FC2ブログ

黄金の国ジパングと沖縄反基地闘争。

今日の産経新聞で、11/27,28に行われた産経志塾で講義した三名の方の講義内容の抜粋が掲載されました。
稲田朋美自民党政調会長は南京虐殺史観や東京裁判史観へ関わった経緯など、ご自分の体験をもとに講義しました。
村井友秀東京国際大学教授は日清日ロ戦争に勝利したことで、国際的非常識にとらわれ、不適格な指揮官が戦闘の指揮を執ったことが、大東亜戦争敗北の一因だと述べてます。
このブログでは山田吉彦東海大学教授の講義内容を紹介し、また沖縄基地問題を考えたいと思います。
山田氏によると、日本の周りには6800あまりの島が点在し、国際海洋法条約で認められた排他的経済水域(EEZ)は447万平方メートルにもなり、世界6番目の広さだそうです。
日本近海でのメタンハイドレートは日本人が使う100年分の埋蔵量があり、また海底熱鉱床には希少金属が含まれていることが確認されています。開発可能なものだけでも80~100兆円に及び将来的には5000兆円分あると言われているそうです。
食料自給率でも魚に限れば60%、また何らかの理由で捨てられている未利用魚を加えれば90%の自給率になるそうです。
日本はこれだけの資源国と言う事です。
中国にとったら黄金の国ジパングと映るでしょう。
また地政学的には、日本は有事の際中国を海上封鎖出来ます。
中国のエネルギー、食糧の海上輸送を断つ事が出来れば中国の崩壊に繋がります。
中国にとって如何に日本が重要かと言う事がこれらから分かります。
私が残念に思うのは、この事実を日本人自身があまり理解していないと言う事です。
山田氏は、この事を考えれば日本の領土、領海を防衛する事が急務だと警鐘を鳴らしています。

同じ今日の産経新聞に石垣島(尖閣諸島を抱える)を拠点とする日刊紙、八重山日報の仲新城誠編集長のインタビュー記事が載ってました。
八重山日報は沖縄2大紙、沖縄タイムス琉球新報が報じない、安全保障、中国船領海侵犯など八重山の実情を地道に報じているそうです。
八重山日報は尖閣を抱える石垣島が地元です。
毎日のようにやってくる中国船の脅威を肌で感じ取ってる新聞社です。
仲新城氏によると、
沖縄では先の2大紙のシュアが圧倒的で、本土の様に産経、読売、朝日、毎日など選択肢がありません。
さらにこの2大紙は「反米軍事基地」「反自衛隊」など同じ論調です。
沖縄では事実上この2大紙しか選択肢がないので、県民はその論調が正しいと信じ込まされています。
さらにこの2大紙は翁長雄志知事とタッグを組み、米軍普天間飛行場の辺野古への移設反対する運動の「核」になってます。
本土でもこの2大紙が発信する『県民は基地のない島を望んでいるのに、日米両政府に弾圧されている』と虚構の沖縄の姿が流布されています。
以前このブログでも紹介した、翁長雄志知事がジュネーブで『沖縄県民が日本政府から人権侵害を受けている。』と訴えた件で、氏は同行した2大紙の記者も、シンポジウムでスピーチした。
まるで記者と言うより反基地活動家の様だと非難してます。
しかしここにきて少しずつですが、真実に気づいた人々が確実に増えてきているそうです。
尖閣諸島で中国漁船が海保の船に衝突した頃から、自衛隊や米軍の必要性を理解する人々が増えてきていると氏は述べてます。
そういったサイレントマジョリティーは確実に増えていると。
沖縄2大紙の欺瞞に沖縄の人々が気づくよう、八重山日報は真実の情報発信に努めます。
氏はインタビューでそう結んでます。

沖縄発信の情報では、2大紙に反論したり、米軍基地容認を発言すると反対派から相当な嫌がらせを受けるので、声を上げられないと聞いたことがあります。
安全保障が如何に重要か、サイレントマジョリティーではなく、大きな声を上げ発信できるよう、本土からもサポートすべきではないでしょうか?。

八重山日報の方々のご尽力に期待し、またこのブログでも情報発信をしていきたいと思います。



クリックしていただいたらランキングに参加できます。クリック後ランキングページに飛びます。クリックしていただいた方感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

関連記事

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 八重山日報 産経新聞 辺野古移設 翁長雄志知事 稲田朋美 山田吉彦 村井友秀 沖縄タイムス 琉球新

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-