FC2ブログ

テレビ朝日「朝まで生テレビ」の改憲論。

今日は広島に原爆投下された日です。
投下時間に黙とうさせていただきました。
出来れば心を穏やかにして、犠牲者の方々を思い過ごしたいのですが、テレビ朝日がそうさせてくれません。
今日未明に放送されたテレビ朝日朝まで生テレビ」を見て一言。
テーマは「改憲」です。
番組ではいつものように、改正派、反対派を集めて結論なき議論で終わりました。
ただ以前より踏み込んで9条改正に関して議論が行われたのは評価すべきかもしれません。
番組内で青木理氏が憲法改正派をこう呼びました。
「何でもいいから憲法改正したい、改憲オタク」
左翼が論理破たんした時、こう相手を馬鹿にして正面から議論することを避ける。
憲法改正、国益、愛国を言うと右翼と罵倒される時代に、左翼がよくやる手法です。
今の時代この手法は通用しません。
青木氏に関しては、青山繁晴さんのガセネタを週刊文春に持ち込み、有田芳生氏とともに青山繁晴さんの落選を画策しました。
高市早苗総務相の放送法中立発言を言論弾圧として、記者会見を開き高市氏を批判しました。これに対し「放送法遵守を求める視聴者の会」から公開討論を求められましたが、青木氏はいまだに逃げ回っています。
また僕が思わず笑ってしまったのが、視聴者への電話アンケート調査です。
Q1:今の日本憲法のいい点、悪い点
Q2:あなたのご意見・疑問・質問も受け付けます。
視聴者へのアンケート調査で、「憲法改正すべきか、すべきでないか。」との質問がない。
憲法改正がテーマなら視聴者に真っ先に聞く質問です。しかし彼ら(テレビ朝日スタッフ、田原総一朗)は視聴者に問いかけませんでした。
以前この番組で「憲法」を取り上げたところ、視聴者へのアンケートで「憲法改正賛成or反対」と聞いたところ、賛成が反対を大きく上回ってしまいました。
この結果に田原総一朗や在日韓国人の姜尚中氏が「たまたま改正賛成の人たちが見ていただけ、世論とは違う。」と自分たちのアンケート調査を否定しました。
この言葉に、僕は思わずあきれ、笑ってしまいました。
「だったらアンケート調査などするな。」
この時の苦い思いから、今回賛成or反対と言う質問をしなかったと思われます。
番組の一番最後に、おおさか維新の会・足立康史氏が民進党・辻元清美氏に、「民進党の皆さんも、(天皇だけでなく)陛下とお付けいただいて。」と苦言を呈しました。
辻元氏はすかさず「みんな付けていると思いますよ。」
足立氏は「蓮舫さんは付けていない。」
辻本氏は「それは個人の問題だから政党の問題じゃないよ。」
辻元氏の最後の捨て台詞(せりふ)でした。

この間このブログで、なぜ韓国は天皇陛下を日王と呼ぶのか、と言う記事を書きました。
その時、朝鮮日報の東京特派員の記事を引用しました。
今日の産経新聞に黒田勝弘氏が「今なお日王、韓国の非礼」と言うコラムを寄せていました。
黒田氏は僕が引用した朝鮮日報の記事以外にも東亜日報の記事を引用していたので、ここに要約させていただきます。
東亜日報は朝日新聞と提携していて、こんな記事を載せたそうです。
「日王は朝日新聞の愛読者と言われている。どう見ても日本の保守右傾化とは距離が遠い人だ。」
僕は天皇陛下が朝日新聞の愛読者であると、初めて聞きました。
こんな勝手なことを書かれては、陛下もさぞかしご迷惑だろうと黒田氏は述べてます。
韓国が天皇を使いたがらない理由は、中華圏では「皇帝」は中国のみに存在し他の王はその下に位置する。よって日本が「皇」の字を使うのはシャクにさわる。そう黒田氏は述べてます。
韓国メディアも以前は「日皇」が多かった。これも天の字を外した格下げを意味し、さらに「日王」として「皇」の字を外し格下げしてしまった。
何としても日本には「皇」の字は使わないと言う強硬な姿勢が見て取れます。
いまや「皇帝」の本家・本元の中国も「天皇陛下」と呼ぶことを気にしていないのに、世界中で韓国だけが天皇陛下を「日王」と呼び続けています。
これは国際的非礼以外何ものでもないと、以前このブログで述べましたが、黒田氏も非礼だとあきれ返っています。
そもそも漢字を知らない現代の韓国人に「ファン(皇)」と「ワン(王)」の見分け、聞き分けなど出来ないし、違いも分からない。そう黒田氏は述べています。
一生懸命「日王」と呼んで溜飲を下げているのは、韓国メディアだけと言う事でしょうか。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

関連記事

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 田原総一朗 韓国 テレビ朝日 朝まで生テレビ 青木理 青山繁晴

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-