わせていいのか。
怒りを覚えます。

今日の産経新聞は日韓合意から間もなく一年になると報じています。
最終的かつ不可逆的解決を確認し、日本側は合意内容を履行して10億円を韓国側に拠出しました。
日本側は合意を100%履行しました。
しかし韓国の次期大統領候補が「日本が法的責任を認め、謝罪をより明確にする新たな協議が必要だ。」と言い出しています。更に「安倍総理からの謝罪の手紙をよこせ」とも言い出しています。
日本大使館前に不法設置されてる「日本を貶める為の少女像」は撤去も移転もされずそのままです。
もっと言えば慰安婦問題は解決どころか、慰安婦像は増殖を続けているそうです。
今年8月現在韓国国内40ヵ所、国外11ヶ所に慰安婦増が設置されてるそうです。
さらに韓国南部・プサンでは日本総領事館前の歩道に慰安婦像が設置されるかもしれないと報道されています。
日本公館の前の慰安婦像設置は、ウイーン条約違反です。
日韓合意から一年ですが、まさに韓国と合意など非現実的だと言う事が証明されました。
日韓合意の唯一のメリットはそう言う事かもしれません。
その為の授業料10億円、安いか高いか。
どうでしょう。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

関連記事

テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 日韓合意 慰安婦 オスプレイ 金平茂紀 放送法遵守を求める視聴者の会

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-