FC2ブログ

中国の軍拡を対話で止めると言う9条教の信者

昨日のBSフジ・プライムニュースからです。
共産党、山下副委員長が出演していました。
政治アナリスト伊藤惇夫氏も同席していました。
伊藤氏、こんな人間を出すくらいなら僕を出せと言いたいほど、無能な政治アナリストです。
山下氏は安保関連法を戦争法案と批判しつつ「日本は北朝鮮に攻められていない。」と言う趣旨の事を述べ、日本の軍事を否定しました。
「なにふざけたこと言っているんだ。」僕の独り言です。
「日本は数百人と言われる同胞が拉致されているんだ。これは国際法的に考えても準戦争状態だろう。なに寝ぼけた事を言ってるんだ。」と憤慨しました。
山下氏の発言に対し、MC反町氏・伊藤惇夫氏とも拉致問題をもって反論しませんでした。
ふざけてます。
伊藤氏はナンチャッテ政治アナリストですからどうでもいいですが、MCの反町氏には突っ込んでほしかったです。
日本人の中には「拉致問題はめんどくさい。(北朝鮮との間で)あえて寝る子を起こすな。」と主張する人がいる事も知っています。
しかし本当にそれでいいのでしょうか?
日本人の大多数がそう考えるようになった時、日本は皇紀2676年の歴史を終える時かもしれません。
僕は番組の視聴者の声に抗議のメールをしました。
当然無視されました。

山下氏は尖閣問題は「中国との対話でしか、解決の道はない。」と述べ軍事力行使を否定しました。
そんな中国は日本共産党をあざ笑うかのように、パラセル諸島全域で今日から11日まで軍事演習を行うと発表しました。
12日発表されるオランダ・ハーグの仲裁裁判所が南シナ海問題をめぐる裁定(中国非難が予想される)へのけん制です。
また先日報じられた尖閣周辺での中国軍戦闘機による、自衛隊機への攻撃動作を行った件で、中国国防省は最初に日本側が挑発したと、反論しました。
「自衛隊機が高速で接近して来て、レーダー照射をして中国軍機を挑発した。よって我が軍機が対応したところ、自衛隊機はミサイルをかく乱する装置を噴射して逃げて行った。」だそうです。
以前も言いましたが、最初に日本からはミサイルを撃てません。
相手が撃ったら攻撃できるそうです。
中国はこの事を知っています。
自衛隊員に最初に死者が出てから攻撃できる。
こんなバカな事を論じてるのは日本だけです。

最後にどうでもいい話題を一つ。
韓国紙・中央日報からです。
イ・ジュンギュ新任駐日大使が日本のメディアに
「韓日間の通貨スワップを再開するほうが良い」との見解を明らかにしたそうです。
イ氏は「危機はいつ誰に訪れるか分からず、通貨スワップは危機対応として互いに役立つ。」
イ氏は8日に東京に赴任する予定だそうです。
元々日韓通貨スワップは日韓関係が冷え込んで、通貨スワップの期限が迫り継続するかどうか論争があった時、日本側の麻生財務大臣が「日本から頭を下げて延長をお願いするものではない。」と述べ韓国も「もはや我が国は日韓通貨スワップは必要ない。」と大見得を切ったわけです。
日韓通貨スワップは終了しました。
しかし韓国財界からは日韓通貨スワップを求める声が上がっていました。特に英国のEU離脱の報があってからはその声が大きくなっているようです。
そして今回の新任駐日大使発言です。
イ氏は「互いに役立つ」と述べてますが、韓国の脆弱な財政基盤なら役立ちますが、日本には何もメリットありません。
韓国経済が破たんしても日本にはそれほど影響はないと思います。
僕は日韓通貨スワップ反対です。
通貨スワップを結んでも韓国からは感謝されません。
韓国経済が破たんするなら、勝手に破たんしてくれ。という事です。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


関連記事

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 日韓通貨スワップ BSフジ・プライムニュース 伊藤惇夫 仲裁裁判所

コメント

非公開コメント

恐ろしく身勝手で、無責任な9条信者

そもそも、「拉致問題は自分には関係ない、北朝鮮との間に波風立てるな」などと考えている人達に限って、中東でのイスラム国に人質に取られて、挙句殺害された邦人は、「助けろ」などと叫ぶんですよね。

北朝鮮という独裁国家が組織的に起こした邦人拉致事件と、事前の渡航自粛を振り切って、態々テロリストが蠢いているシリアに渡航した、自業自得のイスラム国の人質事件とでは次元が違う話にもかかわらず、同列視する集団もおかしいですね。

全く、どういう頭をしているのか分かりませんね。

結局は、他人の人質事件は他人事であり、関わりたくないが、自分の身内の人質事件は重大事であり、絶対に救出させなければならないという、恐ろしく身勝手で無責任な発想なのだろうと思うだけですね。
プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-