FC2ブログ

沖縄が琉球国になる日。

ここ数日、沖縄・尖閣諸島での中国公船や偽装漁船の報道が見当たらなくなりました。
もともと朝日新聞などはあまりこの件では報道しませんでしたが、積極的に報道していた産経新聞もここ数日報道していません。
毎日現れていた中国公船が、急に現れなくなったとはとても思えません。
意図的に日本政府が情報統制を敷いているのだろうか。
疑問を覚えました。
それとも「嵐の前の静けさ」でしょうか。
先日産経新聞WEBに軍事アナリスト・毒島刀也氏がトランプの「日本から米軍を撤退させる。」との発言を受けて現実化したら、沖縄はどうなるかシミュレーションしていました。
米大統領が海外駐留する米軍の引き上げ交渉を開始。
在日米軍は20××年×月までの完全撤退で合意する。
これを受け中国政府は、沖縄→南シナ海→台湾を進行する「東方侵攻作戦」を策定する。
1日目
沖縄潜伏中の中国人工作員が同時多発テロを仕掛け、時を同じくした中国共産党の息がかかった沖縄極左団体「琉球救国委員会」が勝手に会見動画をUPして、中国に「沖縄の治安維持と独立支援」を要請。
観光客や留学生に扮した中国軍特殊工作部隊が沖縄のインフラ施設を破壊。企業旅行や社員研修で潜伏していた中国軍空挺部隊3個大隊(2100名)も加わり、自衛隊施設、警察署を奇襲する。
日本国総理大臣が自衛隊に治安出動を命じたが、空自の那覇基地など沖縄の自衛隊基地は奇襲を受け使用不可能。その間に中国本土から複数の戦闘機、輸送機が沖縄に飛来する。
空自機は航続距離の関係でスクランブル発進を断念またイージス艦も単体での対空戦を戦えない。この段階で中国軍が沖縄の制空権を掌握する。
海では大量の中国艦隊の沖縄接近が確認されたが、海保、海自は大量の中国偽装船団に阻まれ対応に苦慮する。
2日目
占領された港湾に中国陸軍本体が上陸。中国軍に制圧された沖縄県庁は「臨時琉球政府」を名乗り、戒厳令を発令する。
中国軍は「琉球救国委員会」の要請に応じたのであって、中国政府とは無関係と、世界に声明を出す。
3日目
中国の支配下に置かれた沖縄県知事は「琉球臨時政府」が成立し日本から独立した事を宣言する。さらに知事は騒乱を収めるために中国政府に公式に救援を要請する。これを受けて中国は「琉球臨時政府」に対する攻撃は中国への攻撃とみなすと宣言する。
毒島刀也氏はこうシミュレーションしています。

この後沖縄はチベット・ウイグルのように、中国から様々な弾圧、粛清が行われ、多数の沖縄県民が犠牲になります。

現沖縄では翁長知事以下多くの活動家が、反米、反日、米軍撤退、琉球独立を目指し国連などで工作活動をしています。
沖縄メディア、左翼団体などは背後から中国マネーを受けて大ぴらに活動しています。
これはシミュレーションではなく現実です。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

関連記事

テーマ : 危ない南シナ海
ジャンル : ニュース

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-