FC2ブログ

SPEED今井絵理子氏が翁長沖縄県知事のとどめを刺す。

今日の産経新聞、IRONNAで沖縄出身のジャーナリスト仲村覚氏が、自民党候補、SPEED今井絵理子氏について述べてます。
僕は今井氏についてあまり詳しくありません。自民党が女性票を期待して候補の要請をしたのかなと思っていました。
しかし仲村氏の分析によると沖縄では、今井氏の擁立は本土と違った意味合いがあるようです。
もしかしたら今井氏は化けるかもしれません。そんな気がしてきました。
沖縄では翁長知事を筆頭に「オール沖縄」とのキャッチフレーズで、日本VS沖縄との構図を作り反基地運動を展開していましす。
「オール沖縄」とは日本政府により差別、抑圧された琉球人民が、日本政府にNOを突き付けて、沖縄から米軍を追い出し、最終的は自衛隊も追い出し、琉球独立を目指す。
そのキャッフレーズが「オール沖縄」です。中身は「親中左翼」と言った集団です。
しかし先の宜野湾選挙で翁長知事が推した志村氏が負けてしまいました。
志村氏の得票率40%が「オール沖縄」、選挙に勝った佐喜真氏の得票率60%が「オール沖縄以外」の沖縄県民という、笑い話のような事が起きてしまいした。
今井氏の最大のメリットは、沖縄マスコミがネガティブキャンぺーを行う事が出来ない候補だと仲村氏は述べてます。
戦後の沖縄の本土に対するコンプレックスを払拭したのは、沖縄アクターズスクール出身の、安室奈美恵SPEEDです。
今井氏は沖縄マスコミを恐れず選挙運動が出来る、戦後初の沖縄出身の自民党候補になる。と氏は分析してます。
オール沖縄とは先も言いましたが、革新、左翼マスコミ(沖縄タイムス、琉球新報)反戦平和団体のキャッチフレーズです。
自分たちの主張が沖縄県民総意であるかのように国内、国外に発信するための言葉です。
その実態は。全体主義で、保守勢力に対する言論弾圧組織です。
しかし今井氏は沖縄マスコミの言論弾圧の対象の外に存在しており、今井氏を沖縄VS日本の構図で攻撃できません。
翁長知事の「オール沖縄」体制が、今井絵理子氏によってとどめを刺され終焉を迎えるかもしれない。
もし安倍総理がこれを目論んで今井絵理子氏に立候補を要請したとしたら・・・、
事実はどうなのか官邸に聞いてみたいものです。

2/16ジュネーブの国連女子差別撤回条約委員会で、杉山外務審議官が慰安婦問題の反論を行ったと、このブログで述べました。
今日の産経新聞で東京基督教大学教授の西岡力氏が記事を寄せてます。
杉山外務審議官の言葉は前回もこのブログで紹介したので、省きます。
また国連のHPには杉山氏の反論の要約はメディアの要請で載りましたが、公式記録ではないと注釈が付いてしまいました。
また西岡氏によると、日本外務省のHPには反論冒頭ステートメントだけ掲載され、中身は載っていないそうです。
事実に踏み込んだ反論はどこにも載っていないようです。
また安倍総理がこの問題で「誹謗中傷には政府として事実でないと示す」と答弁してるのに、外務省は国際広報で全く取り上げていません。
西岡氏によると
「外務省高官らは国際社会の誹謗中傷を放置する事が外交上得策だと考えているのだろう。」と外務省を皮肉っています。
1992年、宮沢喜一首相が慰安婦問題で8回謝罪した時、西岡氏は外務官僚に質問したそうです。
「首相は強制連行について謝ったのか、それとも貧困の結果そのような事をせざる負えなかった女性に人道的として謝罪したのか?。」
外務官僚の答えは
「これから調べる。」
日本外務省はかようにまず謝罪して、嵐が過ぎ去るのを待つ。これが慰安婦問題を拡大させた原因でしょう。
韓国にしてみれば、何を言っても日本は謝罪する。ならばどんどん突き進んで日本を攻撃しよう。
国際社会では当たり前です。
日本側が韓国はゴールポストを動かすと批判しますが、その前に日本外務省の姿勢がこの状況を生んでしまいました。
安倍総理は外務省解体も視野に入れて改革をしてほしいものです。
国際社会は海千山千、魑魅魍魎が跋扈(ばっこ)する弱肉強食の世界です。
国際広報には日本人だけでなく、優秀な外国人を雇って広報、ロビー活動をさせた方がいいのではないでしょうか?。



クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

関連記事

tag : 国連女子差別撤廃委員会 韓国 慰安婦 SPEED 今井絵理子 アクターズスクール 安室奈美恵

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-