FC2ブログ

日本人が発見した新元素113に射す影。

まず短く一題
日本政府が韓国WTOに提訴したと、今日各紙が報じています。
記事によると、日本製の空気圧バルブに韓国が課してる課税が、WTOの協定に違反してるとして、紛争処理小委員会(パネル)の設置を要請したそうです。
日本製の空気圧バルブは精度が高く、半導体、自動車工場などの高度な製造ラインに使われますが、韓国製のバルブは食品工場などで使われており、日本製と韓国製は競争関係にないと、日本側は主張してるようです。
もともと4月に日韓で協議しましたが、解決に至らなかった為日本は提訴したそうです。
「もう韓国を甘やかさない」と言う日本の意思表示でしょう。
安倍政権になってようやく日本も自己主張できる国になったようです。

昨日報道された記事です。
理研科学研究所のチームがアジア人として初めて新元素を発見し、命名権を得たそうです。
日本人だけでなく、アジアとしても快挙です。
113番元素で名前は「ニホニウム」にしたそうです。
記事によると、
国際純正・応用科学連合は今後5か月間に渡って一般からの反対意見をを公募し、重大な反対意見が無ければ、アジアで初めて発見された元素として周期表に記載される。
「えっ!反対意見が無ければ・・・」
これは嫌な予感がします。
何かにつけて難癖をつけるかの国が、黙って見てるとは思えません。
そうです。皆さんのご想像通り韓国です。
日本人がノーベル賞を取っているのに、なぜ日本人より優れている韓国人が取れないのか、「ノーベル賞コンプレックス」を事あるごとに大騒ぎしている国です。
韓国メディアは、ネイチャーが韓国に対し「ノーベル賞は金では買えない。」と言ったと報じています。
そんな国が黙って見てるはずはないと思います。
日本の名誉は面白くない、何とかして引きずり下ろそうと画策すると思います。
韓国の子供たちが学ぶ教科書の周期表に日本名「ニホニウム」が記載されることになります。
韓国の教師が、
「アジア人として初めて日本が新たな元素を発見し、周期表に名を残しました。」
こう教えると思いますか?。
彼らの国民性として絶対ないと断言します。

今日の新聞各紙には昨日未明に起きた、中国軍艦の尖閣EEZ侵入を報じています。
産経新聞は尖閣を抱える石垣島の反応について書いていました。
沖縄では米軍関係者の事件が相次ぎ、米軍駐留に批判も出ていますが、石垣島の漁民の方は「米軍基地の撤去論に違和感がある。」との声が大勢を占めてるようです。
そりゃあそうです。毎日目の前に中国公船が現れ、ついに軍艦までやって来た訳です。普通の感覚なら恐怖を覚えると思います。
「いつか軍艦がやって来るのではないかと懸念していた。」と知念石垣市議は述べてます。
沖縄県漁業士会の比嘉会長は
「現実に危機が迫っているのに、米軍反対を唱える人の考えが理解できないし、違和感がある。国は米国と連携して毅然とした対応をして欲しい。」と訴えたそうです。
中山石垣市長も取材に、
「非常に強い危機感を持っている。」と語気を強めたそうです。
しかし沖縄のメディアは、この件を非常に小さく報じてます。
沖縄2紙は、わざと目立たないように報じてるのではと疑ってしまいます。
それに比べて、反米、反基地報道は大きく扱っていて、まるで中国の人民日報かと勘違いする程です。
この2紙(沖縄タイムス、琉球新報)は沖縄で90%以上のシュアを占めてます。
さらに問題なのは未だにコメントを出さない翁長沖縄県知事です。
翁長氏は、中国に金玉でも握られているのでしょうか?。
中国共産党・習近平に仕える「宦官(かんがん)」に成り下がったと言わざる負えません。
舛添東京都知事共々早急にリコールすべきです。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

PR Disc Work

オリジナルCD、DVD制作承ります。


関連記事

テーマ : 時事ネタ
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 WTO 113番元素 ニホニウム 舛添東京都知事 翁長沖縄県知事

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-