FC2ブログ

「帝国の慰安婦」名誉毀損裁判。

昨日、慰安婦問題についての学術書「帝国の慰安婦」をめぐり、元慰安婦らへの名誉毀損罪で在宅起訴された韓国の朴世宗大学教授の公判が行われました。
産経新聞によると、検察は、冒頭陳述で「慰安婦の本質は売春、慰安婦と日本軍の関係を同志的、協力的関係」などとした同書の表現は虚偽事実であり、名誉を棄損した。と指摘したそうです。
1993年の「河野談話」や96年の国連人権委員会の「クマラスワミ報告書」などが慰安婦の強制連行を認めたとし、「被害者(元慰安婦)は自発的に日本に協力しておらず、著書は虚偽性がある」と検察は主張しました。
裁判長は問題の部分が真実か、意見の表明か、名誉毀損に当たるか、などが争点となると記事は述べています。
韓国司法と言うより韓国全体が、真実より反日感情、情緒が優先します。
検察が取り上げた「河野談話」は作成経緯がいい加減で、韓国とすり合わせしたなど、韓国の要望を時の宮沢総理、河野洋平が受け入れて作られたと言うのが明らかになっています。
また「クマラスワミ報告書」が根拠とした、吉田清治の著作は作者・吉田自身が「ねつ造だ」と告白してます。またそれを取り上げた朝日新聞も記事を取り消しました。
しかし「クマラスワミ報告書」も韓国も「吉田の著作はデタラメ」を受け入れず、真実として扱っています。
問題は朴教授の弁護士も「吉田の著作はデタラメ」と言う事実を取り上げて反論していないことです。
この事を取り上げて検察に反論したら、韓国で生きていけなくなってしまうと、弁護士は恐れているようです。
朴氏は出版の目的を「誤った認識で若者が(日本に対し)敵意を抱き、韓日関係が悪化するのを座視出来なかった」と述べたそうです。
「誤った認識に侵されているのは」若者と言うより、韓国司法関係者のほうが深刻なようです。
残念ながら、朴氏の有罪は既定路線だと思います。
形ばかりのナンチャッテ裁判です。

産経新聞WEBでジャーナリスト・加賀孝英氏が9月上旬中国で行われるG20で、米国、仏国が東シナ海・南シナ海問題を取り上げそうだと述べていました。
中国で行われるG20で、各国から南シナ海での中国の暴挙に対する批判の声が上がれば、習近平のメンツは丸潰れで、失脚は免れないと各紙が報じています。
G20成功のため、中国は参加国に「テーマは経済問題に絞る」と言って、中国が袋叩きになる南シナ海問題は取り上げないように、必死に水面下で根回し、土下座外交を展開しているようです。
しかし米国は強気だと、外務省関係者は述べてるそうです。
「米国、仏国はG20で南シナ海問題を取り上げる意向だ。また親中政策を見直しているテリーザ・メイ首相が率いる英国も、米仏に同調し始めている。」だそうです。
習近平は崖っぷちに立たされている。
安倍総理中国と取引してはならない。毅然たる態度で、東シナ海、南シナ海問題を議論するべきだ。それなくしてG20の存在意義はない。
加藤氏はそう述べています。
この事に関係するのかどうか分かりませんが、ロシアのプーチン大統領が年内来日して安倍総理の地元・山口を訪問することが決まったそうです。
日ロの接近がG20開幕寸前に報じられました。
安倍さんのしたたかさを思わせる記事です。
後はG20で安倍さんが、中国軍による尖閣諸島・領海侵犯問題を取り上げれば完結します。
G20は注目です。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

関連記事

テーマ : 危ない南シナ海
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 慰安婦 朝日新聞 中国 安倍総理 帝国の慰安婦

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-