FC2ブログ

河野談話について、河野洋平氏、朝日新聞社長、植村記者の証人喚問を実現すべき。

フランスの漫画際での韓国プロバガンダ。
日本側の反論漫画は政治的として撤去、しかし韓国側の日本兵による非道を描いた慰安婦漫画はそのまま展示された。
これは前回のブログでも紹介しましたが、問題は大手日本のマスコミがこれについて論評を避けている事です。
NHK会長は国会に呼び出され釈明に追われましたが、このフランスでの韓国の反日広報についてメディア(一部を除き)は触れず、国会の場でも討論されていません。
NHK会長の発言と韓国の蛮行とどちらが日本にとって重要なのでしょう?

米国グランデールにある韓国系反日団体が立てた慰安婦像に、米国下院の外交委員長が訪問し像の前で膝まついて線香をあげたと、産経が報じてます。
その背景には今年11月にある選挙で、韓国系米国人の票と寄付金集めとの思惑がるようです。
しかし怖いのは、このまま進めば選挙とは関係なく、韓国の主張が事実として米国内に定着してしまう事です。
前述したフランスの漫画祭では、真実を知らないフランスの若者が、韓国の捏造慰安婦漫画での日本兵の残虐な行為に、涙した光景が見られたことです。
これらを日本は座して待つのではなく、積極的平和主義とセットで積極的広報主義とも言うべき外交戦略を進めて欲しいものです。

維新の橋下さんが、維新の会での会合に出席し、出直し選挙に出馬と報じられてますが、その中で、慰安婦問題が世界中で真実と受け取られかねない、「河野談話」について、元凶である河野洋平氏の国会での証人喚問を求めていく考えを示したそうです。
当たり前です。
NHK会長が正論を言っただけで、国会に呼び出されて、釈明させられたのです。
慰安婦問題を検証するためには、河野洋平氏、朝日新聞社長、朝日新聞記者植村隆氏(今年3月早期退職)を植村氏が退職する前に、国会での証人喚問を行うべきです。
(韓国だったら、河野洋平氏 植村隆氏 朝日新聞、は国外追放だろう)

大手メディアは、NHK会長の国会招致は積極的に報道するが、河野談話(作成時での不可解さがある)は国際問題化しつつあるのに無視を決め込む、この違いについて是非納得いく説明をして欲しいものです。

クリックするだけでランキングに参加できます。クリック後はランキングページに移動します。クリックしていただいた方、感謝です。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

呆韓論 (産経セレクト S 1)呆韓論 (産経セレクト S 1)
(2013/12/05)
室谷克実

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 慰安婦 河野洋平 河野談話 朝日新聞 植村隆 証人喚問 メディア グランデール 慰安婦像

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-