FC2ブログ

BS朝日!・クロスファイアー,に報道の自由は?

「放送法の公正原則がなくなったらどうなるか?」
このタイトルで2004年7月25日のブログで、在日韓国人で現在米国在住のコメンテーター・映画評論の町山智浩氏が書いてたので紹介します。
当時の左派・リベラルの考え方が良く出ているので紹介します。
「自民党は秋の国会で、放送法の第3条2項の『政治的に公平』を削除しようとしてる」として「フェアネスドクトリン(公平の原則)」の重要性を述べてます。
この後長くなりますが、要は米国は87年「フェアネスドクトリン」を撤廃した。そしてFOXテレビなどは、保守・共和党政権寄りの放送をして、イラク戦争を正当化した偏向放送をした。FOXは軍需産業GEなどのスポンサーから支援を受けている。
最後に彼は日本で「放送法の公正」が撤廃されたら、
「ナベツネ先生の持ってるテレビ局(日本テレビ)なんかは、公平原則がなくなればどういう放送をするのか想像すると恐ろしいぞ。」と日テレは自民党賛美ばかりすると述べてす。
「自民党が『公正原則』を削除しようとしてるのも納得だね。」だそうです。
ただ「放送法の政治的公正」が存続してる事はご承知の通り。

民主党政権時、日教組のドンであった興石東氏が報道記者に対し
「間違った情報ばかり流すなら、電波止めるぞ。」と恫喝し、
朝日新聞の見出しが気に入らないとして
「政治部長を読んで抗議する。」と吠えまくりました。
前原氏も、言うだけ番長と、産経新聞から揶揄された事に対し、激怒して記者会見から同紙の記者を排除しました。
玄葉氏も、番記者とのオフレコ懇談で、「共同通信の解説が酷い」とクレームを付けました。
これらを当時メディアは問題視していません。

ここから本論です。
BS朝日「激論!クロスファイアー」
MCは田原総一朗、ジャーナリスト青木理氏(元共同記者・ソウル駐在員)、ニューヨークタイムズ特派員。
テーマは「日本の報道の自由」です。
まず「国境なき記者団」が公表した報道の自由度ランキング。
日本は72位です。
青木氏
「72位と言うのは警告的意味がある。70位の韓国より下は酷いじゃないかと言う意見もあるが、韓国にいた実感から言うと、韓国と同じか韓国以下である。」
ふざけるなと言いたい。法律より、感情を優先させ司法もそれに従う。加藤産経記者に対する「名誉棄損裁判」でも表現の自由、報道の自由は事実上、朴政権によって侵害されてる事は明らかです。
結局、田原氏にしても、青木氏にしても、高市総務大臣の「放送法の公正を守ってほしい。」発言は怪しからん、そのために「国境なき記者団」のこの調査結果を利用しました。
まず「国境なき記者団」はNED(全米民主主義基金・CIA)から資金援助を受けてる団体であり、世界ではこの団体が「公正・中立」なんて考えていません。無視すべき団体です。NEDの目的は対中国工作です。
NEDについては皆さん調べてください。
このランキングの真の目的は、中国、北朝鮮などに圧力をかける事です。他はあまり意味がありません。
国境なき記者団」自体も公正な記者と言うより、活動家です。
田原氏や青木氏が言う様な団体ではありません。
田原氏は「放送に公正などない。」と言い放っています。また青木氏はこの番組に出て偉そうな事を言ってますが、「放送の公正」について、「放送法遵守を求める視聴者の会」から求められてる公開討論会に返答せず逃げ回っています。
青木氏は現在放送局が萎縮してる。原因は安倍政権だ、と述べてます。
放送局が恐れているのは、安倍政権ではありません。
インターネットの時代で、「嘘、捏造」がすぐ視聴者にばれるからです。
朝日新聞が「慰安婦誤報」で訂正したのも、インターネットで読者が真実を知ってしまったからです。
また田原氏は「米国では公正・中立を求められたらどうする。」とNYT記者に聞きましたが、そもそもケーブルテレビが普及した米国と、国民の財産である貴重な電波を借り受けている日本のテレビとは違います。
田原氏は「メディアは権力者である政権を監視する。」と述べました。
この老害は思い上がりもはなはだしい。
「あんたはそんなに偉いのか?」と叫びたくなります。
我々は彼らにこう言わなければいけません。
「巨大権力者であるメディアは、我々視聴者が監視する。」

冒頭に書いたことに戻ります。
2004年当時、田原や青木など左派ジャーナリストは「放送法の公正」の存続を政権側に求めていました。
また彼らは、民主党政権時の党幹部の報道に対する恫喝は問題視しませんでした。
現在安倍政権になると、高市総務大臣が放送局に「放送法を守ってほしい。」と言うと問題だ。と批判します。
彼らはその時々で主張を変えます。
自民党が嫌いなだけです。
民主党政権下の彼らの発言を見れば明らかでしょう。
左派ジャーナリストの劣化が始まりました。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

PR Disc Work

オリジナルCD、DVD制作承ります。


関連記事

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : フェアネスドクトリン BS朝日!・クロスファイアー 田原総一朗 青木理 国境なき記者団

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-