FC2ブログ

日本のヘイトスピーチ法案と韓国の反日。

今週になって、租税回避地利用に関する内部文書「パナマ文書」をドイツ新聞が入手して、その一部が報道され大騒ぎになってます。
僕はこの文書を読んでないので、まるっきり嘘ではないが、どこまで信憑性があるのか疑問でしたが、今日速報が入り、アイスランドの首相がこの報道を認め、人道的な責任から辞任したと報じてます。
真実だったことが証明されました。
パナマの法律事務所から、ドイツ紙がどういった経緯でこの文書を入手できたのか不明です。
(法律事務所はハッカー攻撃を受けて流失したと弁明してるようです。)
現在この文書を「国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が検証し一部公表しました。
全ての文書の公表は5月くらいになるようです。
中国の習近平の親族、ロシアのプーチンの友人などの関係者、ウクライナのポロシェンコ大統領、サッカーのメッシ、香港のジャッキー・チェンなど、そうそうたる名前が出てます。
こういったバージン諸島やケイマン諸島などで、法人を設立し税金逃れをする事は、よく闇世界がマネーロンダリングを絡めて行うと、映画などでも描かれてますが、ここまで有名人の名前が出ると、どこまで拡大するか分かりません。
中国ではこの件に関し報道規制をしきました。
ロシアは「プーチン大統領を悪意を持って貶める謀略だ。」と批判したようです。
プーチンと犬猿の仲のウクライナのポロシェンコも、税金逃れに関しては、仲良く同じ穴のムジナでした。
今回の報道に一番ショックだったのは、習近平ではないでしょうか。
彼は今、辞任要求の声が高まっている事に神経質になってます。
腐敗撲滅で政敵を排除してきましたが、今回の件で習近平自身が海外で不正蓄財を行っていたとの報道が大きくなれば、失脚または暗殺の可能性が大きくなります。
一方米国オバマ大統領は「税金逃れは決して許されるものではない。」と彼らを批判したようです。
今回の報道に今のところ、米国側の高官の名前が出てきていません。
プーチンの言うように、アメリカの謀略なのかなと詮索してしまいます。
記事によるとこういった事は、必ずしも違法行為とは限らないそうです。
違法ではない、なんか納得できないな。
そう思うのは、しょせん貧乏人のヒガミ根性だと言う事でしょうか。

今日の産経新聞によると。
自民党、公明党の「与党ヘイトスピーチ問題に関するワーキングチーム」は5日「国外出身者に対する不当な差別的言動解消推進法案」をまとめ、それぞれ了承の手続きを進め、近く国会に提出するそうです。
国外出身者とありますが、在日韓国人らに対する言動を念頭に作られることは明白です。
問題の定義は「差別的意識を助長、誘発する目的で、公然と、地域社会から排除することを扇動する言動」と定義して、罰則は設けないそうです。
「理念法。」と言う位置づけです。
罰則を設けない事は、表現の自由に配慮したと言う事だそうです。
この法案の対象は「在特会」だと思います。
僕は「在特会」の常軌を逸した言動には賛同しません。
また日本人への暴言や暴力、ヘイトスピーチを繰り返す「しばき隊」、またデモで中指を立て主張する「香山リカ氏」も同じです。結局彼らも「在特会」と変わらないのです。
香山リカ氏は今回の法案提出で「ネットウヨ、早く逃げる準備したら(笑い)」と言ってるようです。
安保関連法の反対デモで「アベお前は人間じゃない。たたき斬ってやる。」と叫んだ某法政大学教授、「安倍死ね。」と叫ぶシールズなどの市民運動家、総理大臣にはヘイトスピーチはいいのでしょうか?
韓国紙はこの法案で、罰則規定が無いことを批判気味に報じてます。
しかし、韓国内で行われてる反日デモは、日本の「在特会」に比べようもないくらいの、ヘイトスピーチ、ヘイトアクションです。韓国紙はこれらに関しては触れてません。
安倍政権はこの機会に、韓国政府に対し、反日デモでのヘイトスピーチ規制を要求すべきです。
韓国人が「日本がヘイトスピーチを規制する、ならばそれを評価し自分たちも規制する」と思ったら大間違いです。
日本人がヘイトスピーチが出来ないことをいい事に、彼らはさらに日本へのヘイトスピーチを繰り広げます。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


関連記事

テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 反日 パナマ文書 ヘイトスピーチ 在特会 香山リカ

コメント

非公開コメント

【在日支配の完成】

菅義偉という人物を通じた在日支配の完成→ http://this.blog.jp/archives/57919109.html
プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-