FC2ブログ

北朝鮮の水爆実験と拉致問題。

「初の水爆の爽快な爆発音とともに、2016年を開始しよう。偉大なる朝鮮労働党を世界が仰ぎ見るように!」
これは8日に32才(33才かも?)になる若造の命令書だそうです。
誕生日のお祝いの祝砲が、水爆(原爆?)をぶっ放すのは常軌を逸してます。
昨日ブログをUPした後に飛び込んで来たニュースです。
今日のメディアは軒並み、北朝鮮水爆実験がメインテーマです。
米国のオバマや国連の韓国人事務総長パン君、どちらも無能であり、この2人は歴史に名を残すと思います。
そんな中、良い、悪いを別にしてロシアのプーチンが存在感を増してる気がします。
素人の私が言うので、皆さん反論されるかもしれませんが。
中東でのサウジアラビアとイランでの軍事的緊張の中、プーチンが仲裁役を買って出ました。
プーチンがイランの後見人として、中東の主導権を握ろうとしてると思います。
アメリカは自国で石油が賄えるし、オバマは軍事的行動には否定的です。
しかしプーチンがイランと手を結べば、どうなるか分かりません。
報道によると北朝鮮での今回の、水爆だか、原爆だかの実験で中国は相当頭に来てるそうです。
今回中国への事前連絡はありませんでした。
北朝鮮が原爆実験した後、今まであった中国の声明「中国は各国に冷静な対応を呼びかける。」が今回ありません。
北朝鮮中国と手を切って、ロシアのプーチンと手を結んだら、アジアは新たな危機に直面するかもしれない。
この機会をプーチンが虎視眈々と狙ってるかもしれません。
今後北朝鮮をめぐり、中国、韓国、日本、ロシア、米国が複雑に絡み合って予断を許しません。

日本は拉致問題を抱えてます。
一向に進展しません。
北朝鮮に対し日本は軍事的と言うか、自衛隊を出動させるとのオプションも考えるべきではないでしょうか?。
こう言うと、戦争になると反論されます。
しかし自国民を救出する為に軍事力も辞さなと言うのは、国際社会では常識です。
北朝鮮の水爆実験の陰に隠れて、拉致問題がおろそかになってはいけません。
「核が使用されたら、また北朝鮮と軍事衝突があったら、多くの日本人が犠牲になる。拉致問題は棚上げすべきだ。」
そう主張し、北朝鮮に対する経済制裁に反対した日本人、評論家、文化人、学者が多いことも事実です。
しかし、私は同胞である拉致被害者を見捨てる事はできません。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。クリック後ランキングページに飛びます。クリックしていただいた方感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

関連記事

テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 中国 北朝鮮 水爆 水素爆弾 プーチン 拉致問題 拉致被害者

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-