FC2ブログ

今まさに日中軍事衝突前夜

今日の各紙の一面は「舛添東京都知事の辞任」記事です。
僕は食傷気味ですが、まあ新聞社としては致し方ないのかなと思います。
でも一面に持ってくる記事なのだろうか?。疑問です。
僕は舛添氏が辞職しても「正月のホテルで本当に関係者と会議したのか。」「新宿跡地に韓国学校を増設するのか。」この件はメディアは今後も追及して、明らかにしてもらいたいと思います。
そんな中尖閣EEZでは今日も、中国海警の船2隻が航行してるのを海上保安庁の巡視船が確認しましたと速報が入りました。
海警の船と言っても、機関砲を搭載していて、事実上軍艦を白く塗って海警の船と偽装してるのは明らかです。
先日には中国がついに、尖閣や鹿児島の口永良部島に軍艦を送り込んで来ました。
現在中国が国際的に孤立しつつあります。その焦りがあるのかもしれません。
AESEN(東南アジア諸国連合)は昨日、中国雲南省で14日に開かれた中国との外相特別会合での南シナ海問題などをめぐる独自声明の発表を断念したそうです。
南シナ海問題で各国が懸念を示し、中国や親中国のラオスなどと対立した為です。
中国は伊勢志摩サミットを前にして安倍さんに「中国脅威論は止めろ。」と圧力を掛けましたが、安倍さんはサミットで「中国批判」を取りまとめてしまいました。
今日の産経新聞には、インドが実効支配してるインド北東部の地域に、人民解放軍250人が侵入し3時間滞在したと報じてます。滞在がどういう意味なのか分かりませんが、インドが現在行ってる日米との軍事訓練を牽制する意味合いがあると、産経新聞は述べてます。
現在中国は、南シナ海、尖閣がある東シナ海、そしてインド北東部に軍事展開してる事になります。
3方面に展開できるほど中国の軍事力があるとは思えませんが・・・。

先日産経新聞WEBに尖閣で日中が軍事衝突したらどうなるかのシミュレーションが載っていました。
軍事ジャーナリスト・世良光弘氏の分析です。
「尖閣有事になれば、海自佐世保基地から8隻の護衛艦が急派される。航空自衛隊那覇基地からはF15戦闘機300機程度が出撃するだろう。後方支援に回るのが、米軍の第七艦隊だ。米原子力空『ロナルド・レーガン』に加え、イージス艦など10隻、原子力潜水艦3隻が出動するはずだ。一方中国側は東海艦隊が前線に投入される。駆逐艦やフリゲート艦、潜水艦など50隻が所属する艦隊だが、日米との軍事力の差は歴然で、一週間で中国軍は全滅する。」
そう分析してます。
また軍事アナリストの小川和久氏は
「今後も中国は、海上自衛隊に海上警備行動が発令されるギリギリのところで、挑発してくる。」と述べてます。
米国の大統領がトランプになったら日米同盟はどうなるのか?
憲法9条の元で。海上警備行動、防衛出動が正常に機能するのか?
メディアも舛添報道一色ではなく、こういった分析をしていただきたいと思います。
特に朝日新聞は、尖閣EEZに中国軍艦が侵入しても一面は沖縄の女性殺害事件の元軍属の再逮捕記事です。
社説に至っては「いたずらに中国脅威を煽ってはいけない。」と言っていたと思います。
まるで中国共産党機関紙・人民日報と勘違いしてしまいます。
朝日新聞は「外患罪」で廃刊に追い込むべきです。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

PR Disc Work

オリジナルCD、DVD制作承ります。


関連記事

テーマ : 中国のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 朝日新聞 中国 伊勢志摩サミット

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-