FC2ブログ

日韓通貨スワップと韓国の海運会社破たん。

G20が行われていますが、先ほど北朝鮮が日本海に向けてミサイル3発を発射したと速報が入りました。
日本人が北のミサイル発射に麻痺してしまう事を危惧します。
中国の尖閣諸島侵入の報道が徐々に少なくなっているのも気がかりです。
今日の産経新聞に櫻井よし子氏のコラムが載っていました。
「自衛隊の大規模改革を急げ」と氏は述べています。
アメリカは中国の尋常ならざる軍拡に対抗すべく国防戦略を見直してる。と氏は述べてます。
戦後日本の安全はアメリカが担ってきた。日本人は空気を吸うようにそれを当然だと思ってきた。しかし他国依存の安全保障は異常事態です。
アメリカは保護主義に傾き、徐々に日本の防衛から手を引いていく可能性が大だと僕も思います。
オバマ政権も日本も手をこまねいた結果、中国の覇権は東・南シナ海で拡大してきました。
2020年、東京オリンピックまでに日中の軍事力の差は1対5に拡大すると櫻井氏は主張してます。
力をつけた中国が日本を恫喝し、ミサイルを大量に打ち込み、日本が防衛できない状況に追い込む。日本側は弾薬備蓄が少なく底をつけば、我が自衛隊は中国人民解放軍の軍門に下ることになります。
櫻井氏によると、かつてモンゴルを占領した中国はモンゴル軍にチベットを攻めさせたそうです。日本をおさえた段階で、中国は自衛隊を中国の先兵として前線に送り出すだろう。そうなれば悲惨な状況になる。
中国は、東シナ海の中間線上にプラットホームを建設しレーダーを配備、その上空では中国戦闘機による自衛隊機に対する攻撃的接近、また尖閣諸島へ押し寄せる海上民兵。これらは現実です。
自民党の歴史的使命は、この大危機の前で、憲法前文と9条2項の改正が日本の運命を決することを国民に説く事だと、櫻井氏は主張してます。
民進党の代表選で、蓮舫氏は「私はバリバリの保守だ。」と述べながら昨日のテレビ番組では、「平和主義は守る。9条は守る。」と述べてます。
何を考えているのだろう。
現実の脅威に何も感じない民進党に、日本の未来を任せるわけにいきません。

日韓通貨スワップ協定がまた結ばれそうです。
そんな中今日、韓国の海運最大手が破たんしたと報じられました。
今後の未払いを恐れて、世界の港湾で同社が運航してる貨物船が立往生してるそうです。
コンテナの積み下ろしやタッグボートの業者が同社の支払いを危惧して、作業を拒否してるためです。
韓国政府がどこまで救済できるか不透明です。結局日本が肩代わりする事になるかもしれません。
今日の産経新聞に加藤達也氏のコラムが載っていました。
氏によると「(日本と競合して)第三国に売り込みをかける韓国のゼネコン、プラントメーカーは、日本のメガバンクの資金調達に全面依存してる。」ことを韓国経済人から聞いたと述べています。
氏によれば、日韓通貨スワップ協定が発動されれば「なぜ日本は素早く金を出さないのか」「日本の銀行は韓国から資金を引き揚げるのを止めろ。」と主張するだろうと述べてます。
1997年韓国が国家破たんしてIMFの支援を受けた時「日本は韓国から真っ先に資金を引き揚げて韓国経済の息の根を止めた。」「外貨融資を要請しても応じてくれ無かった。」と未だに日本批判を繰り返しているそうです。
これについて、当時を知る日本側の関係者は「我々は官民で対韓融資の維持に走り回り、ウォンの買い支えもした。」と憤っているそうです。
自国の経済破綻も日本のせいだと非難し、またなぜ韓国を助ける為にすぐ金を出さないのだと非難する。
感謝という事を知らない韓国に救いはありません。
そんな韓国と、日本はまた「通貨スワップ協定」を結ぼうとしています。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

関連記事

テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 日韓通貨スワップ

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-