FC2ブログ

党首討論会に見る日本の劣化。

今日、世論調査の電話がありました。
僕は2度目です。
読売新聞の調査です。
このブログを何度か読んでいる方は、僕がどんな回答をしたかご想像がつくでしょう。
多くの諮問の中に「今回の参議員選挙で重視してる事を、次に読む9項目から選んでください。」との問いがありました。
最初の方の項目は、経済問題、年金問題などが続き、8番目が「外交・安全保障」9番目が「憲法改正」でした。
項目は途中で回答すればそこで終わります。
つまり1番目を選べば、残りの8個の項目は問われません。
なぜ最後に安全保障や憲法改正を持ってきたのか、この順番に疑問を抱きました。
調査は今週中にまとめて、来週早々読売の紙面を飾るでしょう。
安倍政権を「支持する。」「支持しない。」、諮問に答えた者として結果を待ちたいと思います。

「気を付けよう、甘い言葉と民進党。」
民進党にはもれなく共産党が付いてくる。」
安倍総理がそう国民に訴えていました。
昨日は各党の党首が、記者クラブを皮切りに各民放に出演して論戦を繰り広げていました。
民進党の岡田代表は「憲法9条改正は認めるわけにはいかない。」と訴えました。
以前岡田氏は「現憲法下の自衛隊は違憲だ。従って憲法を改正して自衛隊を合憲としたい。」と述べていましたが、最近「安倍政権下での改正は認めない。」と述べてます。
党利党略で主張が変わると言う事です。
民進党・前原誠司氏など民進党内部でも「9条を変えて自衛隊を合憲とすべき」との多くの意見があります。一方辻元清美氏など旧社会党出身者などは護憲を主張してます。国家の骨格である憲法に関して民進党はバラバラです。
共産党・志位委員長は
「自衛隊が憲法違反なのは明瞭だ。急迫不正の侵害、大規模災害など、必要に迫られた場合には、自衛隊を活用するのは当然だ。将来的には解体する。」そう述べてました。
共産党は自衛隊を「違憲組織、将来の解体。」と述べてますが、侵略されたら自衛隊を活用する。災害があたっら自衛隊を活用する。そういう事だそうです。
自衛隊を違憲状態のまま放置して、必要な時には活用する。
「ご都合主義では?」と記者から矛盾を追及されていました。
「安保法整備」廃案で民進党と共産党は手を結んで参議院選を戦うそうです。
そんな日本の政界をあざ笑うかのように北朝鮮がきょう未明、ミサイルを日本海に向けて二発ぶっ放しました。本来なら日米同盟強化を訴えるべきですが、民進党は逆の方に向かっています。
結果、ミサイル(ムスダン)は失敗したようでが、成功して日本上空を飛んで行ったら民進党は何て言い訳するのでしょう。

そういえば、「ネット党首討論会」で司会の古市憲寿氏が生活の党・小沢代表に、
「小沢さんの再婚の相手が見つかったかどうか、知りたい。」と小沢氏に質問して、小沢氏が激怒したと報じられてます。
さらに古市氏は渡された紙を見て
「これ読んだほうがいいんですか?・・・小沢さん、先ほどは失礼しました。」と棒読みして、さらに小沢氏の怒りを買ってしまったと、ネットでは話題になっています。
僕は小沢氏は好きではありませんが、それ以上にこの古市氏の精神構造が理解出来ません。
「ハーフは劣化が早い」「子供は嫌い。」「性交渉は粘液が気持ち悪い。」などテレビで述べてました。
最後の性交渉に関しては、共演した女性タレントから「あんただって粘液出すだろう。」と突っ込まれていました。
小沢氏は「おわびするなら、きちんとしなさい。」と古市氏を一喝しました。
主催者が古市氏を司会に起用したのは失敗です。
各党の党首の貴重な時間を無駄にしてしまった、という認識は古市氏にはないと思います。
もしかして彼が初めて叱られたのが、この小沢氏の叱責だったのかもしれません。

北朝鮮、中国などの脅威にさらされてる日本ですが、彼ら政治家や古市氏などを眺めていると、日本の更なる劣化が始まったのかもしれません。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

PR Disc Work

オリジナルCD、DVD制作承ります。


関連記事

テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

tag : ムスダン 民進党 共産党 党首討論 古市憲寿 ネット党首討論会

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-