FC2ブログ

朝日新聞退社後は韓国で厚遇される?。

産経新聞のコラム「IRONNA」
産経新聞出版社の編集長、皆川豪志編集長の寄稿から私見を述べたいと思います。
タイトル「朝日の若宮啓文氏を知ってますか。」です。
もちろん僕は大変良く知ってます。と心の中で叫んでしまいました。
朝日新聞の主筆だった時、多くのスペースを使って「竹島を韓国に譲ってしまおう、そうすれば日韓は上手くいく。そう夢想する。」
一応夢想すると言ってますが、彼の本音です。
僕は、アンチ朝日新聞派として朝日を購読してましたが、さすがにこれではもう無理だと思い購読をやめました。
朝日新聞を退職した後、若宮氏は韓国の大学に呼ばれ韓国人学生に反日教育をしています。
たしか、韓国から勲章をもらった気がします。(これは僕の記憶で違ってるかもしれません。)
話を皆川氏の寄稿に戻します。
氏によると、産経新聞元ソウル支局長加藤氏の「朴大統領の名誉棄損」裁判で、加藤氏の弁護に立った西日本新聞ソウル支局長に、検察が元朝日新聞の若宮氏の名前を出して質問したそうです。
「証人は若宮朝日新聞元主筆を知ってますか?」
実は、若宮氏は韓国紙「東亜日報」にコラムを持っていて、その中で加藤氏や産経新聞を批判しています。
「一国の元首に対して何とも失礼だ。まるでゴシップ週刊誌の記事だ。産経新聞は『嫌韓』の先頭を走ってる。」と韓国人が喜びそうな事を書いてます。
検察が裁判に無関係な若宮氏の名前を「知ってるか」と質問した意図は、
「日本の一流新聞である朝日新聞の元主筆だったジャーナリストがこう言ってるのだから、加藤や産経新聞は悪い奴らだ」と印象付ようとした、そう皆川氏は述べてます。
一方弁護士はこれを逆手にとって
「若宮氏は、独島(竹島)を韓国にあげてしまおうと言うほど、韓国に肩を持つ人物だと言われているは事実ですか。」と質問したそうです。
結局裁判で勝利を勝ち取ったのは産経新聞加藤氏の方です。
加藤氏の言葉です。。
「若宮氏のコラムは、私を訴えた韓国の右翼団体の理屈と同じです。」
韓国に呼ばれて韓国の大学で教鞭をとってる元朝日新聞記者は他にもいます。
有名どころは、慰安婦強制連行の嘘を広めた元凶である植村隆氏です。
植村氏は朝日新聞退社後日本の大学で教鞭をとりましたが、各方面から批判され身の置き所が無くなります。そんな時韓国の大学に呼ばれ、若宮氏ともども反日教育を韓国人学生に行ってます。
若宮氏、植村氏、二人とも大好きな韓国で、大好きな反日教育に明け暮れてます。
彼らにとって韓国はパラダイスでしょう。
ぜひ韓国に骨を埋めてほしいものです。

もう一人韓国の大学に呼ばれそうな人物が居ます。
山口二郎法政大学教授です。
安保関連法廃案で街宣車の上からマイクを持ち、「アベ、お前は人間じゃない。たたき斬ってやる。」と叫び、SEALDsなどの若者たちを扇動してます。
もはや日本では学者と言うより活動家になってしまいました。
「産経新聞、野村裕之氏の軍事情勢」によると、
この光景を見た野村氏は、1920年ナチスが「製造」したナチ党青年部を想起すると述べてます。
民主・共産・維新・社民など安保関連法廃案を目指す野党が、学生団体(SEADs/T-nsSOWL)の若さを利用し今夏の選挙で党勢拡大を図ろうとする手口が、先のナチスと似てると述べてます。
人類5000年の歴史は戦争の歴史で、戦争と戦争の間のわずかな時期が平和である。
これが理解できないと、戦争を抑止すると言う事も理解できない。
「戦争反対、9条堅持」これだけでは戦争は抑止出来ない。
野村氏によると
「共産党以外は落ち目で、高齢化も進んでいる。日本の左派が起死回生でSEALDsなどの若者に飛びついたのだろう。」
と述べてす。
香港や台湾の若者は中国と言う恐怖と戦いながら、民主主義を求めて活動してます。
日本の若者は警察から守られ、ラップや太鼓や音楽を流してデモを行います。
こういった「お気楽デモ」を見たら、香港や台湾の学生は仰天するだろうと氏は述べてます。
「反権力ごっこ」にうっとり、自己陶酔していると将来ロクな大人にはならない。
野村氏はそう結んでます。

先の法政大学教授、山口二郎氏の悪態をつくマイクパフォーマンスを見てると、彼は自己陶酔してるかのようです。
「ロクな大人にはならない」とはこんな人物の事でしょうか。
デモに参加する学生諸君も俯瞰(ふかん)から自分達を見れば、それに気が付くはずなのに・・・・残念です。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

関連記事

テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 慰安婦 朝日新聞 若宮啓文 植村隆 山口二郎

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-