FC2ブログ

ワシントン、在米日本大使館前に慰安婦像が建つ日。

ジュネーブの女子差別撤廃委員会での外務省杉山審議官が、慰安婦捏造に関して説明した事は記憶に新しいです。
今日の産経新聞から藤岡信勝(拓殖大学客員教授)が寄稿した記事を抜粋します。
昨年7月に日本人の女性二人がこの委員会でスピーチしました。
山本優美氏は英語で、杉田水脈氏はフランス語で吉田清治の嘘を朝日新聞が事実として報道した事、そして朝日はその記事を取り消した事を説明しました。
これについて委員が「世界のメディアが知らされてきた事と違う事を初めて聞いた。その根拠を知りたい。」と日本政府に説明を求めました。それを受けて杉山審議官の日本の立場の説明が行われました。
杉山審議官の説明についてはこのブログで何度も述べてきたので省きます。
藤岡氏によると問題は国連の議事録です。
杉山氏の発言で重要な「朝日新聞」が議事録では「a leading newspaper in japan」(日本の大手新聞の一つ)と言う表現で匿名化した事です。しかも朝日新聞の名が二度目に登場する時も a leading newspaperと言う奇妙な事がおこってます。
仮に匿名化して出したとしても、二度目は The newspaper としなければ、もう一つの別の大手新聞が存在すると読者に誤解を与えると疑問を呈してます。
日本政府が3回も名前を挙げた「朝日新聞」と言う固有名詞を消すという、作為的な議事録改ざんが行われた結果だ。と藤岡氏
は述べてます。
この扱いは日本外務省のHPでも行われています。
朝日新聞を批判した外務省も日本語では朝日新聞と固有名詞で公表していますが、英文では公表していません。
なぜ朝日新聞と言う固有名詞を英文で公表しないのか?、その理由を藤岡氏はこう述べてます。
「国際社会に、慰安婦問題が捏造された事実経過を知らせたくないのだ。逆に言えば、朝日新聞の名前を出してこそ、世界中の人々がこの問題の真相を知る事になる。」
日本の周りには言葉の壁がある。言葉の内側は日本語の世界で誰でも朝日新聞の罪を知っているが、壁の外側は巧妙に隠蔽された情報だけが流される仕掛けになっており、この仕掛けを維持する強力な意思が存在する。
藤岡氏はそう結んでます。
「強力な意思」とは一体何を指すのだろう?
僕は今後もこの「強力な意思」について述べていきたいと思います。

言葉の壁に何も対処出来ない日本に比べ、韓国は先を行ってます。
杉山審議官の国連での反論にも関わらず、女子差別撤廃委員会委員会は日本政府に対し「被害者中心のアプローチが不十分だ」と日韓合意を批判しました。
また10日には国連のザイド・フセイン人権高等弁務菅が人権理事会で「日本軍による性奴隷制度を生き延びた人々。」と述べました。
国連事務総長の潘基文氏は、以前日韓合意を歓迎すると表明していましたが、11日ニューヨークの国連本部を訪れた元慰安婦吉元玉氏との会談後「苦しみや痛みに耳を傾ける事が重要だ。」と述べました。同席した関係者によると、「日韓合を歓迎する。」と発言した事は「両国の努力を歓迎したもので、合意内容を歓迎したものではない。」と元慰安婦に釈明したそうです。
彼は次期韓国大統領を目指してます。
彼が大統領になったら、日韓合意の不可逆的解決は白紙に戻るでしょう。
日韓合意の白紙撤回を求めて、有力反日団体「挺対協」が元慰安婦と訪米して、反日在米団体と組織的な活動を展開してると今日の産経新聞が伝えています。
8日には李元慰安婦達が国連本部で「被害者の声が無視された。」と日韓合意を批判しました。
9日にはワシントンで挺対協の尹代表と元慰安婦達が日本大使館前での抗議集会に参加し、日本政府に謝罪と賠償を求めました。
尹代表は「合意に米政府が圧力をかけたのは公然の秘密だ。滞在中に米政府にも抗議する。」と矛先を米政府にも向けました。

「合意を歓迎する。」との米国の意向に反した彼らの反日活動が活発化してます。
まさか韓国人が米国で勝手なことは出来ないだろうと、高をくくっていると大変な事になります。
ワシントンにある日本大使館前に慰安婦像が建ってしまってからでは遅いのです。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

関連記事

テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 慰安婦 朝日新聞 反日 潘基文 女子差別撤廃委員会委員会

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-