FC2ブログ

北朝鮮 金正恩が張成沢を処刑した真相

みのもんたが始めたばかりのツイッターが炎上したそうです。
熊本震災に関し「自衛隊きちんとして欲しいね。」と呟いたところ
「自衛隊は必死にやってる。」「自衛隊は不眠不休でやってる。」「あんたが言うな。」等々。
TBSの報道番組の「Nスタ」では生放送中にレポーターに
「見世物じゃない。車(中継車?)邪魔だ。どけろ。」と被災者から怒声を浴びせかけられました。
昨日の中谷元防衛相の記者会見で、共同通信、東京新聞など左派系のメディアからの執拗な追及に「全力でやってますよ。」と普段温厚な中谷氏は強く反論しました。
左派系メディアは、米軍のオスプレイ投入に疑問と、執拗に追及し、果ては被災者支援に全力を挙げる自衛隊の能力までケチをつけ始めて、とうとう大臣は我慢ならなくなったようです。
幹部自衛官は「自衛隊の支援が被災者に貢献してるのは明らかだ。彼らが何を言いたいのか分からない。」と呆れたそうです。
被災者の方々が、自衛隊や米軍に感謝してる事は、このブログでも被災者の声を交えて述べました。
みのもんたをはじめ、彼ら左派系メディアは自衛隊が国民から感謝されるのが、イヤでイヤで堪らないようです。
メディアのヘリは、取材の為被災地をオスプレイより大きな爆音を響かせて飛び回り、また中継車は我が物顔で走り回り、挙句の果てには、ガソリン購入の為の順番待ちの車列に割り込み給油です。
自衛隊員が倒壊した建物に耳をあて、生存者の声を聴こうとしてる頭上で、共同通信の取材ヘリが爆音をたてて左旋回?しています。
自衛隊や米軍のオスプレイを批判する前に、「人命救助活動を妨害するな馬鹿者」と言いたくなります。

北朝鮮の指導者金正恩が、自分の叔父で後見人である張成沢を処刑し、世界を驚かせたのは2013年12月の事です。
今日の産経新聞にその真相が載っていました。
記事は結構長いので要約しますが、うまく要約できるか・・・。
当初張成沢金正恩に次ぐナンバー2として権勢をふるっていたようです。
彼は中国からの信頼が厚く、2012年8月には50人を超える代表団を率いて訪中します。目的は。中国からの緊急借款と投資拡大を中国に頼に込む為だったそうです。
迎えた中国は彼を厚遇し「釣魚台国賓館」を宿泊に提供しました。それは金日成、金正日と同格を意味します。
彼は胡錦濤国家主席と一時間あまり通訳のみで会談しました。
彼は「場合によっては核を放棄する事も出来る。」とまるで北朝鮮の指導者であるかのような発言をしました。
さらに、金正恩に代えて長男の金正男を擁立する可能性にも言及します。(以前僕は彼と中国が金正男擁立を画策して、彼は処刑されたのではと、このブログで推測しました。)
この会談内容は、中国共産党最高指導部の周永康から北朝鮮に漏れます。金正恩が相当激高した事は想像に難くないです。
さらに張成沢は、良質の石炭を中国に輸出し巨利を生んできた軍傘下の54部の事業を行政部の管轄下に移し、自分の管轄下に置きます。
金正恩が自由に使える54部、秘書室の資金が大幅に削られた事に気付いた金正恩は激怒し、自分の叔父である張成沢を排除する事を決めます。
まず張成沢の右腕とされる人物2人を逮捕し、拷問し、「張成沢の罪状」を白状させます。
右腕2人の処刑には張成沢も立ち会わせ、機関銃で乱射される光景に彼は気を失ったと伝えられました。
その後張成沢は特別軍事裁判にかけられ死刑を宣告されます。処刑は彼に数百発の機関銃弾を浴びせ、遺体は無惨にも粉々にされます。さらに火炎放射器で焼き尽くされました。
「地球上から痕跡をなくせ。」との金正恩の指示に基づく処置だそうです。
この後金正恩は多くの側近を粛清しまくります。
金正恩は自分へのクーデター、暗殺を恐れるあまり、少しでも嫌疑を感じたら殺しまくっているのでしょう。
もはや常軌を逸してます。
朝鮮半島の平和的安定、統一は無理ではないでしょか?
北朝鮮の体制崩壊は金正恩の死を意味します。
それは散々側近を処刑してきた金正恩自身が痛いほど分かっていると思います。
金正恩の一か八かの暴発に備える時です。

                                        
クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

PR Disc Work

ポジフィルムから印刷用デジタル変換致します。CD、DVD制作も承ります。


関連記事

テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : TBS Nスタ 金正恩 みのもんた 共同通信 張成沢

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-