オバマの広島訪問を受け入れる日本人の民度

伊勢志摩サミットが終わりました。
しかしこのブログを書いてる時点で、まだオバマは広島に到着してません。
サミットの中身については、これから各紙が分析すると思います。
産経新聞webにG7首脳が伊勢神宮訪問を「素晴らしい体験をした」と感動したようです。
記事によると安倍総理に、
「素晴らしい教訓と経験を与えてくれた。聖なる場所に行くことが出来て感動した。」などの感想を寄せたと、日本政府が明らかにしたそうです。
僕は全体的に見て、安倍さんが世界の指導者に比較しても遜色なく、この会議を取り仕切ったと評価したいと思います。
これもゲスト参加を要請していた朴大統領が来なかった事が大きいと思います。
彼女が来ていたら、韓国は「日本の神社は軍国主義の象徴であり、その大元締めが伊勢神宮だ。行ってはいけません。」と各国首脳に「告げ口外交」を繰り広げ、伊勢神宮訪問に水を差す事になったでしょう。
「朴槿恵大統領が来なくて良かった。韓国と関わらなくて本当に良かった。」
しかし関わりを持たなくて良かったと思っても、この国は向こうからやって来て、何も無いところに波風を立てようとします。
迷惑な連中です。
これも産経WEBからです。
オバマの大統領の広島訪問の前に、韓国の被爆者らが27日、広島市の平和記念公園の韓国人原爆犠牲者慰霊碑を訪れ献花し、オバマ大統領に対する声明を読み上げたそうです。
オバマ大統領は謝罪しろ!賠償しろ!。」とシュピレヒコールを上げ拳を突き上げたそうです。
さらに「日本の侵略戦争と植民地支配への責任を回避しようとする安倍政権に利用されない事を望む。韓国人原爆被害者への謝罪と賠償は当然な責務。」等々。
韓国からわざわざ災いを起こすためにやって来たそうです。
テレビでは原爆被害者の方のインタビューが流れていました。
「70年も経てます。いつまでも謝れと言っても仕方ない。オバマがここに来ることが重要な事です。そして世界に原爆の悲惨さを発信して貰う事が重要なのです。」
何人かの方のインタビューを一文に意訳しましたが、このような事を仰っています。
あの国とは違って「金寄こせ。」とは言いません。
日本人がいかに素晴らしい品格、高い民度を持ち合わせているか、この方たちの言葉を聞けば分かります。
悲惨な事故が起こっても、日本人は静かに感情をコントロールして受け入れます。
かの国の様に、泣き叫んで、暴れまわり、暴力沙汰まで引き起こす彼らとは雲泥の差です。
かように日本人と韓国人は対極的で決して交わる事はできません。

今日の韓国紙ハンギョレ新聞に「日本人の嫌韓意識」について書いていました。
京都大学の小倉紀造教授がソウル大学日本研究で行った講演を引用し、分析をしていました。
要約します。
日本人は西洋には劣等感を持っているが、逆に朝鮮人には優越感を持っている、しかし植民地時代はともかく現在はもう以前のように通じなくなった現実に対する戸惑いあるいは危機感から、嫌韓感情、ヘイトスピーチが始まったと小倉氏は指摘してます。
さらにハンギョレ新聞の記者の独断が続きます。
要約すると「日本の嫌韓派」は過去の栄光を取り戻したがっている。そうです。
その他にも、南北朝鮮分断の悲劇は日本にあるかの様な分析をしてます。
この記者は「日本の嫌韓派は過去の植民地支配の時の様な優越感に浸りたいがそれが出来ない。また過去の植民地支配は謝罪すべきなのだがそれが出来ない、だから嫌韓になる。」
これは全くトンチンカンな考えであり、歴史認識に絡めてた日本批判、反日報道です。
日本の嫌韓は先も述べました。日本人の国民性と韓国人の国民性の違いです。
そのぶつかり合いから生まれる感情が日本人の中に嫌韓を生んでいるのです。
韓国人は、しつこく、執拗に相手を何度も何度も批判します。その為には嘘、捏造を何とも思いません。すべて感情の赴くまま叫び、暴力を振るい手が付けられなくなります。
先の「オバマ広島訪問」に対する日韓の対応がいい例です。
インターネットで韓国の日本への執拗な侮辱が日本全土に広がってしまい、日本に嫌韓が生まれたのです。
「冬のソナタ」など韓流と言われていた時は、韓国に親しみを持つ日本人が7割を超えていました。
その後ネットで、韓国の日本に対する反日デモなどに接するたびに、嫌韓が広がったと言う事です。
韓国の指導者も支持率UPの為に反日を利用しました。
そのたびに嫌韓が広がたっと言う事です。
韓国に対する優越感がどうの、こうのと言う事ではないと思います。

韓国紙が「反日記事」を書けば書くほど、日本の嫌韓は増えていきます。
彼らにとって「反日記事」はキラーコンテンツで金のなる木です。
先の記者がカッコイイ事をいくら言っても、「反日記事」を手放すつもりはないでしょう。
日本の嫌韓を分析するのであれば、自分たちが書く「反日記事」が日本人に及ぼす影響を分析すべきです。
こんな記者がいるから、韓国の反日や日本の嫌韓がなくならないのです。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

PR Disc Work

オリジナルCD、DVD制作承ります。


関連記事

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 オバマ 朴大統領 伊勢志摩サミット

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-