FC2ブログ

蓮舫氏の二重国籍とネット報道

蓮舫氏が今日の記者会見で二重国籍を認めました。
いまさら何を言ってるんだとの声が聞こえそうです。
結局彼女はこの疑惑から逃げ切れなかったという事です。
もともとはネットニュース・アゴラに載った八幡和郎氏の記事が出発点です。
産経新聞や系列の夕刊フジがこの記事を紹介しましたが、他のメディアは無視しました。
しかしネット上で話題が大きくなると、他のメディアも徐々に報じ始めました。
彼女は日本テレビで「台湾籍は抜けてます。」と明言しました。
過去の雑誌インタビュー記事「私は台湾籍。」との発言は「台湾籍だった。」のが正しく、雑誌編集者のミスだと言い張りました。
その後朝日新聞インタビューや機内雑誌のインタビューなど、「台湾籍」と取れる発言が明らかになって来ました。
追い詰められた蓮舫氏は「台湾籍が抜けてない可能性がある。今台湾側に問い合わせている。」と発言を修正してきました。
そして今日「二重国籍」を認めました。
当初彼女はネット記事だからと甘く考えていたのでしょう。
二重国籍議論に途中参戦した朝日新聞は、蓮舫氏を擁護する記事を載せて彼女を援護しました。
二重国籍問題を取り上げるのは「差別主義者の右翼だ」と、朝日や民進党寄りの評論家は事態の鎮静化を図りましたが、報道はネットを中心に拡大して来ました。
彼女が「台湾に確認してるので時間がかかる。」と言えば、ネット上では「台湾の官報はネットで閲覧できる。」として彼女が主張してた籍を抜いた時期の官報を調べ、彼女の名前がないことが明らかになってしまいました。
そして今日ようやく二重国籍を認めた訳です。
政治家にとって嘘つきは国民に対する最大の裏切りです。
米国の大統領候補、ヒラリーは健康問題でメディアを賑わしているようですが、もともと彼女はメール問題など「嘘つきヒラリー」と言われ、いまだに支持率が低迷してる原因の一つです。
どうも民進党に所属する議員はエリート意識やプライドが高く、自分の非は認めないようです。
蓮舫氏のプライドの高さを感じるのは僕だけでしょうか。他人を攻撃するのは得意ですが、矛先が自分に向かうと煙に巻いて逃げ回るようです。
結局、大手新聞社、テレビ局が報道を控えている中とうとう蓮舫氏が「二重国籍」を認めました。
今回の事態は一言で言うとネットの勝利です。

韓国紙・朝鮮日報が先日亡くなった加藤紘一元官房長官について追悼記事を載せていました。
「旧日本軍の慰安婦問題について、日本政府で初めて罪を認めた。」と記事は紹介していました。
河野洋平氏と共に穏健保守派を代表してきた人物だ。宮沢政権時代の1992年、官房長官として慰安所の設置、慰安婦の募集などに日本政府が関与したと言う内容の『加藤談話』を発表し、慰安婦問題に対する日本の責任を初めて認めた。これを土台として、翌年にはさらに進展した内容の『河野談話』が発表された。」
そう記事は述べていていました。
故加藤氏は、日本では売国奴扱いの河野洋平氏ともども「良心的日本人」として、韓国の反日に寄与し、今後も彼ら韓国人の中で生き続けていくことでしょう。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

関連記事

テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 蓮舫 韓国 朝日新聞 加藤紘一 河野洋平

コメント

非公開コメント

No title

蓮舫氏がこのまま続投せず、ネット民が納得するような処遇を受けなければ、勝利とは言えないと思います。被選挙権の剥奪が望まれます。出来れば、二重国籍者として政治をかく乱させたとして、国外追放してほしいです。厳しいところを見せないと、後々悪用されることです。また、政治家を続けられなくなって、このまま日本に居続ければ、反日活動を始めるかもしれませんから。
プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-