FC2ブログ

「自衛隊は嫌い,でも助けて」ピースボート

以前このブログで、「韓国メディアが日産のディーゼル車(キャシュカイ)の排ガス不正を報じた。」と述べました
その時日本のメディアがこれを報じなかったのでそれもブログで述べさせてもらいました。
しかし昨日ようやく日本のメディアもこれを報じました。
記事によると、韓国環境省から指摘された「排ガス不正」について、韓国日産は全面否定してるようです。
韓国環境省は韓国日産に対し課徴金約3000万円を科し、社長を刑事告発する方針を打ち出しました。
また韓国のキャシュカイ購入者が、韓国日産を相手に集団訴訟を近く起こすそうです。
昨日の朝鮮日報の社説は「韓国政府は排ガス不正の日産に厳しい制裁を科せ」と主張してます。
韓国でキャシュカイは814台販売されてます。その課徴金が約3000万円では安すぎると述べてます。
発がん性と認定された部質を空気中にまき散らすような部品を作った業者に対する課徴金が3000万円とは呆れる。もと高い課徴金を科せと述べてます。
日産は今回の問題を日本の経産省と国交省に報告済みだそうです。
林経産相は
「日産は(不正が)無いと言っている。動向を注視したい。」と述べました。
日産側の主張を書きます。
「韓国の規制でも認める、欧州の排ガス規制(ユーロ6)の適合を取得しており、他国の規制当局が独自に行った厳格な試験を経て得られた判断と一貫性を欠く。」と述べ、韓国側の主張は受け入れられないとしています。
韓国側が一方的に日産の主張を退けたら、新たな日韓関係の火種になるかもしれません。
産経新聞加藤元ソウル支局長の「朴大統領への名誉棄損問題」と同じ事になるかもしれません。
ちなみに韓国でディーゼル車を販売した日本メーカーは日産だけです。
韓国内の車市場では販売数をそんなに期待できないでしょう。
それより反日国家で商売するリスクを考えたら、撤退した方がいいのではと、素人ながら考えてしまいます。

「またか、呆れて物が言えない。」記事を読んで開口一番そう言ってしまいました。
今日の産経新聞のリード「ちゃっかりピースボート」とピースボートを揶揄してます。
日頃自衛隊の海外派遣を批判している「民間国際交流団体ピースボート」の旅客船を、海賊対処の為アフリカ・ソマリア沖に展開中の海上自衛隊の護衛艦が護衛したことが17日分かったそうです。
海上自衛隊によると護衛艦「ゆうぎり」は今月3日~4日にかけて、ソマリア沖のアデン湾を航行するピースボートの旅客船を護衛したそうです。
この件に関してピースボート側は「コメントする立場にない」と述べてるようです。
記事は「自衛隊の海外派遣は反対。でも護衛はお願い。」とピースボートを笑っています。
僕の記憶によると、以前にもこの海域でピースボートは海自に護衛されてます。
その時、これで今後「自衛隊の海外派遣は反対。」とは言えなくなるだろうと思っていましたが、彼らはこれ以降も「派遣反対」と主張し続けました。
左翼って何て厚顔無恥なんだろうと驚いた事を思い出しました。
ピースボートを最初に主宰したのは辻元清美だと記憶してます。
早稲田大学時代左翼運動に目覚めた彼女は、過激派の男性と交流?して、ピースボートを主宰します。もちろん彼女一人では無理でしょうから、資金はそれなりの団体から出てると思います。
ピースボートは格安の価格設定で、若者に「世界旅行に行こう。」と呼び掛けその名を有名にしました。
客船の中ではセミナーが開かれ若者たちをオルグって(左翼運動への勧誘)いるとか、公安から監視されてる過激派を密かに海外に運んでいる。などど噂されて来ました。
その後彼女はピースボートから離れて、社会党から出馬し国会議員になります。
落ち目の社会党、社民党を捨て、民主党に移り現在の民進党議員に至ります。
ここから自衛隊の皆さんへ、
「散々自衛隊を批判して来たピースボートを守らなければいけない自衛隊の皆さん、本当にご苦労様です。
彼らは今後も皆さんを批判し続けるでしょう。そしてアデン湾で皆さんが『自分たちを護衛するのは当然だ』とうそぶきます。かと言って彼らが自衛隊の皆さんに感謝することはありません。残念ですが・・・。」
人間ならば、今回の件で辻元清美がピースボートを代表し、防衛省に出向き感謝すべきです。
いや、人間じゃないのかもね・・・。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

PR Disc Work

オリジナルCD、DVD制作承ります。


関連記事

テーマ : 時事ネタ
ジャンル : ニュース

tag : 自衛隊 アデン湾 韓国 韓国日産 欧州の排ガス規制 ピースボート 辻元清美

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-