FC2ブログ

キャロライン ケネディーは大使の器か?

若い日本人の快挙が止まらない。
万能細胞の小保方さん、スキー女子ジャンプの高梨選手今季9勝目通算18勝、国際バレーコンクールで優勝した二山さんと準優勝、6位入賞で3人が日本人。
ゴルフの松山選手は2打差で優勝を逃すが、米男子ゴルフ初優勝まであと一歩です。恐るべき新人です。
ソチのオリンピックが楽しみです
そんな中また韓国のメディアがヤンキースに移籍する田中投手にイチャモンを付けてるみたいです。何時ものことですが、気分が悪くなります。

小学生の時に流行ってた、ニールダイヤモンドのスイートキャロラインが私が始めて買ったレコードです。
当時これがキャロライン ケネディーの事を歌ったとは知る由もないです。
キャロライン ケネディーのファンの方には申し訳ないが、私が就任当時から懸念してたことが起こってしまった印象です。
彼女は自他ともに認めるリベラルですが、私が思うに、本来アメリカのリベラルは日本のリベラルとは違い、同盟国や愛国心については共和党と共通した物があると思います。多少の違いはありますが。
日本のリベラルと自称する方は、中韓に妥協し、愛国心、国旗、国歌については否定する。
それがリベラルだと思ってる方が多いような気がします。私から言わせれば、それはリベラルではなく単なる反日左翼です。
しかしそのアメリカもオバマ政権と彼の取り巻き(キャロラインも含めて)はこの日本の反日左翼議員に近づいてるのかもしれません。
靖国参拝の失望発言(これはバイデン副大統領の指示かもしれませんが)、 太地町のイルカ漁についての懸念発言に、日本人から批判があると反対意見は削除、まるで春香クリスティーンが、安倍さんの靖国参拝をナチスにたとえて、その発言に対する反論意見が来ると、それを削除した事に似ています。
姑息なことはやめて反対意見があったらそれも公平に表示すべきではないか。(単なる中傷コメントは別です)
イルカ漁は伝統文化なのです。
キャロラインは他国の文化、宗教を尊重する事を知らないで、大使に就任したのだろうか。
アメリカ軍の艦船等のソナーなどで、どれだけのイルカやクジラが被害を被ってるか知ってるのだろうか?
日本人は自然(動物も植物も)を食材として体に取り入れたら、それらに感謝し、祈りを捧げてきているのです。
動物が可哀そうだからベジタリアンになったとしても、植物の命を奪い食材にしている限り自分を正当化出来ないと思います。
命を奪って人間が生きている以上、それらに感謝する事が大事で、太地町もイルカに感謝しているはずです。
キャロライン ケネディーは日本各地にある塚(クジラ塚等)に足を運び、こういった日本の伝統文化、日本の宗教観を学んでほしいものです。

クリックするだけでランキングに参加できます。クリック後はランキングページに移動します。クリックしていただいた方、感謝です。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

GreenOn(グリーンオン) ザ・ゴルフウォッチ[横型/黒] GWH-BGreenOn(グリーンオン) ザ・ゴルフウォッチ[横型/黒] GWH-B
()
GreenOn(グリーンオン)

商品詳細を見る
私も使ってます。ゴルフ場に着いたら、オートプレイを押し、ティーグラウンドに着いたら、イン、アウト、を選ぶだけ。後は距離を確認しプレイに集中するだけです。バッテリーの持ちも問題なし。今ではこれが無ければ不安です。

PR Disc Work

CD DVDの製作、格安 国内プレス、海外プレスを承ります。

関連記事

テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

tag : キャロライン ケネディー 大地町 イルカ漁 リベラル バレーコンクール 二山

コメント

非公開コメント

キャロライン米国大使

彼女の素質は未知数です。

何故、ケネデー大統領の愛娘が日本大使?。
どうして、欧州諸国の大使にしないのか?。と僻む国が在る…。

此処は、逆に彼女を本当の国際政治家に成るべく過渡期と捉えて専任の女性副総理を創設すべきかと提案したい。

世界では、女性総理、大臣が如何に多いか…。

彼女達が、従軍慰安婦問題で、反日に回る可能性が大です。

是が一番怖いです。

女性の議論・デベートに、男性が敵う訳が在りません。
女性の正論には世界が注目しニュースに成りますが、
男の正論は、誰もが見向きもしません。

今からでも遅く無い、緊急に創設すべきかと思います。
女性副総理のイメージは、中山恭子議員が適任かと思う。

従軍慰安婦問題は、国連以外に、女性の為の国際機関を創設して
世界中の慰安婦・売春婦問題を掲げ調査すれば、
世界中に其の事例が多々在る事が公になり日本の嫌疑が晴れると思う。

日本が、創設基金を100億円位、拠出し日本人が主導する。

Re: キャロライン米国大使

コメントありがとうございます。
今後記事を書く上で、
参考にさせてくだい。
プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-