FC2ブログ

号外 インドネシアン高速鉄道

読売のWEBによると
インドネシアの高速鉄道計画で、鉄道計画を請け負う中国とインドネシアの企業連合が、失敗した時の政府保証を求めてると報じてます。
インドネシア高速鉄道は当初日本が地盤調査など大金をかけて行い、日本企業が有力と言われましたが、土壇場で中国がインドネシア政府の債務保証は求めない、すべて中国が面倒見ます。
こんなあり得ない甘言に若きインドネシア大統領はコロッと騙され、中国と契約しました。
その後建設許可の資料がデタラメで、しかもインドネシア語や英語ではなく中国語で提出したため、建設許可で揉めていると報じられていました。この時点でこの計画は破たんだなと思ってました。また日本が尻拭いかなと。
そのうちこのブログで書こうと思っていました。
しかし今日の読売に冒頭の記事が載りました。
記事によると
インドネシア運輸省は契約から50年後に債務が無い状態で譲渡を求めてます。
しかし中国企業連合は50年後より長い期間(永久的)期間を要求してます。
更に問題は、事業が失敗したらインドネシア政府が買収するよう提案、出来なければ中国に所有を移すよう求めています。
鉄道が中国共産党の所有になれば、インドネシアの中に中国政府の管轄が及ぶ事になります。

インドネシアの若き大統領、タダより高いものは無いとの日本教訓、また中国の狡猾さを、身をもって知った事でしょう。



クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

関連記事

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 中国 インドネシア高速鉄道

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-