FC2ブログ

中国「小規模な軍事衝突も平和維持外交だ」

川崎中1殺害事件の裁判員裁判の第三回公判で今日、リーダ格Aの父親が情状証人として出廷しました。
父親は
「口数が少なく、心に秘めてしまう事がある。」
「相談に乗ってあげればよかった。遺族に謝罪したい。」
今後については
「会話を広げ、深く絆を持ち、更生をサポートしたい。」と話したと報じられました。
心が無い言葉です。弁護士から言わされたと誰でも言うと思います。
一方検察はAが、平成25年飲酒した後通行人を鉄パイプで殴打し保護観察処分になった件に触れ、その後のAの飲酒状況を確認したかと父親
に質問しました。
彼は「はっきりと確認していなかった。息子を信じていた。」と答えました。
これは嘘だと思います。
たしか上村君の殺害事件が起こったとき、有力容疑者としてAが浮上した時、この父親はメディアの取材に、Aの飲酒を認めていたと言ってた気がします。
大体飲酒して鉄パイプで通行人を殴打するような人間を保護観察処分にするのも問題だし、この父親はその後もAの飲酒を黙認するのも、殺人の共犯者だと言わざる負えない。
Aの鉄パイプ傷害事件を厳罰にしていれば、今回の事件は起きなかったかもしれません。
殺害された上村君の父親は「一生犯人達を恨みます。息子の苦痛をAに与えたい。この手で殺したい。」そう述べたそうです。

昨日国会で安倍総理は憲法9条の第2項の改正に言及しました。昨日少しこのブログでも報じました。
安倍総理
「7割の憲法学者が自衛隊について憲法違反の疑いを持っている状況を無くすべきではないか、と言う考え方もある。」
しかし連立与党の公明党は憲法改正ではなく、加憲と言う変な見解を示してます。さらに創価学会9条を変えることは許さないと思います。
また安倍政権は甘利大臣問題があっても支持率が落ちるどころかUPしてます。
安倍総理は今夏の参議院選挙は消費税率引き上げ凍結を旗印に衆参同時選挙を打って出るのではと思います。
しかし公明党は衆参同時選挙は反対です。
公明党9条改正、衆参同時選挙ともに反対です。
一方民主党は3年あまりのデタラメな政権運営の為に国民から見捨てられてます。
支持率が一向に低迷したままで、自民党に不祥事が起きても民主党の支持率UPは望めません。
今噂されてる、維新の党との合併をしたとしても変わらないでしょう。
先日このブログでも紹介した、東洋学園大学の櫻田淳教授が提言した、民主党保守派が民主党から離党し自民党と連立を組む。これが現実的ではないかと思われます。
民主党保守派が何人集められるか分かりませんが、次の選挙を考えたら民主党で戦うより、自民党との連立政党で戦った方が有利だと思う議員も多いと思います。
自民党は民主党保守派(長島氏ら)と連立を組み、衆参同時選挙、9条改正に本腰を入れていただきたいと思います。
オプションとしては、衆参同時選挙が行われれば、おおさか維新の会の橋下氏が衆議院選に出馬するかもしれません。
出馬すれば橋下氏は必ず当選します。
憲法改正に橋下氏も参加すれば、憲法9条改正を国会に提出できる環境が整うと思います。

今日の産経新聞に葛城奈海氏のコラムが載っていました。
彼女は尖閣の現状を憂いています。
現在石垣市の漁民も尖閣2マイル以内に海上保安庁の船に阻まれ近づけないようです。一方中国の公船はその内側を遊弋してます。
尖閣が日本の島なのか中国の島なのか分からなくなっていると言う、倒錯した状況にあるようです。
「あそこは、もう日本じゃないよ。」
石垣島の船長が告げる実態を政府はどう受け止めるのか、彼女はそう結んでます。

また大阪「正論」懇談会での東京国際大学教授の村井友秀氏の言葉です。
日本と中国の平和維持について「日本が一定の軍事力を持つのが合理的方法だ。」とコメントしました。
また「日中間の緊張は中国の国内問題を反映している。」「中共は共産党支配を最重要と考え、国民の不満を日本に向けさせる。」
その上で、中国は小規模な軍事衝突も平和時の外交とみなしている。しかし日本は戦争と考えるだろうと分析してます。
そして日本国内で反戦運動が盛り上がれば、世論を分断できると中国は考えている。
村井氏は、日本が「小さな戦争」にうまく対応することが求められていると結論づけています。

9条をどうするか、自衛隊は軍隊か、結論を出す時は迫って来てます。



クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

tag : 9条 尖閣 安倍総理 公明党 創価学会 川崎中1殺害事件

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-