FC2ブログ

青山繁晴氏参議院選出馬

青山繁晴氏が参議院選に出馬という一方が入りました。
今日は「青山氏の出馬記者会見」を確認してからブログをUPしようと思ったのですが、まだ動画を確認していません。
ネットによると、自民党比例で出馬するようです。
僕は青山氏のご意見すべてには賛同しませんが、日本国の骨幹である「日本国憲法」については思いを共にします。
ぜひ9条の改正に取り掛かって欲しいものです。
憲法改正は「まず9条以外から進める。」などの姑息な改憲論ではなく、正面から9条に言及してもらいたいと思います。
これから青山氏はメディアからバッシングを受けると思います。
支援者はネット右翼だとか、青山教の信者などと批判されるでしょう。
それらにめげずにぜひ選挙戦を戦ってもらいたいと思います。

一方辞めていく人間について述べます。
舛添氏は今朝無言で足早に登庁しました。
任期は明日までですが、明日登庁する予定はないので事実上今日が最後の登庁のようです。
登庁を迎えた記者団から「おはようございます。」との声にも無言を貫きました。
「おはよう」の挨拶くらい返したらと思いますが、まるで子供です。
舛添氏は都議会へのあいさつ回りもしないかったようです。
花束贈呈、職員の見送りなどのセレモニーはなし、極めて異例づくしの都知事最後の退庁です。
午後4時過ぎ、最後まで無言で足早に都庁を後にしました。
都知事は何があろうと、最低限都民への説明責任があると思うのですが・・・。
「こんな人間だったら投票しなかったのに」と後悔してる都民も多いと思います。
2年5か月で退職金2200万円、そしてボーナスも支払われるます。
舛添氏の無言の抗議のような振る舞い、都民、国民の反感だけを買ってしまいました。
もう彼は人前に出られないかもしれません。


以前経済紙、ビジネスジャーナルが「韓国人は息を吐くように嘘をつく」と言う記事を載せました。
韓国内では詐欺罪、偽証罪がたいへん多いとして、統計を基に述べていました。
統計から見えてくるのは、日本に比べるとその異常さは一目瞭然です。
そんな記事を証明するかのような記事が先日の産経新聞に載っていました。
韓国・光州市で2019年7月~8月に開催予定の世界水泳大会が、国際水泳連盟(FINA)から準備不十分なら開催を取り消すと「最後通牒」を突き付けられたそうです。
昨年11月、光州市が招致の際、政府の財政支援に関する書類を「偽造、ねつ造」してFINAに提出したことで、政府支援が得られなくなり、大会を返上する可能性があると報じられました。
開催権がはく奪されれば、光州市は違約金約29億円弱を支払わなければならないそうです。
記事は経済損失のみならず国際的な信用失墜も必至だと述べています。
韓国は以前にもF1韓国GPが開催中止に追い込まれました。
平昌冬季五輪も経済的問題で建設が遅れていて、韓国の国際大会運営能力が疑われています。
平昌五輪では舛添都知事を丸め込んで、財政支援を得ようとしましたが、舛添氏は辞任してしまいました。
こちらも開催が危ぶまれています。
日本が相手だと「嘘、ねつ造」を、先の経済紙のように「息を吐くように」言い放ちますが、国際水泳連盟相手だと「ねつ造」が通じなかったようです。
「日本が開催してるんだったら、韓国も開催する。」そんな安易な感情で国際大会に名乗りを上げないでほしいものです。
関係国もいい迷惑です。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

PR Disc Work

オリジナルCD、DVD制作承ります。


関連記事

テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 平昌冬季五輪 青山繁晴 参議院選 日本国憲法 国際水泳連盟 光州市

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-