FC2ブログ

「防衛費は人殺し予算」by共産党・民進党。

時事通信によると、鳩山由紀夫氏が中国主導で設立されたアジアインフラ投資銀行AIIBの顧問となる「国際諮問委員会」の委員に就任することが分かりました。
日本は米国とともにAIIB参加を見送っています。
記事は、中国は首相経験者を取り込むことで、日米を切り崩す狙いがありそうだと報じています。
鳩山氏は、中国、韓国を度々訪問し、彼らの日本批判をそのまま認め、謝罪行脚を繰り返しています。
その挙句にAIIB顧問就任です。
最近亡くなった弟の鳩山邦夫氏は草葉の陰で泣いてると思います。
中国に取り込まれてしまった翁長沖縄県知事共々、売国奴とは言いたくありませんが、速やかに中国に国籍を移し移住していただきたい。
今のままだと彼の言動には、日本人との肩書がついて回ります。
中国籍・中国人になっていただければ日本の国益は今より守られます。

松本人志氏の「ワイドナショー」で、SEALDs奥田氏のフジロック出演への批判が、殺到している事を取り上げていました。
フジロックの政治利用だとする批判だそうです。
それに対し、ロックは「反体制で、そう言うものだ。」とする発言がありました。
ベトナム戦争当時のフラワーパワー、ヒッピー文化を言ってるのだと思いますが、しかしあの時代はドラッグ文化全盛で、反体制と言うより反社会がカッコイイと思われていました、今と比較するのは疑問です。
百歩譲って、ロックの反体制を認めたとして、オーディエンスはお金を払って聞きに来るのです。国会前とは違います。
奥田氏の音楽がプロ並みなら良いでしょう。しかし素人並みのレベルで「戦争法案反対」「アベの馬鹿、すぐ辞めろ。」とラップしてたら、政治利用と言われても仕方ないと思います。主催者側の良識が疑われます。
僕がバンドを組んでフジロックに出してくれと言っても拒否されます。
しかし稚拙なラップで奥田氏が出演したら・・・、政治利用と言われても仕方ありません。
番組を見て少し気になりました。

今朝のNHK「参議院特集 9党討論」を何気なく見ていたら、仰天発言があり驚きました。
「防衛費は人を殺す予算だ。」と共産党・藤野議員が発言しました。
各党から「発言を取り消すべきだ。」との発言がありました、当然です。
しかし共闘する民進党・山尾議員は何も言いません。
何も言わないと言う事は、共産党に賛同すると言う事です。
日本を守るための防衛費は「人を殺す予算だから、無くせ」と言う事です。
さらに言えば自衛隊員は「殺人集団だ。」と言うのが本音なのでしょう。
共産党は「自衛隊は違憲だから解体せよ。」と綱領に書いてます。
共産党・志位委員長は「自衛隊は違憲だから将来的には解体する。それまでは震災や有事があったら活用する。」と発言してます。
その共産党が自衛隊は「殺人集団だ。」と発言する。
僕は「自衛隊員の前で発言してみろ。」と思わず独り言を言っていしまいました。
番組の中で、憲法改正について議論になった時、民進党・山尾氏は「国民に寄り添って決めていく。」と逃げてしまいました。
民進党自体が、護憲、改憲が混在している証です。

そんなガソリーヌ山尾氏ですが、昨日おおさか維新の会。松井代表が彼女にブチ切れたと、今日の産経WEBに載ってました。
昨日松井氏はJR新橋駅前で街頭演説しました。
「まず身を切る改革です。公務員、議員、人件費を15%削減するだけで、消費税2%分の財源が生まれます。民進党に共同提出を持ちかけたんです。あそこにはガソリン代をごまかした政調会長がいますよね。コーヒー代もおかしいけれど、その彼女が言ったのが『まず維新で数をそろえろ』ですよ。」
松井氏は怒りで声が震えていたそうです。
そして松井氏は「だから、参院で6議席以上獲らなければいけません。」と結んだそうです。
山尾氏は自分の事は棚に上げ、上から目線で発言する。
僕も松井氏と同意見です。
自分を何様だと思っているのでしょうか?


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

PR Disc Work

オリジナルCD、DVD制作承ります。


関連記事

テーマ : 時事ネタ
ジャンル : ニュース

tag : ワイドナショー 鳩山由紀夫 アジアインフラ投資銀行 AIIB 松本人志

コメント

非公開コメント

ロックが反体制だというなら、戦後七十年続いてきた戦後体制を覆そうとしているロックな安倍政権を応援せねばならないはず。 
我々以上に戦後体制に対しNOを突き付けねばならないはず。 
だが彼らがやってる事は戦後七十年続いてきた戦後体制を何とか固守しようとしている旧態然な体制ベッタリ派の主張であり、んなもんロックでも何でもない。 
また護憲派にも言いたい。
戦前は今以上の護憲時代で、欽定ゆえ一字一句変えちゃならん!という空気であったが、当時要職にあった人が「何故あの当時軍部の横行を止められなかったのか」との質問に対し、「当時は憲法の縛りがあってどうする事も出来なかった」と言っていた。  
護憲にこだわり過ぎると欠陥修正も出来ず、打てる手も打てなくなり、却って危うくなってしまう実例を忘れてもらっちゃ困る。 
幣原外交しかり、総じてサヨクは戦前の教訓を全く活かそうとしない。   
あと解放を侵略と呼んだり安全保障を戦争と呼んだり防衛を殺人と呼ぶなど、ことごとく意を真逆にする癖いい加減やめれ!(`∀´#)
プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-