朝鮮大学校が日米壊滅を示唆

沖縄県東村高江では、ヘリパッド工事に反対する活動家が県道を違法に封鎖してる、と先日述べました。
18日の琉球新報にこんな記事が載りました。
「男が抗議市民殴る。二人けが」
え!、基地容認派と衝突したのかと思いましたが、記事を読むと違うようです。
記事によると「東村民を名乗る男は車で通ろうとした時、工事関係者かどうか確認しようとした市民らに通行を止められた事に激高した。」そして止めた男性とそれを撮影しようとした女性の二人を殴ったと言う事です。
大体この記事はおかしいです。
まず反対派がどんな権限で県道を封鎖して検問しているのか、これは違法なのではないのか。これについては琉球新報は一切述べていません。
また活動家を市民と呼ぶのはいい加減にしてほしいものです。
ネット上では殴った男性は「地元東村民」で、殴られた男は他の地域から来た活動家、また女性は県外から来たプロ市民のようだと報じられてます。
反対派の違法行為は目に余るものがあります。
地元民からしたらなんで公道を通行するのに、よそ者のプロ市民に検問を受け、お伺いを立てて通行させてもらわなければいけないのか、頭に来るのも理解できます。
東村の地元民と基地反対派が衝突し流血騒ぎになったら、反対派の違法行為を容認してきた沖縄県警の責任です。
二人のプロ市民は、名護署に被害届を提出したそうです。
名護署の対応に注目したいと思います。

今日の産経新聞は、朝鮮大学校が5月、日米壊滅を目指す手紙を北朝鮮の金正恩に送っていたことが分かったと一面で報じています。
東京都が平成25年に行った調査では、これらの学校が「朝鮮総連」の強い影響下にあると結論付けています。
小池都知事は朝鮮学校。大学校の認可取り消しを視野に入れて検討してるようだと、先日このブログでも述べました。
産経によると、朝鮮学校を初めて各種学校として認可したのは美濃部都知事だそうです。
当時文部省は朝鮮大学校などについて「各種学校として認可すべきでない。」との事務次官通達を出していたそうです。
しかし美濃部氏は認可を決める文書を決済する際、文部省の通達部分の下りをペンで消しているそうです。
美濃部氏は政府の意向を無視して、強引に朝大の認可に踏み切ったと記事は述べています。
朝鮮大学校は以降、固定資産税などが免除され。税法上の優遇措置を既得権益として享受していくことになります。
美濃部氏が朝大を各種学校として認可した頃、朝大の寄宿舎一号館一階101号室に朝鮮総連幹部を輩出した「在日本朝鮮青年同盟」朝大委員会支部があったそうです。
朝鮮大学校朝鮮総連が一体化していたという事です。
小池都知事は、24年に都議会で朝大認可の見直しを求めた元都議・野田数氏を特別秘書に据えました。
野田氏は産経の取材に対し、「(この問題を取り上げた時)自民党幹部からこんな質問はするなと、ものすごい剣幕で取り下げを求められた。」と証言してます。
小池都知事といえば豊洲新市場問題ばかり報じられてますが、小池氏が朝鮮学校認可問題の闇にどこまで切り込めるか、こちらの方も注目です。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

関連記事

テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 朝鮮大学校 朝鮮総連 琉球新報

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-