FC2ブログ

今になって中国の脅威にビビる韓国

今日の産経新聞は、尖閣諸島周辺の接続水域に中国海警局の公船6隻と中国漁船230隻を確認したとして、外務省が在中国大使館公使に抗議したと報じています。
数百隻規模の漁船群が公船と同時に長時間にわたりとどまるのは異例だそうです。
一応は漁船・漁民を装っていますが、ほとんどは武装した海上民兵が乗った偽装漁船だと思われます。
南シナ海でも偽装漁民を利用して勢力拡大してきました。
同じ事を東シナ海・尖閣諸島でも行うと言う事です。
中国が大量の偽装漁船を投入すれば、海上保安庁による対応は事実上無理です。
さらに産経新聞は東シナ海・日中中間線にある中国によるガス田開発、日本側は構造部の拡張をしないように中国に中止を申し入れていましたが、ヘリコプター用のプラットホームが完成してしまいました。記事はさらにレーダー施設が作られたら、中国軍の監視能力を一層高めることになると書いていましたが、今日午前中に時事通信が、このガス田施設にレーダーが設置されたと報じました。
沖縄本島を含め自衛隊や米軍の活動が補足されることになります。
中国の華報道官は日本の抗議に対し「現状の状況に冷静に対応し、緊張を高める行動を取らないように強烈に希望する。」と述べています。
仲裁裁判所の裁定を「紙くず」と一蹴した中国です。
日本の左派系メディアは9条を守り、話し合いで解決と主張してます。
民進党の代表選に出馬表明した蓮舫氏は、「9条は守る。」と断言しました。
話し合いで解決と軍事的オプションを躊躇したオバマ政権が、南シナ海での中国による埋め立てを許してしまいました。
彼らが南シナ海問題を明日の尖閣諸島だとなぜ考えないのか、僕には理解できません。

今韓国メディアも中国脅威を連日報じています。
今まで中国は日本批判を繰り返し、反日で連携する韓国とは笑顔で握手し、蜜月関係を築いてきました。
ところが韓国が中国の反対を押し切りTHAAD配備を決めたとたん、韓国に牙をを向いてきたと連日報じています。
韓国紙・朝鮮日報・金顧問のコラムの言葉を紹介します。
「500年以上前朝鮮の王が中国の使者にひざまついた時の彼らの嘲笑の表情を想像した。中国は自国の利害がかかわる問題では、いつも帝国として周辺国に君臨する『恐ろしい隣人』であることを改めて示した。」そう述べています。
その他にも産経新聞の黒田勝弘氏によると、韓国メディアは中国の横暴をこう言って怒っているそうです。
「中国は国内メディアに、韓国の野党系の反政府派をしきりに登場させ、『THAAD反対』を語らせている。」韓国批判キャンペーンだ。と言う不満です。
しかしこれは韓国の反日キャンぺーンと同じ手法だと黒田氏は述べています。
確かに、反日日本人を良心的日本人と呼んで、韓国メディアに登場させ、慰安婦問題、靖国問題など韓国寄りの発言をさせているのと同じです。
先の朝鮮日報・金顧問はこうも述べています。
「中国はアジアの盟主になろうとする本性を隠そうともせず、牙をむき始めた。米国は保護主義に回帰しつつある。日本は安倍首相を中心に強国になる昔の夢を再び持ち始めている。大韓民国は今や完全な四面楚歌だ。」
韓国メディアは自分たちのコウモリ外交を反省すべきです。
それが出来なければ、同じ失敗を繰り返します。
あぁ、だから500年にも渡って中国に隷属して来たのか。
納得です。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

関連記事

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

tag : THAAD コウモリ外交

コメント

非公開コメント

中国は既成事実作りに、日本は遺憾です。
プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-