FC2ブログ

ついに中国軍が尖閣に侵攻した。

昨夜未明安倍政権に緊張が走りました。
産経新聞WEBからです。
防衛省によると8日午後9時50分ごろ、ロシア海軍の駆逐艦など3隻が尖閣諸島のEEZ(接続水域)を航行し午前3時5分ごろ接続水域を離れました。
また9日午前0時50分ごろ中国海軍のフリゲート艦一隻が尖閣の接続水域に入りましたが、3時10分ごろ接続水域を離れました。
安倍総理は直ちに関係省庁に対し、不測の事態に備えて米国などと緊密に連帯し、警戒監視を尽くすよう指示しました。
普段事なかれ主義で対中国になると腰が引ける外務省が今回は毅然とした対応をしたと思います。
外務省斉木事務次官は9日午前2時頃、程永華・駐日大使を外務省に呼びつけて抗議しました。
時間的に異例の抗議です。
中国は良く日本に抗議する場合、大使を午前2時とかに呼びつけますが、今回は日本が毅然と抗議しました。
日本の抗議の為か3時過ぎに、中国軍は接続水域を離れました。
斉木事務次官の強硬な抗議の背景にあるのは、安倍総理の意向であることは明らかです。
領土の外12海里(約22キロ)は領海、その外12海里がEEZ接続水域で国際法上、EEZ内は航行の自由が認められてますが、今回中国は尖閣の領有権を主張してるので、EEZ内でも中国軍の航行は許さないとの意思表示だと思います。
尖閣がある東シナ海では7日、公海上空を飛行していた米軍の電子偵察機に中国軍の戦闘機が異常接近し、飛行を妨害しました。また8日韓国軍は、竹島周辺海域で仮想敵国を日本として「防衛訓練」を始めました。
そして、中国の軍艦が今回初めて日本のEEZ内を航行しました。
ロシア軍は過去にもEEZ内を航行したことがあるようですが、ロシアとは尖閣の領有権を争っていない為、中国と区別して、国際法に則って対応したようです。
ただ中国軍とロシア軍が同時に航行したのは異例であり、両国の意向なのは明らかです。
日米は、南シナ海に対する対抗措置であり、日米同盟への牽制だと受け止めているようです。
今度中国軍がEEZに進入したら、安倍さんは日本初の防衛出動を命じるかもしれません。
中国がとうとう軍を出動させた、これは日本と軍事衝突もいとわないと言う意思表示です。
しかし日本メディア、テレビなどは舛添問題一色でこの事件をあまり報じていません。
舛添問題が重要なのは分かりますが、こちらは領土侵害であり、軍事衝突の一歩手前です。
テレビ放送界は危機感が無さ過ぎます。
特に沖縄2紙、沖縄タイムス琉球新報(WEB)に至っては、この記事は片隅に小さく載ってるだけです。
尖閣は沖縄県石垣市の管轄です。
自分たちの喉元に「中国軍」が侵略しようとやって来てるのに、何を考えているんだと叫びたくなります。
トップ記事には相変わらず反米、反基地派の記事を載せています。
僕が知るところ、まだ翁長沖縄県知事から中国軍のEEZ侵入についての声明が出ていません。
翁長知事、沖縄メディアは沖縄県民の生命と財産を守る気があるのでしょうか。
今日の沖縄タイムス(WEB)はこんな記事を載せています。
ペリー元国防長官へのインタビュー記事です。
ペリー氏は
「(女性殺害事件に関して)軍属でも責任は在日米軍にある。米軍は日本の安全の為に駐留しているが、日本が必要としないなら間違いなく我々は立ち去る。」
中国の軍艦が沖縄の周辺に侵攻して来てるのに、一体沖縄タイムスは何を言いたいのでしょうか?


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

PR Disc Work

オリジナルCD、DVD制作承ります。


関連記事

テーマ : 中国のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 尖閣 中国軍 安倍総理 沖縄タイムス 琉球新報

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-