FC2ブログ

ユーキャン新語・流行語大賞と辺野古移設。


今朝のニュースで、米軍機や自衛隊機にレーザーポインター照射があったとか、また靖国神社爆破テロで、韓国人が捜査上に浮かんだと報じられました、しかしこれらについては今度の機会に述べたいと思います。

今日の紙面で、今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」に、「アベ政治を許さない」がトップテンに入ったと報じていたので一言。
去年は「集団的自衛権」「ダメよ~ダメダメ」だったようです。
今年はこの他にも50語の中に「自民党、感じ悪いよね。」「戦争法案」「国民の理解が深まっていない。」など、とても流行語とは思えないような言葉が並んでます。
ほとんど政治的プロパガンダとしか思えません。
選考委員長は国会前で、安保法整備をシールズと一緒に反対と叫んでいた鳥越俊太郎です。
鳥越氏はこの流行語大賞の式典で、胸を張りこう述べたそうです。
「(選考委員は)ゆがみのない現実を映す鏡を作ったつもりだ。」
彼の言う「ゆがみ」の無いとはどう言う意味なのでしょうか?
大体、安保法整備が「戦争する為又徴兵制の為」と主張するのは、プロパガンダであり、彼らの「ゆがんだ妄想」が作り出した幻影です。
彼の頭の中にある「ゆがんだ思想」こそ、現実の鏡に照らし治療する必要があるのではないでしょうか。
現実の鏡に照らせば、中国の海洋覇権により、日本国に危機が迫っているのは明らかです。
産経新聞の阿比留氏が「なぜ安倍でなく片仮名のアベなのだ?」と言っていたのが印象的です。
安倍さんをアベと呼ぶ事が、彼らの思いやプロパガンダをよく表しています。

プロパガンダと言えば、昨日のBSフジ「プライムニュース」に出ていた社民党の福島瑞穂議員は酷かった。
彼女は辺野古移設を「新基地建設」と連呼し、辺野古新基地建設反対と主張していました。
他の出席者から
辺野古移設は既存の基地に、普天間の滑走路より短い滑走路を造るのであって、新基地建設ではない。」
さらに
普天間から辺野古移設により米軍は沖縄の他の基地も再編、縮小し、現在沖縄の19%にある米軍基地は12%まで縮小する。つまり危険な普天間返還だけでなく、沖縄の米軍基地の減少にもつながる。なぜあなたはこれに反対するのですか?。」
福島瑞穂議員は「しかし、これは新基地建設です。」と意味のない主張を続け、番組最後まで「新基地」と主張しました。
彼女は環境破壊だとも批判しましたが、なぜか那覇空港の拡張工事については一言も言いません。
これを見て私は、この方は死ぬまで「新基地」と言い続けるのだろうなと、恐怖を感じました。
福島瑞穂議員、彼女もまた鳥越俊太郎氏と同じく「ゆがんだ思想」に取りつかれた可哀そうな人間なのかもしれません。
こう言った連中と、国会で論争してる安倍さんも、本当に大変で、忍耐のいる仕事です。
私だったらすぐブチ切れて反論し、野党から暴言だと批判され、またそれにブチ切れて殴り合いになるかもしれません。

安倍総理本当にご苦労様です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

関連記事

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 安倍総理 集団的自衛権 福島瑞穂 鳥越俊太郎 ユーキャン新語・流行語大賞 普天間 辺野古

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-