FC2ブログ

香港,台湾の学生達に比べ幼稚なシールズ。

頭がぼーっとしてます。完全な寝不足です。今日の記事に誤字、脱字があったらご容赦ください。
(普段でも文字の間違いは多いですが。)
昨夜無性にラーメンが食べたくなり、近所の家系と言われる店に行ってしまいました。
まずビールで喉を潤し、焼き立ての餃子をタレに付け頬張ります。口の中で肉汁が広がり、またビールで流し込みます。
やがてラーメンが登場します。
スープを一口、やっぱり旨い。まず麺を口に運び、次に海苔、チャーシューを堪能し、コチジャンとニンニクをガッツリ入れて、味が変わったところで、一気に麺を食べ続けスープまで飲み干してしまいました。
ニンニクをガッツリ入れた為か、夜なかなか寝付かれず、気が付くと明け方になってしまいました。
明け方のテレビでは、台湾総統選挙が今日投開票が行われると報じてます。
日本では政権を取った民主党がデタラメ過ぎたので、次の選挙で惨敗しました。
同じように国民党馬英九総統は、もはや人民から見捨てられてます。
民進党蔡英文主席の当選が確実視されています。
特筆すべき事は、学生運動から派生した政党「時代力量」が大躍進しそうなことです。第三局に躍り出るかもしれません。
彼ら学生たちは、香港の学生たちと同じで、大陸の中国共産党に対する危機感を肌感覚で感じています。
自由、人権を中国共産党から守る。そう訴えています。
同じように政治活動を始めた日本のシールズ
彼らは相も変わらず、安保法整備反対、憲法改正反対、沖縄の辺野古基地移設反対、中国共産党が喜びそうなことばかり主張してます。
台湾の学生に比べ、シールズの学生たちは、自由、人権は当たり前に存在してると思っています。
世界に目を向ければ、自由、人権は血を流して勝ち取らなければならない事もある。それがリベラルの意味だと彼らは知らないようです。
平和を訴えるなら、国会前ではなく、中国大使館前でデモしろと言いたい。
台湾の学生たちに比べ、国際的なバランス感覚がないシールズの学生たちの幼稚さが際立っています。
シールズだけでなく、なぜか日本の左派は中国共産党には沈黙してしまいます。
台湾の選挙結果は今夜にも判明します。

今日の産経新聞のコラムで、故つかこうへい氏の19年前の取材記事について述べていました。
まだ読んでいない方のために簡単に紹介します。
在日2世のつか氏は、慰安婦問題の取材を重ねます。当時マスコミ報道の主流だった「強制連行」の証拠を探そうとしたようです。
「悲惨さを調べようと思っていたら、思惑が外れバツが悪かったが、慰安婦と日本兵の恋はもちろん、心中もあった。将校に恋をしてお金を貢いだり、休日には一緒に映画や喫茶店に行ったりという人間的付き合いもあった。」とつか氏は述べています。
さらに「強制連行はしてないと思うが、人間の尊厳の問題なのだから、元慰安婦には何らかの誠意はみせ続けるべきだ。」とも述べてます。
昨日の桜田議員の「慰安婦に関する」発言は真実であっても、日本では言論封殺されます。
桜田氏の発言を糾弾した人々は、先のつか氏の発言も糾弾するのでしょうか。教えていただきたい。

つか氏は自分の父親についてもこう言ってます。
「うちの親父は『日本に連れてこられた』と言っていたけど、本当は食い詰めて自分で渡ってきたのだろう」


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

関連記事

テーマ : 台湾ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 時代力量 中国 慰安婦 台湾 つかこうへい シールズ 民進党 国民党 蔡英文 馬英九

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-