FC2ブログ

日本から韓国外相への手土産10億円

北朝鮮が昨日潜水艦ミサイル(SLBM)を発射し、日本の防空識別圏内に着弾させました。
以前の報道では北のSLBMは失敗した。まだまだ技術的には難しいのではと、各紙が報じていましたが、なんと今回ほぼ成功したと各紙が報じています。
今までの報道は何だったんだと憤慨してるのは僕だけでしょうか。
そんな中、日本で日中韓外相会談が昨日行われました。
そしてそれに合わせるかのように、日本は日韓合意の履行のため、韓国への10億円の拠出を閣議決定しました。
ひねくれ者の僕は、韓国尹外相への手土産の10億円ではと勘ぐっていしまいます。
五輪招致ではありませんが「日本流のおもてなし」と言うことでしょうか。
昨日、新日日鉄住金に対しソウル中央地裁が賠償命令を出したと述べました。
今日の産経新聞WEBによると、太平洋戦争中に朝鮮半島から徴用された韓国人14人の遺族らが、三菱重工で過酷な労働を強いられたとして、同社に損害賠償を求めた訴訟の判決で、ソウル中央地裁は今日、同社に対し一人当たり800万円の支払いを命じたそうです。
韓国司法で日本企業が勝訴することは無理です。
日本企業が裁判所の判決に従わなければ、韓国内にある日本企業の資産差し押さえまで、彼らはやってくると思います。
岸田外相は毅然として、日本企業への理不尽な判決を韓国尹外相に抗議したのでしょうか。
韓国尹外相に10億円の手土産を持たせて帰国させてる場合ではないはずです。
今のところ、岸田外相が抗議したとの報道が聞こえてきません。

昨日、中国王外相と韓国尹外相の会談が行われましたが、尹外相に対し王外相が厳しく叱責したようです。
韓国が導入を決めたTHAADに対して、中国は再三に渡って白紙に戻せと恫喝してるようです。
韓国人のDNAの中には、未だに「中国は我々の宗主国だ」と刻まれています。
朴槿恵大統領がとった親中、反日の外交戦略が自国を窮地に立たせてる。と今日の産経新聞が報じていました。
「商用ビザが取れない。韓流イベントが中止された。投資交渉が打ち切られた。」など韓国側から悲鳴が上がってるようです。
活況を呈していた韓国の対中ビジネスが軒並み頓挫してるそうです。
現在の中国国民の間では「安全保障は米国と手を結びながら、中国で金儲けばかりしてる。」という反韓感情が浮上してると、記事は伝えてます。
韓国メディアは以前の反日デモを引き合いに出して、もうすぐ韓国に対する暴動が起こるのではと報じています。
「(朴政権は)反日で国内の人気をとり、親中で経済を立て直すというのは都合がよすぎる。バランス外交を取らなかったツケが回ってきた。」
韓国メディアはそう自嘲気味に述べたそうです。
僕は、バランス外交と言う、いわばコウモリ外交を行ってきた為に、韓国は自分で窮地に追い込んだと思っています。
朴政権が中国の恫喝に耐え切れず、THAAD配備を見送ったらそれこそ世界の笑いもになるでしょう。
中韓憎愛ドラマが最終回を迎えようとしています。
ぜひ見逃さないようにしたいと思います。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

関連記事

テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 中国 反日 朴大統領

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-