FC2ブログ

反日映画「鬼郷」がついに日本で上映される。追記あり

まずゴルフネタを少し。
ゴルフをやらない方には申し訳ありません。
日本のゴルフ場経営最大手のアコーディア・ゴルフを、韓国企業が買収する計画だとする記事が、今日韓国紙・中央日報に載りました。
買収が成功すれば、日本企業を相手にした韓国企業の過去最大のM&Aになるようです。
アコーディアは日本で136ヵ所のゴルフ場を(直接または委託)運営しています。
日本ではアコーディアとPGMゴルフグループが二大チェーングループと言われています。
アコーディアはそれまで数万円したゴルフ・プレイ代を一万円前後とし、また平日には昼食付きで数千円と言う破格の価格で、それまで敷居が高かったゴルフを身近なものにした意義は大きいと思います。
ただその弊害として「人を詰め込みすぎで、プレイが途中で渋滞する。」とか「グリーンのメンテナンスが良くない。」などの声も聞こえました。
僕も何度か利用しました。
今年初めにプレイした時、スタート前のパター練習所でガヤガヤうるさい連中がいるなと思ったら韓国人たちでした。
彼らは僕たちの前の組で、マナーなど酷いものでした。
僕たちは「ここは日本だから、もう少し日本のマナーを守れ。」と愚痴を言ったりしていました。
しかしアコーディアが韓国企業になったらどうなるのでしょう。
「ここは韓国企業だから韓国人が優先される。俺たちのゴルフ場だ。」とやりたい放題になるかもしれません。
アコーディアのポイントが結構溜まっています。
早めに使い切って、PGMゴルフに乗り換えよう。
そう思わせる記事でした。

昨日反日映画「鬼郷」が日本で上映されました。
韓国・聯合ニュースから。
東京都荒川区内のホテルの公演会場で、日本人、在日コリアン、約400人(主催者発表)が鑑賞しました。
映画の後半、高齢になった元慰安婦の女性が戦場で亡くなった友人をしのび嗚咽するシーンでは、観客席のすすり泣く声が一層大きくなったと記事は報じています。
観客は「日本兵は本当に残虐だった。」と胸に刻んだ事でしょう。
上映会の終了後、慰安婦被害者の支援活動を続けてきた日本人女性(65)は聯合ニュースのインタビューに「未来と平和の為に歴史を消し去ってはならない。」と語ったと述べてます。
また会社員の女性(25)は「慰安婦が受けた被害と苦しみをしっかりと感じた。」と述べたそうです。
上映会は在日本朝鮮人連合会(朝鮮総連)の関係者らを中心とした上映実行員会が主催したそうです。
韓国映画を朝鮮総連・北朝鮮が支援すると言う構図が明らかになりました。
南北朝鮮が仲良く手を結べるものは、やはり反日だと言う事です。
舞台挨拶でチョ監督は「反日を目的にしたものではない。・・・映画が平和の道具になり、戦争のない世界が来ることを願う。」そう述べました。
こんなデタラメな反日映画を作っておきながら「反日映画ではない。この映画で世界平和を願う。」とよく言います。
まさに厚顔無恥と言うか、日本人には理解不能です。
今後、在日韓国人・朝鮮人、左翼日本人などにより、日本各地で巡回上映会を開いていくようです。
聯合ニュースの記者はこの映画を「元慰安婦の実話を基にした映画」と述べてます。
最後にチョ監督の日本人へのメッセージで終わりたいと思います。
「反日映画でなく、韓日平和のための映画として見ていただけたらと思います。」

追記
TBSのニュース番組「Nスタ」から。
「沖縄の高江区でヘリパット着工が強行された。」
「住民と機動隊が衝突した。」
「安倍政権の沖縄での強硬さが際立った。」
TBSは、何度も何度も基地反対派の活動家を住民と連呼してます。
沖縄の住民の皆さんが「彼らは本土からやって来た活動家だ。地元住民はほとんどいない。」と証言してます。
TBSよ。いい加減しろ。
「彼らはプロの活動家であり、また日当を払って雇ったバイト老人たちだ。地元住民はほとんどいない。」
こいった沖縄地元住民の声も放送すべきだろう。
テレビを見てそう憤慨した次第です。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


関連記事

テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 慰安婦 鬼郷

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-