FC2ブログ

中国の南京事件記憶遺産登録はデタラメ。


今日の産経新聞にユネスコ記憶遺産に中国南京大虐殺文書」が登録された事件(あえて事件と書きます。)の詳細が載っています。
もともと僕は、この南京事件そのものが捏造だと思っています。
当初毛沢東蒋介石も含め、中国要人は南京事件については何も言っていません。
朝日新聞本田勝一(カツラとサングラスでの変装が趣味)が書いた「中国の旅」を掲載し、南京大虐殺を捏造しました。
その後これは中国の対日外交カードに使われます。
これを言うと、歴史修正主義者と批判されますが。
南京は当時国民党軍が首都とし、人民から食料などを搾取してました。
当時布教活動していた宣教師が、布教するための人口調査をしています。
日本軍が入城し国民党軍を追い出すと、南京市の人口は大幅に増えていきます。
国民党軍から逃げていた市民が戻ってきて、日本軍相手に商売を始めたとの証言もあるようです。
30万人もの虐殺をしたのであれば、市民が流入して人口が増える事などありえません。
国民党軍と日本軍の戦闘で、犠牲になった民間人がいる事も事実でしょう。
国民党軍の兵が民間人に扮した「便衣兵」がゲリラ戦を展開したので、本当の市民も犠牲になったと思います。
南京事件はわずか4週間とも4か月ともいわれてますが、その間に30万人もの人をどうやって虐殺したのか?、死体はどう処理したのか?、どこに埋葬したのか?。実際こんな短期間で30万人って非現実的です。
ナチスは大量虐殺の為ガス室を作りました。また大量の遺体処理は埋葬では追いつかないので、焼却炉を作りました。
不謹慎ですが、彼らはドイツ人らしく冷淡にも合理的に考えたのでしょう。
その南京大虐殺ユネスコ記憶遺産に登録され、その詳細が今日の産経新聞に載りました。
記事によると中国の申請したのは、「資料の一覧」と「資料を保管する7か所の公文書館を記した目録」だけだったそうです。
記事によると、申請資料として目録が提出されるのは通例ですが、多くは「詳細な内容を記載したもの」を添付してます。
ちなみに日本は「何の資料が、どこの場所の、棚の何段目にあるかまでを含めて詳細に記している」と外交筋の証言です。
南京文書の目録に添付された資料は十数種類。
これらの資料はすでに日本人学者の調査によって否定されてます。
記事によると最初の審査機関になる「登録小委員会(RSC)」は9人で、全88件を審査したそうです。
一人当たり約十件。また委員が審査した物を相互にチェックする機能は無いそうです。
とにかく記憶遺産は、厳格に審査する世界遺産と違って、いいかげんだと言う事です。
いい加減な機関だからこそ、中国の一方的な資料(日本学者が否定したもの)でも通過してしまう。
記憶遺産の事務総長はイリナ・ボコヴァ(共産党員です。)、彼女は昨年北京で行われた「中国人民抗日戦争・世界ファシズム・戦争勝利70周年記念式典」にも参加しました。
彼女は来年改選される国連事務総長に名乗りを上げてます。
次期国連事務総長、歴代最低評価の韓国人パン君の次は親中の共産党員になるのでしょうか?。いやになります。
「新しい歴史教科書を作る会」は日中戦争の発端となった盧溝橋事件直後の日本人虐殺事件(通州事件)の資料をユネスコに申請すると発表しました。
いい加減な審査機関、ユネスコ記憶遺産ですが、日本が中国の負の資料を申請するとどうなるんでしょう?。
何しろユネスコ記憶遺産のトップは親中で共産党員です。
さらに一か国2件までの申請です。国内の申請が多数になったら日本側が2件に絞ります。
ユネスコでの審査の前に、日本の文科省が中国に気を使って外すかもしれません。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

関連記事

テーマ : 中国のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 通州事件 中国 世界記憶遺産 南京大虐殺 毛沢東 蒋介石 国民党軍 ユネスコ 朝日新聞 本田勝一

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-