FC2ブログ

中国の底なし反日プロパガンダ。

朝日新聞記者、本多勝一氏が南京大虐殺を広めた件の続きです。
今日の産経新聞「歴史戦」から、
本多勝一氏の著作「中国の旅」について昨日は書きました。
今日はその姉妹編と言える「中国の日本軍」です。
中国の旅」が話題になったので、「中国の日本軍」での旧日本軍の残虐行為は、描写がさらにエスカレートします。
腹部が裂け内臓が見える女性の遺体や焼け焦げた遺体など、目を背けてしまうような写真ばかりだそうです。
記事によると、中国のプロパガンダの影響が色濃くうかがえると述べてます。
小銃を肩に担いだ軍服姿の男性らとともに、橋を渡る女性や子供たちの写真、本の説明文には「婦女子を狩り集めて連れていく日本兵たち。強姦や輪姦は7,8歳の幼女から80歳を越えた老女にまで及んだ。」
しかしこの写真は12年11月発行の「アサヒグラフ」が掲載した写真です。説明文には「我が兵士に守られて野良仕事より部落に帰る丸部落の女子供たち」とあります。
また違う写真、鶏2羽を肩から掲げて笑顔を見せる日本兵の写真。本の説明文では「ヤギや鶏などの家畜は、すべて戦利品として略奪された。」と日本兵の蛮行だと述べてす。
しかしこの写真も12年12月5日発行の「支那事変画報」(アサヒグラフ増刊号)の掲載写真で、実際は代価を払って鶏を購入したとあります。
では本多氏はこれらの写真を、自社のアサヒグラフからではなく、どこから転載したのでしょうか?
産経新聞によると、2枚とも38年に中国で発行された「日冠暴行実録」に収容されたものだそうです。
この実録は蒋介石・国民党がまとめた対日戦時プロパガンダ本です。
2枚の写真は日本の雑誌から無断使用された段階で、キャプションを捏造され「日本軍の蛮行」として使用されました。
本多氏の本にはかように捏造、出典不明、日本兵とは思えない写真まで掲載され、中国プロパガンダの一翼を担う事になりました。
これらは朝日新聞を介して世界中に拡散していく事になります。
また本多氏は「日本兵二人による、中国人100人切り競争」と言う東京日日新聞(現毎日新聞)の報道を事実であるかのように、自著に載せています。
このいわゆる「100人斬り競争」は現在、当事者である毎日新聞も「事実無根」と否定してます。
さらに問題なのは、本多氏の著作を元に日本の教科書が「南京大虐殺」を記述してる事です。
最後に実務教育出版から。
61年検定済み教科書、特に教師用の指導書では、
「中国での日本兵の残虐行為は本多勝一氏の『中国の旅』『中国の日本軍』が必読文献。特に後者の写真は良い教材になるだろう。」

さらに中国ネタは続きます。
皆さん呆れないで、もう少しお付き合いお願いします。
今日の産経新聞に櫻井よし子さんのコラムが載ってます。
岸田外務大臣が中国を訪問し挨拶で、岸田氏は笑顔ですが、王外務相は苦虫を噛み潰したようような顔でした。
櫻井氏はこれがお気に召さなかったようです。
王外相は「日中関係は度々谷間に陥った。その原因は日本が良く分かっているのではないか。」と一方的に日本批判を展開しました。岸田外相は笑ってる場合ではないだろう。と言う事です。
中国は去年ユネスコの記憶遺産登録に「慰安婦」を登録するための連帯委員会を発足させ今月末の申請締め切りを目指しています。
櫻井氏は警戒すべき物として「中国人慰安婦、日本帝国の性奴隷」のすさまじい内容を紹介してます。
この本は、上海師範大学教授蘇氏ら3人の共著で、英文で書いてあり、オックスフォード大学などの協力で出版されました。
オックスフォードと言うブランドがこの本の信憑性にお墨付きを与えてしまう、櫻井氏はそう警鐘を鳴らしてます。
序文でいきなり「15歳のリュー・ミアンファン氏が母親の前で日本軍に拉致されと言う証言が登場します。日本軍兵は村人を一か所に集めた。・・略・・、そしてその日に数人の日本兵に犯された。」
また彼女は父が工面した100枚の金で釈放されたと記述されてます。
日本軍が身請け金を受け取るなど、あり得ないと櫻井氏は述べてます。
更に本文は荒唐無稽な描写が続きます。
蘇氏は同書で102人の証言を記録したとして、87人は日本軍が直接拉致したと断じてます。
同書によると、慰安婦は全体で40万人、少なくても中国人慰安婦が20万人で日本軍が直接拉致したとしてます。
蘇氏は「中国慰安婦センター長」で、同センターによると、慰安婦の75%が日本軍に蹂躙されて死亡した。その数は40万人の75%で30万人ともいわれてる。またこの日本人の残虐性を描写するくだりは、まるで中国の古書「資治通鑑」に見られる中国人の行動です。
例えば「6か月の妊婦を裸にして広場のテーブルに縛り付け、乱暴しながら撮影し、腹部を切り裂き銃剣で胎児を引き出した。」などで、これらの妊婦への残虐行為は先の中国の古書から連想し描写したようです。
昨年「南京大虐殺」は、ユネスコ記憶遺産に登録されてしまいました。日本は中国に、ユネスコに対して、「大虐殺を示す文書、写真」など詳細を明らかにするよう要求してますが、中国が公開を拒んでいるようです。
このまま行ったら、こんな荒唐無稽な「慰安婦」も記憶遺産に登録されてしまいます。
安倍総理は「性奴隷20万人と言った事実は無い。強制連行を示すものも無い。」と言ってるにも拘わらず、外務省は一連の総理の発言を外務省のホームページに掲載していません。
この外務省の不可解な行動は、中国を利するばかりです。
「日本も国を挙げて立ち向かわなければならない。民間情報センターの必要性を痛感する。」
外務省だけにに任せておけないと、櫻井氏は述べてます。
こうなると慰安婦って何人いたことになってしまうのでしょうか。
殆どの慰安婦は日本人だった事は分かっています(約60%以上)。そこに韓国人は20万人、中国人も20万人と言い出しました。
そうすると計算上、慰安婦は全体で100万人以上になってしまいます。
秦郁彦氏はその著書「慰安婦と戦場の性」で慰安婦の数を2万人前後と推計してます。
韓国と中国が主張する慰安婦の数が、いかに現実離れしているか分かります。
韓国、中国は慰安婦を何人まで増やせば気が済むのでしょうか?。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

PR Disc Work

オリジナルCD、DVD制作承ります。


関連記事

テーマ : 中国のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 慰安婦 朝日新聞 中国 南京大虐殺 本多勝一 櫻井よし子 ユネスコ記憶遺産

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-