FC2ブログ

日韓合意から一か月。(追記あり国産ステルス機「心神」)

昨日、鹿児島の空をゼロ戦(ゼロ式艦上戦闘機)が舞った様です。
僕の年代だとたぶんゼロ戦を知らない人はいないと思います。
ニュージーランド在住の日本人の方が所有するゼロ戦を、日本人ではなく外国人パイロットが操縦したそうです。
スポンサーが相次いで撤退しました。
あの「安保法整備は戦争法案」と言うレッテル張りにスポンサーの腰が引けてしまいましたが、しかしここに来て関係者の努力でようやく実現したようです。
米国ではゼロ戦はリスペクトされ、米国の空を何度も飛んでます。
早く日本人のパイロットが操縦するゼロ戦が、日本の空を舞う姿を見てみたいものです。
英霊の方々の為にも。

サッカーU-23アジア選手権の決勝で日韓が戦う事に関し、前回のブログで韓国とはやらない方がいいと述べました。
理由は勝っても、負けても、後味が悪いからです。
今日のネット上では、韓国の新聞社のネットに、韓国選手ファン・ヒチャン(ザルツブルク)が「慰安婦のおばあさんの為に(戦う)」と述べたと報じてます。
記憶に新しいところでは、日韓戦で勝利した韓国選手が「独島(竹島)」は韓国領とのプラカードを掲げた事が(政治的主張)として問題になったことがあります。
韓国はサッカーの公式戦を「FIFAのルールを無視しても、反日、人治主義、情緒主義は正義」との勝手な思い込みで私物化してしまいます。
だからあんな「恥知らずな行為」を世界に発信出来るのです。
法治国家とは言えない韓国民の民度の低さが原因です。韓国内で何をやろうが勝手ですが、国外でやられたら日本にとっても迷惑であり、見過ごすわけにはいきません。
30日深夜にキックオフの笛が吹かれます。
僕は前言を撤回します。
「日韓戦は勝っても、負けても、後味が悪い。」ではなく
「日韓戦は試合前から気分が悪くなる。」
サッカーに限らず日韓戦で、スポーツのすがすがしい感動を覚えた事はありません。
僕だけですか?

「日本は韓国人少女20万人を強制連行し性奴隷にした。そしてその後虐殺した。ナチスのホロコーストと同じ」と世界に流布した日韓合意から一か月がたちました。
一か月前日韓の外相は共同記者会見で
「最終的かつ不可逆的に解決される。今後国連等国際社会において互いに非難・批判する事は控える。」とお互い確認しました。
その後の韓国の言動はどう見ても「日本を非難しない。」とは程遠いと思わざる負えません。
さらに撤去、移転と言われてる日本大使館前の慰安婦像は撤去も、移転も出来そうにありません。
それどころか以前このブログでも述べましたが、釜山の日本領事館前にも慰安婦像が立ってしまうかもしれません。
像撤去は「屈辱的だ」との韓国世論の反発で、韓国内、また米国など海外でも像増設が現実化しています。
産経新聞によると、日本大使館前では27日、毎週水曜日恒例の反日集会が開かれ、冬休み中の高校生や大学生が大勢参加し、元慰安婦と慰安像を囲み「日韓合意無効」と叫び気勢を上げたそうです。

日韓合意を完全に履行するためにはまず「韓国の法より反日が優先する、反日無罪」「嘘、捏造の反日教育」を是正しない限り無理です。
しかし韓国社会、韓国民気質を考えたら、これらの是正は不可能でしょう。

追記
ブログの初めにゼロ戦が日本の空を舞う雄姿を述べましたが、先ほど産経新聞WEBが今日「日本版ステルス機心神」がお披露目されたと報じました。
愛知県にある三菱重工の工場で「心神」はベールを脱いだそうです。
まさにゼロ戦と縁が深いこの三菱重工場でお披露目された事は、その歴史、ゼロのDNAが心神にも受け継がれていると言う事でしょう。
記事によると米軍のF-35(第5世代)の上を行く(第6世代)に備えた性能を有している研究実験機です。
僕は恥ずかしながら知らなかったんですが、「心神」とは富士山の別称だそうです。
心神」と言うコードネームは三菱重工が命名したとの噂がありますが、定かではないようです。
ゼロ戦がF0であるなら心神はF3でしょうか。
長い間米国から飛行機技術を禁止されていた事を思うと僕は万感の思いです。
高い運動性能を求められたエンジンを担当するのはIHI(旧石川島播磨重工業)です。
僕の記憶によると、三菱の社長は「三菱は戦闘機を作る。それが出来なければ三菱が存在する意味は無い。」と宣言したと思います。

この三菱の工場からゼロ戦と心神が飛び立ち、一緒に富士山に舞う、そんな光景を思い浮かべてしまいました。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

関連記事

テーマ : 日韓問題
ジャンル : ニュース

tag : ステルス機 日韓合意 性奴隷 三菱重工 心神 韓国 慰安婦 反日 ゼロ戦

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-