FC2ブログ

蓮舫氏の二重国籍疑惑。

今日のネット記事に蓮舫氏の二重国籍疑惑が問題になっていいます。
夕刊フジも報じているようですが、こちらは見ていません。
アゴラに評論家・八幡和郎氏が記事を載せていました。
八幡氏は蓮舫議員の事務所に問い合わせたが、明確な否定の回答が得られなかったため、この事を報じたとしています。
記事にもありますが、蓮舫氏の父は台湾出身で母親は日本人です。
蓮舫として日本で生まれましたが、北京大学に留学したりして親中国派ともいわれています。
日本国籍を習得したのは間違いないですが、中華民国の国籍を手放したのかが不明だと記事は述べています。
日本人と結婚した蓮舫氏は、村田蓮舫と言う本名があるにもかかわらず村田姓を名乗らず、二人の子供にも中国風の名前をつけている華人意識の塊だと記事は述べています。
二重国籍が法的にどうのこうのと言う前に、国会議員として日本人が彼女に貴重な一票を与えたのに彼女は二重国籍だったとしたら、有権者への裏切りだと言われても仕方ありません。
八幡氏はこうも述べてます。
「かつて年金問題では加入していない期間が短期だと言うだけで政治家として不適格といわれたものだ。国籍問題は、年金問題とは重大性が根本的に違うし、違法状態があれば政治家としての資格がない。」
中国や台湾は尖閣諸島は自国領と主張しています。
蓮舫氏は現在民進党の代表に一番近い人物だそうです。また民進党が政権を取ったら総理大臣を目指していると言われています。
自衛隊の最高指揮官が台湾・中華民国の国籍も持っていて尖閣有事が発生したら、自衛隊員は台湾籍の総理大臣の指示に従う事になります。
蓮舫氏の事務所だけでなく民進党全体として、蓮舫氏の二重国籍問題に関して明確な答えを出すべきです。
現在の所蓮舫氏の二重国籍問題は、あくまでも疑惑です。
ただ民進党には帰化した議員が本当に多い。
彼らは外国人の地方参政権の実現を目指してうごめいています。
そんな中の蓮舫氏の二重国籍疑惑です。

慰安婦問題に関しての日韓合意を受けて、日本側は10億円の拠出を決めました。
もうすぐ韓国側が運営する財団に支出します。
日韓両政府は「不可逆的解決であり、今後この問題は蒸し返さない。」としています。
しかし韓国の自治体や市民団体では慰安婦問題を蒸し返す動きが止みません。
韓国ソウル市などが市内の「韓国統監管邸」の跡地で造成していた公園「記憶の場」が完成し、昨日記念式典が行われたと、今日の産経新聞が報じています。
式典には元慰安婦やソウル市長、市民団体らが集まり、「不可逆的解決」を謳った日韓合意の反対を訴えていました。
この公園は今後「歴史教育の場」として反日教育に活用していくそうです。
日韓合意の「不可逆的解決、二度と蒸し返さない」は事実上骨抜きになっています。
また日本は感謝されない「日韓通貨スワップ」も締結してしまいそうです。
ずいぶん前、石原慎太郎氏が議員を辞職する時、演説した言葉を思い出しました。
「今の日本はあたかも去勢された宦官(かんがん)のようだ。」


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

関連記事

テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 蓮舫 日韓合意 石原慎太郎

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-