FC2ブログ

集団的自衛権について考える。

毎日新聞の社説で、4月のオバマ歴訪をめぐって、日本と韓国が日程を取りあったやり方は褒められたものではない。
と書いてます。まるで日本にも否があるような言い方です。
以前にもブログで紹介しましたが、オバマの訪日は2泊国賓待遇の予定で、韓国訪問は予定にありませんでした。
しかし韓国が子どものように、突然韓国訪問をアメリカに要請したのが混乱の始まりなのです。
オバマが訪日をして訪韓しなかったら、あの国民性です。何をしでかすか分かりません。
悩んだアメリカは訪日を一泊にしてくれと日本に要請して日本が譲歩して、韓国訪問が実現したのです。
日本が譲歩してオバマの訪韓が実現したのに、韓国メディアは外交的勝利だと大きく報道してます。
毎日新聞はこういった経緯を知っていながら、日程を取りあったのは褒められたものではない。と書いたわけです。
これは推測ですが、普通は韓国を褒められた事ではないと書くべきですが、韓国だけを非難したくない毎日新聞は、日本にも否が有るような表現になったのでしょう。
最後に社説は「世界が見ている」と捨て台詞のように安倍政権を批判してます。
それは違うだろうと叫びたくなりました。
韓国に対して「世界が見ている」と批判すべきでしょう。
そんなに韓国が大好きで、日本(安倍政権?)が憎いのでしょうか?
毎日新聞、よく分かりません。

集団的自衛権は普通の国は同盟関係があれば、当然持っている物です。
しかし日本はなぜか議論の対象になってます。
「わが国が国際法上、集団的自衛権を持っていることは主権国家として当然です。しかし憲法上行使されることは許されない。」
昭和47年の政府が解釈を固めた事が、是非の始まりです。
集団的自衛権は、憲法上行使可能か、どこまで可能か、と言うコンニャク問答みたいなものが今日まで続いてます。
朝日等反日メディアは政府解釈を基に、集団的自衛権は認めず、行使すれば世界の果てまで米国と共に戦争に突き進むと反対してます。
改憲して自衛隊を軍隊とし、軍隊保持、軍法会議の設置を明記すれば、集団的自衛権の行使も問題なくなります。
しかし改憲はまだまだ難しいでしょう。
今の憲法のもと、玉虫色の解釈しか出来ないのが残念です。
安全保障の状況は日々刻々と変わってきてます。
特に東アジアの国々は日本も含めて、中国の軍事力による威圧にさらされています。
集団的自衛権は日米同盟以外にも、中国の脅威にさらされている国々との連携を考えたら早急に整備すべきです。
沖縄県人の方々も、琉球新報、沖縄タイムスだけを読まず、ネット等で他のメディア情報にも接してもらいたいです。
沖縄の基地問題はご同情しますが、中国の脅威はそれとは比べ物になりません。
沖縄が第二のチベット、ウイグル、などにならない為にも日米同盟、沖縄の米軍基地は必要であり、最大限活用する為にも、
集団的自衛権は行使されなければならないでしょう。

クリックするだけでランキングに参加できます。クリック後はランキングページに移動します。クリックしていただいた方、感謝です。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記
(2013/07/11)
ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ

商品詳細を見る
韓国を激怒させた必読の書です。

PR Disc Work

CD DVDの製作、格安 国内プレス、海外プレスを承ります。

関連記事

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 安倍 オバマ 集団的自衛権 毎日新聞 オバマ訪日 沖縄 沖縄基地問題 自衛隊

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-