FC2ブログ

自民党は血を流す覚悟で河野洋平氏の国会招致を

昨日の文化放送の大竹まこと氏の番組で。都知事選の総括をしていました。
20代での田母神氏への支持が多いことに、面白くない大竹氏は口ごもりながら何か言ってましたが、ついに我慢できなくなって、田母神氏を支持した、20代の若者を「好戦的」と表現しました。
この番組は大竹氏のイディオロギーが色濃く反映してます。
好きな言葉は「反体制」全共闘世代の左翼はインテリでカッコ良く進歩的、親中韓、反米、反自民。
反面、国家、愛国、日の丸、君が代、は口が裂けても言えない。
番組での時事に関するコーナーでは、間違いなく朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、などの反日的新聞からの引用です。
たまに読売新聞、産経新聞から引用するものは、文化欄の記事で、政治、外交は引用しません。
番組を聞いているとまた朝日かよと、うんざりします。
民放ラジオ(TVも同じ)はタダだからいいんだ。嫌だったら聞かなきゃいいだろうと、言う人もいます。
(以前フジの韓流ドラマ反対のデモの時のナイナイの岡村氏の発言など)
しかし電波は許認可事業です。私が放送局を作ろうとしても出来ません。
安い電波使用料で独占的に放送してます。結果的に国民の税金が入ってるのと同じです。
電波使用に関する更新も自動的に行われ、新規の参入が事実上不可能です。
私としては新規参入を可能にし、電波使用料のオークションもやってほしいです。
放送局は公共の物だから現在のシステムは仕方ないという人もいるでしょう。
だったら、「タダなんだから嫌だったら見たり聞かなきゃいいだろう」とは言えません。
また大竹氏のように朝日の主張ばかり放送で発信するのは、公共の物と言う観点からもおかしいです。

昨日衆院予算委員会で、自民党河野洋平国会招致を拒否しました。
安倍総理の以前のスローガンにしていた戦後レジュームからの脱却には、河野談話の検証は避けては通れない問題です。
目指すは戦後の国家感、韓国への異常とも思える気配り傾倒からの脱却です。
河野談話は宮沢総理 河野洋平のラインで作られたとしても、自民党として発表した以上、自民党の責任であることは間違ない。
デタラメな証拠 証言の疑いがある以上、安倍総理は逃げずにこの問題に正面から向き合って欲しい。
たとえそのために自民党が血を流したとしても、しょうがないでしょう。
公明党は反対するでしょうが。この際いい機会だから公明党とは袂を分かってほしです。

クリックするだけでランキングに参加できます。クリック後はランキングページに移動します。クリックしていただいた方、感謝です。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

悪韓論VS悪日論 日本と韓国はどちらが嘘をついているのか (双葉新書)悪韓論VS悪日論 日本と韓国はどちらが嘘をついているのか (双葉新書)
(2014/01/15)
井上 和彦、金慶珠 他

商品詳細を見る

PR Disc Work

CD DVDの製作、格安 国内プレス、海外プレスを承ります。

関連記事

tag : 朝日新聞 大竹まこと 自民党 田母神 河野談話 河野洋平 国会招致

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-