FC2ブログ

素人がコピペして作った 日本国憲法。

今日は憲法記念日です。
今日のブログは9条のみです。
朝日新聞に東京大学教授の憲法学者石川健治氏がコラムを寄稿してます。
言ってる事が良くわかりません。
僕のような無学な物には、東京大学法学部教授のコラムは難しすぎるのかもしれませんが。
ただ9条改憲反対だけは分かりました。
彼は、日本国憲法の成立過程については一言も述べていません。憲法を語る上では避けて通れないはずですが、なぜかふれてません。
改憲派を批判してる事も理解できましたが、北朝鮮、中国の軍事力と拡張主義についても触れてません。
極めつけは、自衛隊が合憲か、違憲かとの憲法学者なら一番主張しなければいけない事にも触れてません。
改憲派は近隣諸国との安全保障、自衛隊を合憲とするためには、憲法改正が必要と主張してます。
石川氏もこの件について論じなければ、議論になりません。
朝日新聞社説も同じでした。
再度述べます。
朝日新聞も先の東大教授も自衛隊が合憲か違憲かは論じません。避けています。
朝日新聞や民進党などの野党は安倍さんの「安保関連法案」は違憲だと主張します。
その根拠は憲法学者の7割が違憲だとの見解を出していると、朝日新聞は主張してます。
「安保関連法案」は憲法違反である以上廃案にすべきだとの論陣です。
ただ同じ憲法学者の7割が自衛隊も違憲だと述べてます。
しかし朝日新聞自衛隊については沈黙してしまいます。
理由は簡単です。
憲法学者が違憲と言う以上、「安保関連法案」と同じスタンスなら、自衛隊解体を主張しなければならなくなります。
また自衛隊を存続させるのであれば、憲法改正を主張しなければいけなくなります。
しかし朝日新聞はどちらも選択できません。
だから都合の悪い事は沈黙してしまうのです。

今日の産経新聞「産経抄」から、
普段は政治的な発言とは無縁の作家、山口瞳氏は、週刊誌のコラムで、
「我が生涯の幸運は、戦争に負けた事と憲法第9条に尽きると思ってる。」卑怯者と自嘲しながら、
「撃たれる側に命をかけたい。」と決意を語ったそうです。
まあ彼の時代は米ソ冷戦状態であり、直接日本が敵と対峙していないとの状況があるからではないかと、産経抄は述べてます。
この時代はまだ北による日本人拉致の事実を知らされていませんでした。
今は、北朝鮮は核実験やミサイル発射、中国は我が国の領海を毎日侵犯しています。
米国大統領候補は、日米同盟破棄を仄めかし、国は自分で守れと言い出しています。
しかし最近の日本を取り囲む安全保障環境でも、やくみつる氏は非武装を主張してます。
「敵が来たら降伏する。敵と戦って相手を殺す位なら、徹底的に謝って土下座する。」以前テレビでそう主張しました。
憲法改正反対であるなら、自衛隊廃絶との選択肢もある。
ただ「撃たれる側に命をかける」覚悟が必要だが。
産経抄はそう結んでます。

日本国憲法マッカーサーから命じられ、GHQ関係者が一週間でつく上げたことは有名です。
彼らには、マッカーサーから日本を非武装にするための、9条を加えることは条件として出されていました。
憲法草案に関わった素人の中には、20歳前後の若い人もいました。
憲法が何か良くわからない彼らは、あちこちからの既存の憲法を参考にして、コピペしたと言われています。
要は僕やこのブログを読んでる皆さんが日本国憲法草案を作ったようなものです。
さらに言えば我々は日本人ですから、GHQの関係者より日本の歴史、国民性をよく知ってると思います。
我々が作った方がまだましな憲法が出来ると思います。
ちょっと想像してみてください。
僕と皆さんが作った憲法を日本は70年間改憲することなく、日本の最高学府である東京大学法学部の教授が日々研究する。
また朝日新聞がこの憲法を変えてはいけないと社運をかけて力説する。
なんと滑稽な事だと思いませんか?。
今の日本国憲法の実情がこれです。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

PR Disc Work

オリジナルCD、DVD制作承ります。


関連記事

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 自衛隊 日本国憲法 憲法改正 護憲 安倍総理 朝日新聞 GHQ マッカーサー

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-